前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示
  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た井口資仁

    日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。2012年から福留孝介が加入した。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た松井秀喜

    日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。2012年から福留孝介が加入した。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たホセ・コントレラス

    1990年、「ビッグハート」こと、フランク・トーマスがメジャーデビューし、チームも前年の最下位から2位に浮上する。1991年には、新しいコミスキー・パーク(現:USセルラー・フィールド)が開場。1993年には、トーマスが打率.317・41本塁打・128打点という成績でMVPを獲得し、ジャック・マクダウエルが22勝でサイ・ヤング賞を獲得した。この2人の活躍により、2度目の地区優勝を果たしたが、リーグ優勝決定シリーズではトロント・ブルージェイズに2勝4敗で敗れてしまった。翌1994年には、新たに創設されたアメリカンリーグ中地区に移動となり、地区首位でシーズンを終えたが、ストライキによってリーグ優勝決定シリーズは開催されなかったため、ワールドシリーズ制覇はならなかった。1997年にはアルバート・ベルを獲得し、トーマスとベルによる剛腕コンビを形成した。2年間で143本塁打・502打点を記録し、他球団から非常に恐れられたが、結局2シーズン限りでコンビは解消となった。1999年には、不振のトーマスに代わって、シンシナティ・レッズから移籍したポール・コネルコや生え抜きのマグリオ・オルドニェス、カルロス・リーといった若手が台頭。しかし、この年はクリーブランド・インディアンスが地区首位を独走し、2位ながら勝率5割を切り、インディアンスに21.5ゲーム差の大差をつけられることとなった。2000年にはトーマスが復活し、打率.328・43本塁打・143打点でシルバースラッガー賞とカムバック賞を受賞。トーマスやオルドニェスらの活躍もあり、3度目の地区優勝を果たした。しかし、リーグ優勝決定シリーズではシアトル・マリナーズに3連敗を喫してしまった。その後、2002年から2004年までミネソタ・ツインズに優勝を阻まれ、3年連続で2位に甘んじた。2003年にはエステバン・ロアイザがブレイクし、防御率2.90・21勝9敗・207奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得した。2004年シーズン途中には、そのロアイザとヤンキースのホセ・コントレラスをトレード。また、ヤクルトスワローズから高津臣吾が移籍し、抑え投手として活躍している。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た福留孝介

    日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。2012年から福留孝介が加入した。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たバラク・オバマ

    バラク・オバマ大統領はホワイトソックスのファンであることを公言している。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たイチロー

    日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。2012年から福留孝介が加入した。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たシカゴ・カブス

    同じシカゴに本拠地を置くカブスと比較されるが、人気面ではカブスに水を開けられている。カブスはシカゴ市北部(ノースサイド)、ホワイトソックスはシカゴ市南部(サウスサイド)での人気が特に高い。本拠地周辺がポーランド系アメリカ人が多い土地柄のため、ポーランド系アメリカ人選手を好んで獲得する傾向にある。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たポール・コネルコ

    1990年、「ビッグハート」こと、フランク・トーマスがメジャーデビューし、チームも前年の最下位から2位に浮上する。1991年には、新しいコミスキー・パーク(現:USセルラー・フィールド)が開場。1993年には、トーマスが打率.317・41本塁打・128打点という成績でMVPを獲得し、ジャック・マクダウエルが22勝でサイ・ヤング賞を獲得した。この2人の活躍により、2度目の地区優勝を果たしたが、リーグ優勝決定シリーズではトロント・ブルージェイズに2勝4敗で敗れてしまった。翌1994年には、新たに創設されたアメリカンリーグ中地区に移動となり、地区首位でシーズンを終えたが、ストライキによってリーグ優勝決定シリーズは開催されなかったため、ワールドシリーズ制覇はならなかった。1997年にはアルバート・ベルを獲得し、トーマスとベルによる剛腕コンビを形成した。2年間で143本塁打・502打点を記録し、他球団から非常に恐れられたが、結局2シーズン限りでコンビは解消となった。1999年には、不振のトーマスに代わって、シンシナティ・レッズから移籍したポール・コネルコや生え抜きのマグリオ・オルドニェス、カルロス・リーといった若手が台頭。しかし、この年はクリーブランド・インディアンスが地区首位を独走し、2位ながら勝率5割を切り、インディアンスに21.5ゲーム差の大差をつけられることとなった。2000年にはトーマスが復活し、打率.328・43本塁打・143打点でシルバースラッガー賞とカムバック賞を受賞。トーマスやオルドニェスらの活躍もあり、3度目の地区優勝を果たした。しかし、リーグ優勝決定シリーズではシアトル・マリナーズに3連敗を喫してしまった。その後、2002年から2004年までミネソタ・ツインズに優勝を阻まれ、3年連続で2位に甘んじた。2003年にはエステバン・ロアイザがブレイクし、防御率2.90・21勝9敗・207奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得した。2004年シーズン途中には、そのロアイザとヤンキースのホセ・コントレラスをトレード。また、ヤクルトスワローズから高津臣吾が移籍し、抑え投手として活躍している。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たオジー・ギーエン

    本拠地であるUSセルラー・フィールドが本塁打の出やすい球場であることから、それまでは長打に頼りがちであったが、2004年のオジー・ギーエン監督の就任以降、きめ細かい指示を出すスモールベースボールを標榜としたチーム方針に切り替えている。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たルイス・アパリシオ

    1951年、クリーブランド・インディアンスからミニー・ミノーソを獲得。ホワイトソックス初の黒人選手となった。ミノーソは俊足巧打の外野手として活躍し、1964年に現役を引退したが、1973年(53歳)、1980年(58歳)と2度に渡ってメジャーに復帰、MLB史上2人目の5つの年代をまたいで活躍した選手(「5ディケード・プレイヤー」)として知られる。1950年にはアスレチックスからネリー・フォックスを獲得、1956年にはルイス・アパリシオがメジャーデビューし、リーグ屈指の二遊間コンビを形成した。そして、彼らによる手堅い守備と機動力を重視した野球で、次第に上位争いに顔を出すようになる。1957年にはアル・ロペスが監督に就任。1959年にはアパリシオが56盗塁で盗塁王を獲得するなど、持ち前の機動力が炸裂し、投手陣では39歳のアーリー・ウィンが22勝を挙げる活躍でサイ・ヤング賞を獲得するなど、投打がかみ合ったシーズンとなった。最終的に94勝60敗で40年ぶりのリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズでは、惜しくもロサンゼルス・ドジャースに破れたものの、この年のホワイトソックスの躍進は「ゴーゴー・ソックス(Go-Go Sox)」と呼ばれ、ホワイトソックスファンを熱狂させた。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード