190件中 91 - 100件表示
  • シンガポールグランプリ

    シンガポールグランプリから見たシティグループシティグループ

    コース内やコース周辺には、ザ・フラトン・シンガポールやパン・パシフィック・ホテル、コンラッドなどの多くの高級ホテルや、マーライオンやエスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイなどの観光名所、香港上海銀行やシティグループなどのオフィスビルが林立している。シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 大和証券キャピタル・マーケッツ

    大和証券キャピタル・マーケッツから見たシティグループシティグループ

    2009年に、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が、シティグループから旧日興シティホールディングス傘下の証券事業を買収することとなり、大和証券SMBC(当時)と統合して経営の主導権を得ようとしたことから、経営の独立性を維持したい大和証券側と対立し、合弁契約を解消することとなった。2009年10月1日に、SMFGから転籍していた従業員の大半がSMFGに復帰。また、2009年12月31日に、SMFGの保有する株式40%すべてを、大和証券グループ本社が1739億円で買い取って大和グループの完全子会社化し、2010年1月1日に商号を大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社(略称・大和証券CM)に変更した。大和証券キャピタル・マーケッツ フレッシュアイペディアより)

  • サブプライム住宅ローン危機

    サブプライム住宅ローン危機から見たシティグループシティグループ

    2007年2月、危機は金融分野にはっきりと影響を及ぼし始めた。同月、世界最大の銀行グループ(2008年現在)であるHSBCホールディングスが、所有していたサブプライム関連不動産担保証券の評価額を 105億ドル切り下げた。これはサブプライム関連で初めて報告された大規模損失だった。2007年中に少なくとも 100社の住宅ローン会社が閉鎖、事業停止、または売却の憂き目に逢った。経営陣も無傷では済まされず、2007年後半にはメリルリンチとシティグループの最高経営責任者が互いに一週間と間を空けず相次いで辞任した。危機が深刻化するにつれ、合併したり合併交渉の開始を公表する金融機関が相次いだ。サブプライム住宅ローン危機 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコブ・ルー

    ジェイコブ・ルーから見たシティグループシティグループ

    2006年6月、シティグループ投資選択部門の最高執行責任者に就任した。また、ニューヨーク市諮問委員会共同議長、外交問題評議会委員、ブルッキングス研究所ハミルトンプロジェクト諮問委員、全米社会保険学会諮問委員も務めた。ルーは加えて、マサチューセッツ州とコロンビア特別区の弁護士会にも所属した。ジェイコブ・ルー フレッシュアイペディアより)

  • ラーセン&トゥブロ

    ラーセン&トゥブロから見たシティグループシティグループ

    銀行や金融サービス、保険、エネルギー、石油化学、製造業向けの情報通信技術やソフトウェアサービスを目的とし、日立製作所、三洋電機、マーシュ・アンド・マクレナン、フリースケール・セミコンダクタ、シェブロン、ラファージュ、アブサ、シティグループ、バークレイズ、クアルコム、スタンダード・ライフ(:en:Standard Life)などに商品を納めている。ラーセン&トゥブロ フレッシュアイペディアより)

  • CFJ (企業)

    CFJ (企業)から見たシティグループシティグループ

    CFJ合同会社(シーエフジェー)は、アメリカ合衆国の金融大手シティグループの一員のみなし貸金業者(元消費者金融)会社の日本法人である。なお、「CFJ」の表記は「CitiFinancial Japan」の頭字語であるが、法人としての正式な商号は「CFJ」である。CFJ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • みずほ証券

    みずほ証券から見たシティグループシティグループ

    前述のとおり、2004年に農林中金傘下である農中証券を譲り受け、その後さらに第三者割当増資を行った。このため農協系金融機関へのサービス提供も行っている。また同年には、証券部門の脆弱なりそな銀行とメガバンクの枠を超えてM&A業務に関する提携を結んだほか、UBS証券ともM&Aで提携を結んでいる。さらに、証券会社としてはマネックス証券、シティグループとも連携にある。みずほ証券 フレッシュアイペディアより)

  • 三井住友トラストクラブ

    三井住友トラストクラブから見たシティグループシティグループ

    1977年4月2日に株式会社ディー・エヌ・シー・エイジェンシーとして設立。シティコープ(現:シティグループ)の日本におけるクレジットカード部門として発足した。米国においてはシティバンクが直接VISA及びMasterCardのプリンシパル・メンバーとして発行しているが、日本国内においては事業開始時点で銀行法による規制(クレジットカードの銀行直接発行の禁止、1982年に撤廃)の存在、またVISA/MasterCard共に加盟店開放が完全に機能していなかった(海外発行カードの受け入れは可能だが、国内他社発行カードは不可)事情があり、傘下にカード事業会社を設立した上でVISAジャパン協会(現VJA)及びUCカードグループ(後にオムニカード協会発足の際、そちらへ移行)へ加盟しての発行となった。三井住友トラストクラブ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たシティグループシティグループ

    2008年、予想を超えた経済恐慌がアメリカと全世界を襲った。最も重大なことはカリフォルニア州とフロリダ州における住宅バブルが弾けたことであり、また住宅価格や建設業界が崩壊したことである。数多くのモーゲージ(抵当権、平均して20万ドル)がCDO(債務担保証券)と呼ばれる証券となり、世界中で再販された。多くの銀行や巨大ファンドが数千億ドルを借金してこれらの証券を買っており、その価値が不明で誰も買おうとしないために今や「毒物」となった。アメリカ合衆国とヨーロッパの大銀行が次々と崩壊した。2008年5月、ベアー・スターンズはJPモルガン・チェースに買収され傘下に入った。また、9月15日にはリーマン・ブラザーズは6130億ドルの負債を抱えて倒産、それを受けてバンク・オブ・アメリカはメリルリンチを吸収合併した。有数の保険会社AIG、トップ銀行のシティグループおよび2つの最大抵当権会社が政府の救済を仰いだ。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは投資銀行から銀行持株会社に転換を発表し、当局の規制を受けながらも生き残りを模索した。合衆国議会は7000億ドルの救済資金を拠出し(TARP)、資産家と連邦準備制度は金融システムを支えるために数兆ドルを投入したが、景気減退を覆すまでには至らなかった。連邦資金が投入されたにも拘わらず、銀行は貸付政策を劇的に引き締めた。例えば、自動車ローンを得ることも難しくなった。政府は初めて大銀行の主要株主になった。株式市場は40%急落し、資産を10兆ドル減らした。住宅価格は国中で20%低下し、さらに3兆ドルを減らした。2008年遅くまでに困窮は金融や住宅部門以外にも拡がり、特にビッグスリーと言われる自動車産業(ゼネラルモーターズ、フォードおよびクライスラー)は倒産の瀬戸際にあり、小売り部門がかなりの弱さを示した。7000億ドルの問題資産救済プログラムを批判する者は、銀行にばらまかれたその金の大半が行方不明であり、銀行もこの問題を隠していると、怒りを露わにしている。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • グレンデール (カリフォルニア州)

    グレンデール (カリフォルニア州)から見たシティグループシティグループ

    1970年代に入ると、グレンデールは急速に発展を遂げていった。ロサンゼルスのハイウェイ網はグレンデールにも延伸され、グレンデール・フリーウェイ(カリフォルニア州道2号線)、およびベンチュラ・ハイウェイ(カリフォルニア州道134号線)の2本のフリーウェイが開通した。グレンデール中央図書館もこの頃に完成した。ブランド・ボールバードは再開発され、1925年に建てられたアレックス・シアターが改装されたほか、1976年にはグレンデール・ガレリアという大規模なショッピングモールも開業した。このグレンデール・ガレリアには、1983年にパンダエクスプレスの1号店が開店した。市の中心部には近代的な高層ビルが建ち、ネスレの米国本部をはじめ、シティグループやシグナなどの大企業もオフィスを置くようになった。これに加え、2008年には、屋外型ショッピングモールと集合住宅の複合施設であるアメリカーナ・アット・ブランドも開業した。グレンデール (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

190件中 91 - 100件表示

「シティグループ」のニューストピックワード

  • トップも含め全職員が自動車産業全員の思いを背負う覚悟と自覚を

  • 両輪

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄 2020