649件中 71 - 80件表示
  • CHISOX

    CHISOXから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    CHISOX フレッシュアイペディアより)

  • マイク・スクワイアーズ

    マイク・スクワイアーズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    マイク・スクワイアーズ(Michael Lynn Squires 、1952年3月5日 - )は、主に1970?1980年代に活躍したアメリカ合衆国の元プロ野球選手。主なポジションは一塁手。ミシガン州カラマズー生まれ。左投げ左打ち。ニックネームは"Spanky"(スパンキー)。シカゴ・ホワイトソックスで主に一塁手として活躍したが、左投げは不向きとされる『三塁手』と『捕手』の両方のポジションを守った珍しい記録を持っている。マイク・スクワイアーズ フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイト・ソックス

    シカゴ・ホワイト・ソックスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイト・ソックス フレッシュアイペディアより)

  • エレン・ワッシャーマン

    エレン・ワッシャーマンから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスのトライアウトキャンプに参加、アマチュアフリーエージェント選手としてホワイトソックスと契約した。その年にブリストル・ホワイトソックスでキャリアをスタートさせ、0勝1敗、防御率14.23という成績だった。にはAAA級シャーロット・ナイツに昇格し、ニック・マセットの降格に伴って7月17日にメジャーに昇格。7月20日にフェンウェイ・パークで行われた対ボストン・レッドソックス戦でメジャーデビューを果たした。エレン・ワッシャーマン フレッシュアイペディアより)

  • ジム・バウトン

    ジム・バウトンから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    引退後のバウトンはテレビのスポーツキャスターに転進。また、映画俳優としてロバート・アルトマン監督の『ロング・グッドバイ』にも出演するなど、成功を収める。一方で現役への未練も密かに断ちがたかった。大リーグへの現役復帰を目指して、1975年にマイナーリーグのポートランド・マーヴェリクスと選手契約を結び現役復帰。そして1977年にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び本格的に大リーグ復帰を目指す。しかし、バウトンは結果を残せずホワイトソックスではメジャー昇格はならなかった。ジム・バウトン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アダムズ

    ボビー・アダムズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1946年にシンシナティ・レッズでメジャーデビューを果たし、1952年にはチーム最多の180安打を記録するなど、1955年のシーズン途中にシカゴ・ホワイトソックスへ移籍するまでレッズの主力選手として活躍した。ボビー・アダムズ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ガルシア (1975年生の外野手)

    ルイス・ガルシア (1975年生の外野手)から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    のMLBドラフト19巡目でシカゴ・ホワイトソックスに指名され契約。4月10日にボルチモア・オリオールズでメジャーデビューを果たすが、同年5月30日を最後にメジャーでの出場は無く、以降はメキシカンリーグでプレーしている。パンチ力を生かした打撃を武器とし、にはWBCメキシコ代表に選出された。ルイス・ガルシア (1975年生の外野手) フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・O・ロドリゲス

    マヌエル・O・ロドリゲスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ポジションは外野手。右投右打。2006年までシカゴ・ホワイトソックス傘下のA級でプレーしていた。マヌエル・O・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • サイ・アコスタ

    サイ・アコスタから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1972年、シカゴ・ホワイトソックスでメジャーデビューを果たし、26試合で3勝、防御率1.56という素晴らしい数字を残す。翌1973年も48試合に登板し、10勝、18セーブ、防御率2.23と、順風満帆なスタートを切ったように思われた。サイ・アコスタ フレッシュアイペディアより)

  • フリッツ・アックレー

    フリッツ・アックレーから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1954年のシーズン前にシカゴ・ホワイトソックスに入団。実に9年もの間、メジャーとは無縁だったが、1963年9月21日にメジャー初登板を6回4奪三振、自責点2でまとめると(勝敗つかず)、続く9月27日の試合でも7回7奪三振、自責点1という素晴らしいピッチングを見せた。そのため翌年に大きく期待されたが、その1964年はシーズン初登板となった4月26日のボストン・レッドソックス戦で0.1回、被安打2、2四球で自責点1と乱れてしまうと、2試合目の登板(5月4日)でも5回、被安打7(被本塁打2)、自責点5と打ち込まれ、期待に応えることは出来なかった。結局5月9日の試合が最後の登板となった(その試合では1回1安打1奪三振)。フリッツ・アックレー フレッシュアイペディアより)

649件中 71 - 80件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード