前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • システムLSI

    システムLSIから見た半導体

    システムLSI () とは、一般的にマイクロコントローラを含んで組み込みシステム製品の主要な電子回路を1チップ程度に集積した半導体素子であり、SoCによる具体的な部品という性格もある。狭義にはカスタムLSIだけを指すが、広義にはカスタムLSIに汎用のCPUやDSPを加えたLSIを含める。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見たLSI

    システムLSI () とは、一般的にマイクロコントローラを含んで組み込みシステム製品の主要な電子回路を1チップ程度に集積した半導体素子であり、SoCによる具体的な部品という性格もある。狭義にはカスタムLSIだけを指すが、広義にはカスタムLSIに汎用のCPUやDSPを加えたLSIを含める。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見たフラッシュメモリ

    記憶素子には、Flash、SRAM、フューズが使われる。Flashとはフラッシュメモリのことであり、不揮発性なのでこのままで記憶内容が保持できる。SRAM は揮発性なのでこのままで記憶内容が保持できないため、外部にPROMやフラッシュメモリを外付けして起動時に毎回読み込む必要があり、2009年現在ではこの方式は少なくなっている。フューズは厳密には記憶素子ではなく電気的に配線を焼き切ったもので、原理上、再書き込みは行えない。PLDやFPGA用の記憶素子にはフラッシュメモリの採用が多くなっている。CLB方式とALM方式では、縦横に走る配線の交点やCLB、LABの配線との入出力接続は、記憶素子の"Hi"、"Low"によって接続/非接続を決定している。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見たフリップフロップ

    CLB方式では、CLB()と呼ばれるフリップ・フロップとLUT、少しの単純な論理ゲートからなる機能単位が縦横に走る配線の間に碁盤目状に配置される。LUT(Look Up Table)では、記憶素子によって真理値表を記憶させ、入力に対する出力動作を規定する。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見た組み込みシステム

    システムLSI () とは、一般的にマイクロコントローラを含んで組み込みシステム製品の主要な電子回路を1チップ程度に集積した半導体素子であり、SoCによる具体的な部品という性格もある。狭義にはカスタムLSIだけを指すが、広義にはカスタムLSIに汎用のCPUやDSPを加えたLSIを含める。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見たSoC

    従来、単体の半導体部品や抵抗などがICやLSIへと集積されたように、回路基板上に個別に載せていたコントローラやインターフェース用回路のIC、メモリICなども次第にシステムLSIに統合されるようにっている。SoCでは、(概念として)全てが1チップ化される。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見たSystem-on-a-chip

    システムLSI () とは、一般的にマイクロコントローラを含んで組み込みシステム製品の主要な電子回路を1チップ程度に集積した半導体素子であり、SoCによる具体的な部品という性格もある。狭義にはカスタムLSIだけを指すが、広義にはカスタムLSIに汎用のCPUやDSPを加えたLSIを含める。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見たデジタル回路

    特に民生分野の大量生産品で、情報家電などの複雑なシステムにおいて、LSIの小型化、高性能化およびコスト削減のためにシステムLSIを開発して使用している。デジタル回路を中心に構成されており、入出力部にアナログ回路を持つものも多い。なお、以下の説明内では、電子回路技術としては純然たるアナログ領域で動作しているクロック回路やインターフェース回路も組込側での分類を優先してデジタル回路の説明として扱っており、アナログ回路は組込側でビデオ信号や音声信号のようなアナログ信号を扱う回路のみに限定している。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見たStatic Random Access Memory

    記憶素子には、Flash、SRAM、フューズが使われる。Flashとはフラッシュメモリのことであり、不揮発性なのでこのままで記憶内容が保持できる。SRAM は揮発性なのでこのままで記憶内容が保持できないため、外部にPROMやフラッシュメモリを外付けして起動時に毎回読み込む必要があり、2009年現在ではこの方式は少なくなっている。フューズは厳密には記憶素子ではなく電気的に配線を焼き切ったもので、原理上、再書き込みは行えない。PLDやFPGA用の記憶素子にはフラッシュメモリの採用が多くなっている。CLB方式とALM方式では、縦横に走る配線の交点やCLB、LABの配線との入出力接続は、記憶素子の"Hi"、"Low"によって接続/非接続を決定している。システムLSI フレッシュアイペディアより)

  • システムLSI

    システムLSIから見たマイクロコントローラ

    システムLSI () とは、一般的にマイクロコントローラを含んで組み込みシステム製品の主要な電子回路を1チップ程度に集積した半導体素子であり、SoCによる具体的な部品という性格もある。狭義にはカスタムLSIだけを指すが、広義にはカスタムLSIに汎用のCPUやDSPを加えたLSIを含める。システムLSI フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示

「システムLSI」のニューストピックワード