1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 中世料理

    中世料理から見た鹿肉鹿肉

    悔悛時に動物性食品は避けられたが、現実的な妥協がしばしば図られた。「魚」の定義はしばしばクジラ・カオジロガン・ニシツノメドリ・ビーバーなど水生・半水生動物まで拡張された。素材の選択は限られたにせよ、食膳が質素だったわけではなかった。飲料や菓子の適度な摂取にはいかなる規制もなかった。上流階級の食卓は肉食が禁止された日でもすばらしかったに違いなく、肉・チーズ・卵の巧みな模倣品が並ぶ幻想の食卓は人気があった。魚は鹿肉にみえるように型取りされ、卵の殻に魚卵とアーモンドミルクを詰め炭火で加熱して偽の卵が作られた。ビザンティウムの教会はこれに対し強硬な立場をとり、聖職者が料理に工夫を凝らさぬよう戒めたが、ローマ教会はこの点では柔軟な姿勢を見せた。厳しい斎に対する市井の信徒の不満は尽きなかった。四旬節の期間中、王も学童も、平民も貴族も、みな自分の罪をまじめに沈思する長くつらい日々に肉を断たれる不満を表した。四旬節に家畜の持ち主は「四旬節と魚の骨で包囲され」ていらいらした空腹の犬を見張るよう警告された。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の獣肉食の歴史

    日本の獣肉食の歴史から見た鹿肉鹿肉

    縄文時代の貝塚跡からは動物の骨も数多く発掘されており、その9割が鹿、猪の肉で、その他にクマ、キツネ、サル、ウサギ、タヌキ、ムササビ、カモシカなど60種以上の哺乳動物が食べられていたものと見られる。その調理法は焼く、あぶる、煮るなどであり、焼けた動物の骨も見つかっている。また、動物の臓器を食べることで有機酸塩やミネラル、ビタミンなどを摂取していた。日本の獣肉食の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄嶺市

    鉄嶺市から見た鹿肉鹿肉

    全市粮食生産量は25億キロ、うちトウモロコシが20億キロで全省生産量の三分之二を占める。トウモロコシの副産物であるフルフラールの中国最大の工場がある。また牧畜業も盛んで、牛肉、豚肉、鹿肉、羊肉などを生産する。鉄嶺市 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンジカ

    ニホンジカから見た鹿肉鹿肉

    奈良時代からは仏教の影響で狩猟が抑制されたが、その後も鹿肉を食べる人は多かった。天武天皇は675年に肉食禁止令を出したが、それは牛馬犬鶏猿の肉食を禁止したもので、シカやイノシシの肉食を禁じたものではなかった。春日大社、 鹿島神宮、北口本宮冨士浅間神社のような古い神社で現代でも神鹿が飼われているのは日本人と鹿狩りの古い関わりの名残りである。ニホンジカ フレッシュアイペディアより)

  • 屈斜路原野ユースゲストハウス

    屈斜路原野ユースゲストハウスから見た鹿肉鹿肉

    食事は、料亭やホテルで和食を学んだ元板前のオーナーが手がけ、エゾシカ料理も提供している。このシカ肉料理が好評であったことから、2008年2月には施設内に昼食専門のレストランが開店、根室名物エスカロップを元にオーナーが考案した鹿肉料理「エシカロップ」は北海道ローカルの情報番組でも「隠れたB級グルメ」として取り上げられた。屈斜路原野ユースゲストハウス フレッシュアイペディアより)

  • エゾシカ

    エゾシカから見た鹿肉鹿肉

    エゾシカ1頭からは約20kgほどの鹿肉(ジビエ)が得られる。鹿肉は、高タンパクかつ低脂肪で、鉄分も多く含まれており、栄養学的に非常に優れた食品であると評価されている。北海道ではエゾシカを地域固有の資源として有効活用する取り組みの一環として、この鹿肉を流通させる試みが官民一体となって行われている。2010年10月からは毎月第4週の火曜日を「シカの日」と定め、需要拡大に取り組んでいる。従来、鹿肉の利用は鹿刺しや「もみじ鍋」に限られていたが、2000年代からはハンバーグや加工製品などを使った料理がご当地グルメとして普及し始めており、さらにコンビニエンスストアでもエゾシカ肉の関連商品が販売されている。商品はハンバーガー、ソーセージ、カツカレーなどバラエティに富む。人間が食すのには適さない肉や内臓は、ペットフードに活用されるなどしている。流通している鹿肉は、養鹿牧場で一定期間飼育されたものと、ハンターによって狩猟され直接に処理施設で処理されたものの2種類が出荷されている。一方で、食用として有効活用されるエゾシカは、狩猟もしくは駆除されたエゾシカ全体の13%ほどしかなく(平成21年度)、課題となっている。エゾシカ フレッシュアイペディアより)

  • すき焼き

    すき焼きから見た鹿肉鹿肉

    幕末から明治時代初期の牛肉は質が低く固くて獣臭さが目立ち、それらを緩和するため関東の牛鍋はぼたん鍋や紅葉鍋に類似した内容で、具材は牛肉の薄切り肉を使うことが定着しておらず、角切り肉を使う場合もあり、野菜はネギのみで味噌仕立ての味付けで煮る・炒め煮にする調理法が主流で、ネギを五分の長さに切ったことから明治初期には具材のネギが「五分」と呼ばれたこともあった。明治初期の「牛屋(ぎゅうや)」の牛鍋もこうした味噌鍋が主流であった。しかし、肉質が良くなるにつれて、関東の味付けは味噌から醤油と砂糖などを調合したタレ(割下)が主流になっていった。すき焼き フレッシュアイペディアより)

  • 食のタブー

    食のタブーから見た鹿肉鹿肉

    遠野のおしら様を奉じる家では、鹿肉の消費を禁忌とした。食のタブー フレッシュアイペディアより)

  • 壱番屋

    壱番屋から見た鹿肉鹿肉

    鹿カレー(2010年5月17日 - )- 滋賀県東近江市の東近江五個荘店と近江八幡市の近江八幡サウスモール店、名神高速道路下り線のEXPASA多賀店のみ。鹿肉独特の硬さや臭みを工夫をこらした調理法で克服している。壱番屋 フレッシュアイペディアより)

  • イノシシ

    イノシシから見た鹿肉鹿肉

    鹿肉も「しし」と言うことがあり、いのししにかぎらず、獣肉を食べるとさわりがあるという意味だとも言われている。イノシシ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「シカ肉料理」のニューストピックワード