114件中 91 - 100件表示
  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たリグレー・フィールド

    2005年、前年から監督に就任したオジー・ギーエンの下、ジャーメイン・ダイ、井口資仁、スコット・ポドセドニックといった新加入の選手がキーマンとなり、これまでの一発に頼った野球ではなく、「スモールベースボール」を標榜としたつなぎの野球を目指すこととなった。これにより本塁打数や得点は前年を下回ったものの、機動力、守備力は飛躍的に向上した。投手陣ではジョン・ガーランド、マーク・バーリーが左右のエースとしてそれぞれ18勝、16勝をあげる活躍をみせ、コントラレスも15勝と期待に応えた。チーム防御率もUSセルラー・フィールドに本拠地を移して以来、初めて3点台に乗せた。シーズンでは開幕から首位を独走、シーズン終盤でインディアンスの追い上げを受けたものの、1度も首位を明け渡すことなく、4度目の地区優勝を果たした。ディビジョンシリーズでは前年ワールドチャンピオンのレッドソックスに3連勝。続くリーグ優勝決定シリーズではロサンゼルス・エンゼルスを4勝1敗で下し、6度目のリーグ優勝を果たした。そして、46年ぶりにワールドシリーズに出場すると、ヒューストン・アストロズ(2012年まではナショナルリーグ所属)を4連勝で下し、1917年以来88年ぶり、悲願のワールドシリーズ制覇を成し遂げた。これによってレッドソックスのバンビーノの呪い(86年ぶりの優勝)、ホワイトソックスのブラックソックスの呪いと、2年続けて長年のメジャーのジンクスが解けることとなった(残るのはシカゴ・カブスのビリー・ゴートの呪い)。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た2005年のワールドシリーズ

    2005年、前年から監督に就任したオジー・ギーエンの下、ジャーメイン・ダイ、井口資仁、スコット・ポドセドニックといった新加入の選手がキーマンとなり、これまでの一発に頼った野球ではなく、「スモールベースボール」を標榜としたつなぎの野球を目指すこととなった。これにより本塁打数や得点は前年を下回ったものの、機動力、守備力は飛躍的に向上した。投手陣ではジョン・ガーランド、マーク・バーリーが左右のエースとしてそれぞれ18勝、16勝をあげる活躍をみせ、コントラレスも15勝と期待に応えた。チーム防御率もUSセルラー・フィールドに本拠地を移して以来、初めて3点台に乗せた。シーズンでは開幕から首位を独走、シーズン終盤でインディアンスの追い上げを受けたものの、1度も首位を明け渡すことなく、4度目の地区優勝を果たした。ディビジョンシリーズでは前年ワールドチャンピオンのレッドソックスに3連勝。続くリーグ優勝決定シリーズではロサンゼルス・エンゼルスを4勝1敗で下し、6度目のリーグ優勝を果たした。そして、46年ぶりにワールドシリーズに出場すると、ヒューストン・アストロズ(2012年まではナショナルリーグ所属)を4連勝で下し、1917年以来88年ぶり、悲願のワールドシリーズ制覇を成し遂げた。これによってレッドソックスのバンビーノの呪い(86年ぶりの優勝)、ホワイトソックスのブラックソックスの呪いと、2年続けて長年のメジャーのジンクスが解けることとなった(残るのはシカゴ・カブスのビリー・ゴートの呪い)。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た制覇

    日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。2012年から福留孝介が加入した。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たキューバ

    2008年は、オーランド・カブレラ、カルロス・クエンティン、キューバから亡命したアレクセイ・ラミレスらを獲得し、打線に厚みが増した。特にクエンティンはその才能が開花した形となり、36本塁打・100打点を記録。ダイ、トーミらの強打者も健在で、両リーグ最多となるチーム235本塁打を記録した。また、投手陣もガビン・フロイド、ジョン・ダンクスの若手2選手を中心に安定した成績を残した。シーズン途中にはケン・グリフィー・ジュニアが電撃移籍、サミー・ソーサと並ぶ歴代6位タイの通算609本塁打を放った。シーズンでは最終的にツインズと同率首位となり、ワンゲームプレーオフを実施。ダンクスが8回無失点の好投をみせると、トーミが決勝点となるソロ本塁打を放ってこれを下し、3年ぶりの地区優勝を決めた。しかし、ディビジョンシリーズでは、前年地区最下位から初の地区優勝を果たし、勢いに乗るタンパベイ・レイズに1勝3敗で敗れ去った。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たシアトル

