649件中 41 - 50件表示
  • オーランド・ヘルナンデス

    オーランド・ヘルナンデスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1月15日にはアントニオ・オスーナとマイナー一選手との交換で、シカゴ・ホワイトソックスにトレードされる。同日に、今度はバートロ・コロンとマイナー一選手との交換で、ロッキー・ビドル、ジェフ・リーファープラス金銭と共にモントリオール・エクスポズへ移籍、1日で2回トレードされてしまう。しかしこのシーズンは肩の関節鏡視下手術を受けたため、シーズン全休となってしまった。そして、シーズン終了後の同年12月21日に、フリーエージェント(FA)となる。オーランド・ヘルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・リエンゾ

    アンドレ・リエンゾから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    アンドレ・リエンゾ(Andre Albanez Rienzo, 1988年7月5日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身のMLB・シカゴ・ホワイトソックスに所属する野球選手(投手)。アンドレ・リエンゾ フレッシュアイペディアより)

  • ミニー・ミノーソ

    ミニー・ミノーソから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    サトルニノ・オレステス・アルマス・ミノーソ・アーリエタ(Saturnino Orestes Armas Miñoso Arrieta, 1925年11月29日 - )は、アメリカ合衆国のメジャーリーグで活躍していた、キューバのハバナ州ハバナ出身の元プロ野球選手(外野手)。右投げ右打ち。シカゴ・ホワイトソックス等4球団で活躍し、7つのポジションを守った。現役時代の背番号「9」はホワイトソックスの永久欠番となっている。1940・1950・1960・1970・1980年代と5ディケードで試合に出場した。現役時代「Mr. White Sox」(ミスターホワイトソックス)と称された。ミニー・ミノーソ フレッシュアイペディアより)

  • 高津臣吾

    高津臣吾から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    に最優秀救援投手を獲得、チームのリーグ優勝および日本一に大きく貢献。日本シリーズでは連続無失点。に佐々木主浩の持つ通算229セーブのプロ野球記録を更新。最優秀救援投手を獲得。オフにはFA権を行使。ジョー・アーボンを代理人とし、11月にシカゴ・ホワイトソックスと年俸75万ドルの1年契約(2年目は球団オプション)を結ぶ。高津臣吾 フレッシュアイペディアより)

  • 田澤純一

    田澤純一から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    8月7日、ウェーバー公示となったジョン・スモルツに代わってメジャー初昇格。同日のニューヨーク・ヤンキース戦、延長14回0-0の場面でプルペンに残っていた最後の投手(8番手)としてメジャー初登板。最初に対戦した松井秀喜は中直に打ち取ったが、15回にアレックス・ロドリゲスにサヨナラ本塁打を打たれ敗戦投手となった。松坂大輔ら先発投手に故障者が相次いでいたこともあり、同月11日のデトロイト・タイガース戦でメジャー初先発。5回4安打3失点(自責1)に抑えてメジャー初勝利を挙げ、23歳66日での先発勝利は日本人メジャーリーガー最年少記録となった。同月22日にはヤンキース戦に先発し、6回無失点で2勝目をあげた。しかし、メジャー4度目の先発となった27日のシカゴ・ホワイトソックス戦で9失点と打ち込まれ、30日にロースター枠の都合でマイナー降格。9月1日にセプテンバーコールアップで再昇格したが、4日のホワイトソックス戦でリリーフ登板した際に股関節を痛め、60日故障者リストに掲載されてシーズンを終えた。シーズン通算で登板6試合(うち先発が4)、2勝3敗で防御率7.46、WHIP2.05という成績であった。田澤純一 フレッシュアイペディアより)

  • デイブ・ディバッシャー

    デイブ・ディバッシャーから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    歴代のNBA選手の中でも異色のキャリアを持つディバッシャーは、ピストンズ所属時の1962年から2年間、MLBのシカゴ・ホワイトソックスで投手としてプレーし、またやはりピストンズ所属時に選手兼コーチ、そしてリーグ史上最年少コーチとして3年間チームを率いた。デイブ・ディバッシャー フレッシュアイペディアより)

  • ジェシー・クレイン

    ジェシー・クレインから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ジェシー・アラン・クレイン(Jesse Alan Crain, 1981年7月5日 ? )は、カナダ出身の野球選手。ポジションは投手。右投右打。現在はシカゴ・ホワイトソックスでプレーしている。ジェシー・クレイン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    7月27日 - (現地時間)ホワイトソックスの井口資仁内野手がフィリーズに移籍することとなり、両球団から発表された。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト・タイガース

    デトロイト・タイガースから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1908年、カッブが打率.324・108打点で二冠王に輝くと、クロフォードも7本塁打で本塁打王に輝いた。シーズンではクリーブランド・インディアンス、シカゴ・ホワイトソックスとの激しい首位争いを演じたが、最終的に90勝63敗で2年連続のリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズは再びカブスとの対戦となった。第1戦では前年と同じく6対5とリードしていながら、最終回に一挙5点を奪われ逆転負けを喫し、続く第2戦も敗れた。第3戦で初勝利を飾るものの、第4戦、第5戦でも連敗を喫した。結局1勝4敗でまたしてもワールドチャンピオンを逃し、前年のリベンジを果たすことはできなかった。デトロイト・タイガース フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ジョン・オルルド、佐々木主浩が加入。2月10日、ケン・グリフィー・ジュニアがマイク・キャメロンを含む1対4のトレードで移籍する。7月11日、エドガー・マルティネスが5度目、アレックス・ロドリゲスが4度目、アーロン・シーリーが2度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。しかし、アレックス・ロドリゲスは出場を辞退している。この年は91勝71敗という成績でワイルドカードを奪取。そして、ディビジョンシリーズにおいてシカゴ・ホワイトソックスに3連勝した。しかし、リーグチャンピオンシリーズではニューヨーク・ヤンキースに対して2勝4敗という結果に終わり、敗退。10月30日、アレックス・ロドリゲスがフリーエージェントを宣言し、テキサス・レンジャーズへ移籍した。シーズン終了後、エドガー・マルティネスが最多打点のタイトルを獲得し、4度目の最優秀指名打者賞を受賞した。また、アレックス・ロドリゲスがゴールドグラブ賞と3年連続3度目となるシルバースラッガー賞を受賞した。そして、ジョン・オルルドがゴールドグラブ賞、佐々木主浩がルーキー・オブ・ザ・イヤーをそれぞれ受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

649件中 41 - 50件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード