前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た貯蓄貸付組合

    しかし金融システムを脅かす事件として過去に、アメリカでの1920年代の金融大恐慌、1980年代の貯蓄貸付組合の経営破綻、日本では昭和金融恐慌、バブル経済の破綻による金融システム混乱などがあり、過去の経験を踏まえた将来のプルーデンス政策を考える必要がある。そして現在のプルーデンス政策において事後的処置である預金保険制度によるセーフティーネットが金融機関、預金者等において重要なものとなっている。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た国際決済銀行

    従来の日本のプルーデンス政策はいわゆる「護送船団方式」と呼ばれ、「競争制限的規制」という金融機関の銀行当局に対する「倒産させないであろう」という信頼から成り立っていたが、金融自由化の進行に伴い資本主義経済になじまない部分があることから、金融庁が設置されたことにより指導行政が緩和され、更にBIS基準(自己資本比率に関する国際統一基準)の厳格な適用などにより、現在のプルーデンス政策は「護送船団方式」と呼ばれた当時から大きく変化している。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た自己資本比率

    事前的措置とは、金融機関の経営の健全性確保を通じて金融機関の破綻などを未然に防止するための処置で、競争制限的規制による価格競争規制や非価格競争規制、健全性規制(バランスシート規制)による自己資本比率規制、流動性資産比率、営業用不動産規制、大口融資規制、配当率規制、外国為替持高規制、金融機関の検査などによって金融機関の経営の健全性と安定性を持たせる。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た外国為替

    事前的措置とは、金融機関の経営の健全性確保を通じて金融機関の破綻などを未然に防止するための処置で、競争制限的規制による価格競争規制や非価格競争規制、健全性規制(バランスシート規制)による自己資本比率規制、流動性資産比率、営業用不動産規制、大口融資規制、配当率規制、外国為替持高規制、金融機関の検査などによって金融機関の経営の健全性と安定性を持たせる。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見たバブル経済

    しかし金融システムを脅かす事件として過去に、アメリカでの1920年代の金融大恐慌、1980年代の貯蓄貸付組合の経営破綻、日本では昭和金融恐慌、バブル経済の破綻による金融システム混乱などがあり、過去の経験を踏まえた将来のプルーデンス政策を考える必要がある。そして現在のプルーデンス政策において事後的処置である預金保険制度によるセーフティーネットが金融機関、預金者等において重要なものとなっている。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た流動資産

    事前的措置とは、金融機関の経営の健全性確保を通じて金融機関の破綻などを未然に防止するための処置で、競争制限的規制による価格競争規制や非価格競争規制、健全性規制(バランスシート規制)による自己資本比率規制、流動性資産比率、営業用不動産規制、大口融資規制、配当率規制、外国為替持高規制、金融機関の検査などによって金融機関の経営の健全性と安定性を持たせる。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見たバランスシート

    事前的措置とは、金融機関の経営の健全性確保を通じて金融機関の破綻などを未然に防止するための処置で、競争制限的規制による価格競争規制や非価格競争規制、健全性規制(バランスシート規制)による自己資本比率規制、流動性資産比率、営業用不動産規制、大口融資規制、配当率規制、外国為替持高規制、金融機関の検査などによって金融機関の経営の健全性と安定性を持たせる。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た護送船団方式

    従来の日本のプルーデンス政策はいわゆる「護送船団方式」と呼ばれ、「競争制限的規制」という金融機関の銀行当局に対する「倒産させないであろう」という信頼から成り立っていたが、金融自由化の進行に伴い資本主義経済になじまない部分があることから、金融庁が設置されたことにより指導行政が緩和され、更にBIS基準(自己資本比率に関する国際統一基準)の厳格な適用などにより、現在のプルーデンス政策は「護送船団方式」と呼ばれた当時から大きく変化している。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た昭和金融恐慌

    しかし金融システムを脅かす事件として過去に、アメリカでの1920年代の金融大恐慌、1980年代の貯蓄貸付組合の経営破綻、日本では昭和金融恐慌、バブル経済の破綻による金融システム混乱などがあり、過去の経験を踏まえた将来のプルーデンス政策を考える必要がある。そして現在のプルーデンス政策において事後的処置である預金保険制度によるセーフティーネットが金融機関、預金者等において重要なものとなっている。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た世界恐慌

    しかし金融システムを脅かす事件として過去に、アメリカでの1920年代の金融大恐慌、1980年代の貯蓄貸付組合の経営破綻、日本では昭和金融恐慌、バブル経済の破綻による金融システム混乱などがあり、過去の経験を踏まえた将来のプルーデンス政策を考える必要がある。そして現在のプルーデンス政策において事後的処置である預金保険制度によるセーフティーネットが金融機関、預金者等において重要なものとなっている。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示

「システミックリスク」のニューストピックワード