    その後、上位争いは続けるものの、リーグ優勝にはなかなか届かなかった。1964年にはヤンキース、ボルチモア・オリオールズと激しい首位争いを演じたが、1ゲーム差でヤンキースに振り切られてしまった。また、1967年にも4球団による優勝争いに敗れている。この頃には観客減の打開策として、1968年にはミルウォーキーのカウンティ・スタジアムで9試合を行うこととなり、年間観客数の3分の1にあたる26万4千人を集めている。翌年にも11試合を行い、20万人を動員した。後にこれに目をつけたバド・セリグがシアトル・パイロッツを買収し、ミルウォーキーに移転、現在のミルウォーキー・ブルワーズを創設している。1975年にはホワイトソックス自身もシアトルへの移転が計画されたが、ビル・ベックがチームを買収し、これは取りやめとなった。ベックは1959年にも1度チームを買収し、3年間オーナーを務めていた経緯があり、様々な手法で観客を呼び戻そうとした。1976年から1980年にかけて、チームは大きな襟の付いたユニフォームを着用し、7月?8月には『半ズボン』でプレーしたこともあったが、これは選手から不評で長続きしなかった。1979年のシーズン途中からトニー・ラルーサが監督に就任。1981年にはレッドソックスからカールトン・フィスクを獲得し、ラマー・ホイトやハロルド・ベインズといった若手選手も台頭したことで、1983年には初の地区優勝を飾った。しかし、リーグ優勝決定シリーズではオリオールズに敗れ、リーグ優勝はならなかった。その後、チームは再び低迷し、1990年まで勝率5割を切るシーズンが続いた。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た完全試合

    2007年は、主力選手の故障や不調が重なり、シーズンを通して最下位争いを演じることとなった。投手陣は4月18日にマーク・バーリーが四球ひとつだけという準完全試合でのノーヒットノーランを成し遂げ、7月12日から8月12日にかけて、ボビー・ジェンクスがMLBタイ記録となる41人連続アウトを成し遂げるなど、好材料が多かった。しかし、打撃陣の不調は深刻で、チーム本塁打こそリーグ2位の190本だったが、チーム打率はリーグ最低の.246を記録してしまった。結局、首位インディアンスとは24ゲーム差の地区4位に終わり、72勝90敗で8年ぶりに勝率5割を切ってしまった。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たアメリカ合衆国

    シカゴ・ホワイトソックス(Chicago White Sox、略称:CWS)は、アメリカMLB、アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はイリノイ州シカゴにあるUSセルラー・フィールド。通称「シャイソックス (CHISOX)」とも呼ばれる。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た1906年のワールドシリーズ

    1906年には後に殿堂入りするエド・ウォルシュを始め、フランク・オーウェン、ドク・ホワイト、ニック・アルトロックら強力な投手陣を擁して、チーム打率わずか.230でリーグ優勝した。ワールドシリーズでは、同じ本拠地のカブスとのシカゴ対決となった。この年のカブスはMLB記録となる116勝をあげる程の強さを誇っており、カブス優勢というのがもっぱらの予想だった。しかし、いざシリーズが始まると、第1戦ではアルトロックが、第3戦ではウォルシュがカブス打線を抑え込み、第6戦ではカブスのエースだったモーデカイ・ブラウンを打ち込んだことで、4勝2敗でホワイトソックスが初のワールドチャンピオンに輝いた。打てないまま勝ち続けたこの年のホワイトソックスには、当時「ヒットレス・ワンダーズ」のあだ名がついた程だった。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たコミスキー・パーク

    その後、しばらくチームは優勝から遠ざかることとなり、1908年にはウォルシュがジャック・チェスブロの記録したシーズン41勝に次ぐMLB史上2位のシーズン40勝を挙げるが、チームは3位に留まった。1910年には新本拠地であるコミスキー・パークが開場。1912年にはエディ・シーコットを獲得、1915年にはエディ・コリンズ、シーズン途中にはジョー・ジャクソンを獲得した。こうした補強もあってかチームは徐々に順位を上げ、1917年には100勝54敗という圧倒的な成績で3度目のリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズでは、ジョン・マグロー率いるニューヨーク・ジャイアンツ(現:サンフランシスコ・ジャイアンツ)と対戦。4勝2敗でジャイアンツを下し、2度目のワールドチャンピオンに輝いた。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見たバド・セリグ

    その後、上位争いは続けるものの、リーグ優勝にはなかなか届かなかった。1964年にはヤンキース、ボルチモア・オリオールズと激しい首位争いを演じたが、1ゲーム差でヤンキースに振り切られてしまった。また、1967年にも4球団による優勝争いに敗れている。この頃には観客減の打開策として、1968年にはミルウォーキーのカウンティ・スタジアムで9試合を行うこととなり、年間観客数の3分の1にあたる26万4千人を集めている。翌年にも11試合を行い、20万人を動員した。後にこれに目をつけたバド・セリグがシアトル・パイロッツを買収し、ミルウォーキーに移転、現在のミルウォーキー・ブルワーズを創設している。1975年にはホワイトソックス自身もシアトルへの移転が計画されたが、ビル・ベックがチームを買収し、これは取りやめとなった。ベックは1959年にも1度チームを買収し、3年間オーナーを務めていた経緯があり、様々な手法で観客を呼び戻そうとした。1976年から1980年にかけて、チームは大きな襟の付いたユニフォームを着用し、7月?8月には『半ズボン』でプレーしたこともあったが、これは選手から不評で長続きしなかった。1979年のシーズン途中からトニー・ラルーサが監督に就任。1981年にはレッドソックスからカールトン・フィスクを獲得し、ラマー・ホイトやハロルド・ベインズといった若手選手も台頭したことで、1983年には初の地区優勝を飾った。しかし、リーグ優勝決定シリーズではオリオールズに敗れ、リーグ優勝はならなかった。その後、チームは再び低迷し、1990年まで勝率5割を切るシーズンが続いた。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

114件中 91 - 100件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード