1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た中央銀行

    プルーデンス政策 (prudence policy) とは、金融システムの安定を目的とした政策であり、中央銀行による「最後の貸し手(Lender of Last Resort)」機能、政府による公的資金の注入といった例があげられる。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た世界恐慌

    しかし金融システムを脅かす事件として過去に、アメリカでの1920年代の金融大恐慌、1980年代の貯蓄貸付組合の経営破綻、日本では昭和金融恐慌、バブル経済の破綻による金融システム混乱などがあり、過去の経験を踏まえた将来のプルーデンス政策を考える必要がある。そして現在のプルーデンス政策において事後的処置である預金保険制度によるセーフティーネットが金融機関、預金者等において重要なものとなっている。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見たモラル・ハザード

    セーフティ・ネットを提供することで、モラル・ハザードの発生が懸念される。事後的な対応が強化されれば、金融機関の経営者は大きなリターンを得て過度なリスクを受け入れる傾向にある。このため、債務支払能力に問題があると救済を行っても破綻を先延ばしただけとなってしまう。また、巨大な金融機関であれば破綻が及ぼす影響は必然的に大きいため、事後的な対応が行われると予想されモラル・ハザードが起こることもある。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た昭和金融恐慌

    しかし金融システムを脅かす事件として過去に、アメリカでの1920年代の金融大恐慌、1980年代の貯蓄貸付組合の経営破綻、日本では昭和金融恐慌、バブル経済の破綻による金融システム混乱などがあり、過去の経験を踏まえた将来のプルーデンス政策を考える必要がある。そして現在のプルーデンス政策において事後的処置である預金保険制度によるセーフティーネットが金融機関、預金者等において重要なものとなっている。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見た取り付け騒ぎ

    事後的措置とは個別銀行の経営破綻が銀行間の債権債務関係を通じて銀行システム全体へ波及するシステミック・リスクの発生防止を目的とし、預金保険制度・中央銀行による緊急融資・公的資金注入などのセーフティーネット、金融機関が破綻した場合の救済・清算などを行う。事後的処置はあらかじめ預金者や金融機関の取引相手に安心感を与え、取り付け騒ぎなどを契機とする銀行危機を防止し金融システムの安定を図ろうとする事前的効果を持つ。プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

  • プルーデンス政策

    プルーデンス政策から見たリーマンショック

    国によって規制監督機関や方法は異なるが、政府と中央銀行が中心となって行うことが多い。2008年9月15日のリーマン・ブラザーズ破綻を機に、プルーデンス政策 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「システミックリスク」のニューストピックワード