649件中 81 - 90件表示
  • ジャック・マクダウエル

    ジャック・マクダウエルから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    高校時代、のドラフト会議でボストン・レッドソックスから20巡目に指名されたが、この時は入団せず、スタンフォード大学に進学。のドラフト会議でシカゴ・ホワイトソックスから1巡目(全米5位)に指名され、入団。いきなりその年の9月15日にメジャー初登板・初先発。シーズン残りの2週間で4試合に先発し、3勝0敗、防御率1.93の驚異的なデビューとなった。は開幕前から新人王候補にもなり、大きく期待されたが5勝10敗、防御率3.97に終わる。には14勝9敗をあげて期待に答え、には17勝10敗をあげてオールスター初出場。には初の20勝(10敗)をあげ、には自己最多の22勝(10敗)をあげてア・リーグサイ・ヤング賞に選ばれた。チームの地区優勝に貢献したが、リーグチャンピオンシップシリーズでトロント・ブルージェイズに敗れ、ワールドシリーズ出場はならなかった。ストライキでシーズンが短縮されたは10勝9敗に終わり、この年限りで移籍。ジャック・マクダウエル フレッシュアイペディアより)

  • カル・エイブラムス

    カル・エイブラムスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    しかし翌1955年に打率が.243まで急落すると、その後は復活出来ず、1955年のシーズンオフにはトレードでシカゴ・ホワイトソックスへ移籍したが、4試合の出場に終わり、この年限りで現役を引退した。カル・エイブラムス フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・エイブナー

    ショーン・エイブナーから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    パドレスもしばらくはエイブナーの守備力を買ってチームに確保し続けたが、1991年のシーズン途中に遂に見切りをつけてトレードでカリフォルニア・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス)へ放出した。しかしエンゼルスでも打力は向上せず、シーズンオフにはエンゼルスを解雇されてしまう。それでも何とかシカゴ・ホワイトソックスとの契約に漕ぎ着け、1992年には自己最高の打率.279、16打点、58安打を記録するなど全米1位選手の意地を見せたが、膝の故障のため、この年以降プレイすることはなく、現役を引退。結局才能を開花させることは出来なかった。ショーン・エイブナー フレッシュアイペディアより)

  • ロブ・マコーヴィアク

    ロブ・マコーヴィアクから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1996年に、ドラフト53巡目でピッツバーグ・パイレーツから指名を受け、プロ入り。ドラフトの評価が低かった事もあって、メジャーリーグへの道は険しいものとなったが、プロ6年目となる2001年5月19日に、パイレーツでメジャーデビューを果たした。2001年は83試合に出場し、打率.266、4本塁打、21打点という成績をマークした。2002年は、136試合に出場。小柄ながらパワーを発揮し、385打数で16本塁打を放った。2003年は出場機会が減ったが、打率で自己ベストを更新。しかし、私生活では同年5月には飲酒運転で逮捕されている。2004年は、本塁打と打点、そして盗塁などで自己ベストを更新した。2005年は本塁打こそ大幅に減ったものの、打率を再び.270台に上昇させ、2004年から三振の数を14減らした。同年12月13日に、ダマソ・マーテとのトレードで、シカゴ・ホワイトソックスへ移籍。ロブ・マコーヴィアク フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・クルック

    ジョン・クルックから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    翌年はシカゴ・ホワイトソックスでプレイ。休みがちに出場してそれでも打率.308を記録していたが、7月30日の試合でシングルヒットを打ち、代走が送られて試合から退くと、そのまま現役を引退した。ジョン・クルック フレッシュアイペディアより)

  • ホ軍

    ホ軍から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ホ軍 フレッシュアイペディアより)

  • 1917年のワールドシリーズ

    1917年のワールドシリーズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    第14回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは11年ぶり出場のシカゴ・ホワイトソックスとナショナルリーグは4年ぶり出場のニューヨーク・ジャイアンツとの対戦となった。結果は4勝2敗でシカゴ・ホワイトソックスが11年ぶり2回目の優勝。ホワイトソックスはこれ以後88年間ワールドシリーズ制覇から遠ざかることとなる。1917年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1959年のワールドシリーズ

    1959年のワールドシリーズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    第56回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは1919年以来40年ぶり出場シカゴ・ホワイトソックス。ナショナルリーグは前年ブルックリンから移転してきたロサンゼルス・ドジャースの対戦となった。結果は4勝2敗でロサンゼルス・ドジャースが5年ぶり2回目の優勝。1959年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1906年のワールドシリーズ

    1906年のワールドシリーズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    第3回のワールドシリーズ。アメリカンリーグはシカゴ・ホワイトソックスとナショナルリーグはシカゴ・カブスとの同都市対戦となった。結果は4勝2敗でシカゴ・ホワイトソックスが初優勝。1906年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ポール

    ジョシュ・ポールから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1996年のドラフト2巡目でシカゴ・ホワイトソックスに入団。その後、1999年にメジャーデビューを果たす。ジョシュ・ポール フレッシュアイペディアより)

649件中 81 - 90件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード