649件中 51 - 60件表示
  • ベーブ・ルース

    ベーブ・ルースから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    続く1917年にもルースは大活躍を見せ、24勝13敗・防御率2.01、6完封に打率.325と大活躍の成績であったが、チームは100勝を上げたシカゴ・ホワイトソックスの快進撃に及ばず、9ゲーム差の2位に終わった。6月23日のワシントン・セネターズ戦では、先頭打者に四球を与えたあと怒りに狂い、審判を殴ってしまう。これにより、ルースには10試合の出場停止処分が下された(ちなみにこの試合では代わってマウンドに上がったアーニー・ショアが9回終了まで投げ抜き、史上初の継投によるノーヒットノーランが成立した。なお、1991年に記録見直が行われるまで、この試合はショアによる完全試合という扱いであった)。その後7月11日の試合は、デトロイト・タイガースに対して1-0の1安打完封勝利を挙げる。ルースは1942年にこの試合を「現役生活で一番興奮した試合」と振り返っている。ベーブ・ルース フレッシュアイペディアより)

  • オクタビオ・ドーテル

    オクタビオ・ドーテルから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    オフにFAとなり、1月22日にシカゴ・ホワイトソックスと2年1100万ドルで契約を結んだ。オクタビオ・ドーテル フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・デアザ

    アレハンドロ・デアザから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    アレハンドロ・アルベルト・デアザ・セダ(Alejandro Alberto De Aza Ceda , 1984年4月11日 - )は、 ドミニカ共和国のグアイマテ出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。MLB・シカゴ・ホワイトソックス所属。アレハンドロ・デアザ フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・カブス

    シカゴ・カブスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    MLBでも屈指の人気チームで、同じくシカゴを本拠地とするシカゴ・ホワイトソックス(2005年のワールドチャンピオンチーム)を人気面では凌駕している。ホワイトソックスが市南部で人気があるのに対して、カブスは市北部での人気が高い。ナイトゲームの試合数が制限されるリグレー・フィールドをホームスタジアムとしながら安定した集客を誇っている。同地区のセントルイス・カージナルスとは熾烈なライバル関係にあり、イリノイ州内の地域によってはホワイトソックスと共に人気を三分している。シカゴ・カブス フレッシュアイペディアより)

  • シンシナティ・レッズ

    シンシナティ・レッズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    前身は全米最古のプロ野球チームであるシンシナティ・レッドストッキングス。その後1882年に創設し直されて現在に至る。創設してしばらくは優勝とは縁のないシーズンが続き、1919年のワールドシリーズで後に八百長が発覚するシカゴ・ホワイトソックスを破って初の世界一に輝いた。その後長い低迷期に入るが、1940年に2度目のワールドリーズ制覇を果たす。シンシナティ・レッズ フレッシュアイペディアより)

  • マリアノ・リベラ

    マリアノ・リベラから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    は43セーブと前年より10セーブ減少したが、自己最高の防御率1.38を記録するなど投球内容が良かったため、サイ・ヤング賞の最有力候補と目された。しかし、投票数でバートロ・コローンに次ぐ2位に終わった。7月16日のホワイトソックス戦で史上4人目の400セーブを達成。マリアノ・リベラ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイク・ピービー

    ジェイク・ピービーから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ジェイク・ピービー(Jake Peavy, 1981年5月31日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州モービル出身の野球選手。フルネームはジェイコブ・エドワード・ピービー(Jacob Edward Peavy)。投手、右投右打。現在はMLBシカゴ・ホワイトソックスに所属している。ジェイク・ピービー フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    2002年、石井一久が大リーグのロサンゼルス・ドジャースに、翌2003年には高津臣吾が同じく大リーグのシカゴ・ホワイトソックスに移籍。2004年には、稲葉篤紀が日本ハムへFA移籍。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • ジンクス

    ジンクスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスは2005年にワールドシリーズを制覇するまで、「ブラックソックスの呪い」というジンクスも存在した。ジンクス フレッシュアイペディアより)

  • ブラックソックス事件

    ブラックソックス事件から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1919年のワールドシリーズで優勢を予想されていたシカゴ・ホワイトソックスがシンシナティ・レッズに3勝5敗と敗退(当時のワールドシリーズは9試合制)、結局レッズが同年のシリーズを制することになった。シリーズ前から噂されていた賭博がらみの八百長疑惑が真実味を帯び、地方新聞の暴露記事がきっかけとなって事件が発覚。最終的にホワイトソックスの主力8選手が賄賂を受け取ってわざと試合に負けた容疑で刑事告訴された。ブラックソックス事件 フレッシュアイペディアより)

649件中 51 - 60件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード