前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • ザウアーブラーテン

    ザウアーブラーテンから見た鹿肉鹿肉

    ザウアーブラーテン(、sauer: 酸味の=漬けた Braten: ロースト肉)は、ドイツのポットロースト(、肉の蒸し煮)であり、通常牛肉(または鹿肉、ラム、マトン、豚肉、馬肉の場合もある)を用い、酢、水、香辛料および調味料を混ぜた漬け汁でマリネしてから調理する。ザウアーブラーテンは伝統的に赤キャベツ、ジャガイモのダンプリング(カルトッフェルクレーセ、Kartoffelklöße)、シュペッツレ、茹でたジャガイモ、または麺を添えて供される。アメリカのドイツ料理レストランではザウアーブラーテンにジャガイモのパンケーキを添えるが、ドイツで行う地域はごく一部である。ザウアーブラーテン フレッシュアイペディアより)

  • 食肉

    食肉から見た鹿肉鹿肉

    肉畜とは別に狩猟などで得られた食肉(後述:熊・猪・鹿などの全野生動物)も存在する。食肉 フレッシュアイペディアより)

  • ハルコロ

    ハルコロから見た鹿肉鹿肉

    メニューに、鹿肉料理が含まれ、アイヌ料理もいくつかある。居酒屋もかねている。ハルコロ フレッシュアイペディアより)

  • 百々爺

    百々爺から見た鹿肉鹿肉

    本来「モモンジイ」とは「モモンガ」や「野衾」の異称であるとともに、前述の「モモンガ」「ガゴジ」と同様、東京都、神奈川県、静岡県、山梨県東部で妖怪を意味する児童語でもあり、聞き分けのない子供に対して「モモンジイに食わせるぞ」などと言ってしつける地方もある。他人を罵倒したり、自分自身を卑下したりする意味で「モモンジイ」と呼ぶこともある。また、江戸時代には毛深い獣や尾のある獣が嫌われ、そうした獣や鹿肉・猪肉のこともモモンジイと呼ばれた。この「モモンジイ」がこのような妖怪として描かれているのは、鹿肉や猪肉をキーワードとした何らかの絵遊びで描かれたものと見られている。日本で獣肉を食べることが禁止されていた時代には、薬食いと称して獣肉の食事を提供する店が「ももんじ屋」と呼ばれていたが、百々爺に行きあうと病気になるとされているのは、この薬食いに対する皮肉との見方もある。百々爺 フレッシュアイペディアより)

  • タパス

    タパスから見た鹿肉鹿肉

    フィリピンの「タパ」はほとんどが牛肉だが、時々鹿肉やイノシシ肉で作られることもあり、油で揚げるかグリルしてから、主菜として食べる。通常、朝食にシナンガグ(sinangag、ニンニク風味の炒飯)、目玉焼きと一緒に唐辛子と酢のディップを添えて食べることが多く、この献立をタパシログ(tapasilog)と呼ぶ。タパス フレッシュアイペディアより)

  • カナダ料理

    カナダ料理から見た鹿肉鹿肉

    カナダではあらゆる種類のジビエが狩猟され食されるが、都市部では一般的ではない。鹿肉はカナダ全国で食べられており、多くのファースト・ネーション文化で非常に重要であると考えられている。鰭脚類の肉は、特にカナダ北部、大西洋岸諸州、およびニューファンドランド・ラブラドール州で食される。ヤマウズラやライチョウのような野鳥もまた常に狩猟される。熊やビーバーのような他の動物は専門の狩猟家や先住民が食べることがあるが、国民のほとんどは通常食べない。カナダ料理 フレッシュアイペディアより)

  • エゾシカ協会

    エゾシカ協会から見た鹿肉鹿肉

    毎月第4火曜日を「シカの日」とするなど、エゾシカ肉の消費推進運動を北海道内各地で展開している。また、安心なエゾシカ肉の流通を実現するために、2007年から「エゾシカ肉推奨制度」を実施している。2009年からは北海道とともにエゾシカ料理まつりを開催している。エゾシカ協会 フレッシュアイペディアより)

  • パスティ

    パスティから見た鹿肉鹿肉

    1393年 - 『ル・メナジエ・ド・パリ』には、鹿肉、子牛肉、牛肉、またはマトンのパステ(pasté)のレシピがあり、pastéは時々現代英語のpastyに翻訳される。パスティ フレッシュアイペディアより)

  • アンズタケ

    アンズタケから見た鹿肉鹿肉

    アンズのような香りとコショウのようなピリッとした味で、鶏卵、カレー、鶏肉、豚肉、仔牛肉などと良く合い、ピザのトッピングやシチュー、マリネ、フライ、クレープの具などに用いられる。伝統的には鹿肉と合わせて食べられる。他にもアンズタケシャーベットなどのデザートにされることも多々ある。アンズタケ フレッシュアイペディアより)

  • アイルランド料理

    アイルランド料理から見た鹿肉鹿肉

    アイルランドではフロフト・フィーア(Fulacht fiadh)と呼ばれる青銅器時代の調理遺構が発見されており、石焼きを利用して鹿肉などを煮たとされる。ビールの醸造に用いたとする説もある。また、伝説によるとフィン・マックールとフィアナ騎士団が狩りの獲物を調理したともいわれる。アイルランド料理 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「シカ肉料理」のニューストピックワード