190件中 61 - 70件表示
  • ボスウォッシュ

    ボスウォッシュから見たシティグループシティグループ

    この地域には、ニューヨーク証券取引所、NASDAQ、ホワイトハウスおよびアメリカ合衆国議会議事堂があり、国際連合本部ビルや、ABC、NBC、CBS、FOXの本社があり、またニューヨーク・タイムズ会社やワシントン・ポストの本社、さらに8つのアイビー・リーグ大学のうち6つまでが存在する。ステート・ストリート、シティグループおよびフィデリティのような金融会社の本社がこの地域の中にある。この地域はアメリカ合衆国の経済活動の5分の1を占めており、フォーチューン世界の500社のうち58社が存在する。ボスウォッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 20 エクスチェンジ・プレイス

    20 エクスチェンジ・プレイスから見たシティグループシティグループ

    20 エクスチェンジ・プレイスは、シティグループの前身である、合併前のシティ・バンク・オブ・ニューヨークとファーマーズ・ローン・アンド・トラスト・カンパニーが1930年から1931年にかけて建造した。建物は、1956年まで会社の本部として使用されており、1979年に売られた。20 エクスチェンジ・プレイス フレッシュアイペディアより)

  • 香港スチュワーズカップ

    香港スチュワーズカップから見たシティグループシティグループ

    2007年/2008年シーズンより三冠競走それぞれがシティグループの協賛を受けており、同競走もシティグループ香港スチュワーズカップ()として開催されている。香港スチュワーズカップ フレッシュアイペディアより)

  • ワコビア

    ワコビアから見たシティグループシティグループ

    2008年9月にアメリカで生じた金融危機はワコビアの急激な株価下落をもたらし、一時は同じく損失の拡大していたモルガン・スタンレーとの合併の可能性も報道されたが、同月29日、アメリカ連邦預金保険公社(FDIC)はシティグループが銀行事業を21億ドル(約2200億円)で買収することを発表した。この買収にはワコビアが保有している資産の損失が一定額を超えた場合には損失補てんが受けられる条項が入っている。これにより新銀行の資産は2兆9000億ドル(約307兆円)にのぼり、世界最大級になるはずだったが、経営不安を払拭するには至らず、10月3日に今度は米銀準大手のウェルズ・ファーゴがワコビアの株式を約151億ドル(約1兆6000億円)で取得すると発表(政府支援はなし)。同時に、シティグループによる合併をワコビア側が一方的に撤回することとなった。ワコビア フレッシュアイペディアより)

  • ユニマットホールディング

    ユニマットホールディングから見たシティグループシティグループ

    1972年1月12日 - 株式会社ユニマット(現・CFJ(シティグループ))設立。ユニマットホールディング フレッシュアイペディアより)

  • レキシントン街

    レキシントン街から見たシティグループシティグループ

    レキシントン街のミッドタウン部分はオフィス街であり、42丁目にクライスラービルがある。また、パーク街とレキシントン街、53丁目と54丁目にはさまれたブロック全体はシティグループが占め、更に52丁目と53丁目の間にシティグループ・センターがある。その他、599 レキシントン・アベニューやゼネラルエレクトリックビルなどが建つ。レキシントン街 フレッシュアイペディアより)

  • SMBCフレンド証券

    SMBCフレンド証券から見たシティグループシティグループ

    これまで、SMFGにおける証券事業は、ホールセール業務は大和証券グループ本社との提携によって生まれた大和証券SMBCが手がけ、リテール(小口)業務も大和証券と競合していたため、同社よりも相対的に零細な個人などを主体として営業する位置づけにとどまっていた。それが「フレンド」を冠する社名にも表れていた。しかし、2008年(平成20年)の金融危機を受けて業績が悪化したシティグループが再建の一環で手放した日興コーディアル証券を三井住友フィナンシャルグループが傘下に収め、SMBC日興証券としたことに伴い大和証券グループとの提携を解消した(大和証券SMBCは大和証券グループ本社が完全子会社化し、大和証券キャピタル・マーケッツに変更)。これによって事業統合などを通じてSMBC日興証券との連携も強化された。SMBCフレンド証券 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク市の経済

    ニューヨーク市の経済から見たシティグループシティグループ

    その他多数の大企業が市内に本社を置く。タイム・ワーナー、アルトリア、AIG、ファイザー、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、ジェットブルー航空、シティグループ、DCコミックス、エスティローダー、ソニー・ミュージックエンタテインメントなどがある。ゼネラル・エレクトリック社など本社でなくとも大規模な支社をニューヨークに置く会社も多い。ニューヨーク市の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ビュート (モンタナ州)

    ビュート (モンタナ州)から見たシティグループシティグループ

    19世紀の終わりに、銅は電線、特に海底ケーブル敷設事業により莫大な需要を生じた。ウィリアム・A・クラーク、マーカス・ダリー、フリッツ・アウグスタウ・ハインツという3人の”銅山王”(Copper Kings)とロスチャイルド家がビュートの鉱物資源を争った。1899年、ダリーはウィリアム・ロックフェラー、ヘンリー・ロジャース、トーマス・ローソンと共同し合同銅鉱山社を組織した。すぐに、この会社はアナコンダ銅鉱山会社(ACM)と名前を変えた。めざましい成長をとげ、1920年代にはビュートの鉱山をほぼ独占するようになった。1917年、ビュートからの銅産出はピークを迎え、ゆっくりと減少していった。繁栄は1950年代まで続いたが、鉱脈の品質低下と他鉱山との競争が、アナコンダを危険な地下採掘から露天掘りに切り替えさせた。1967年、ACMへNY銀行シ団が総額8000万ドルを融資した。シ団の参加者はチェース・マンハッタンとケミカルとモルガン・ギャランティ・トラスト(いずれも現JPモルガン・チェース)、そしてロックフェラー家のシティ・バンク・オブ・ニューヨーク(現シティグループ)であり、拠出額は各行2000万ドルずつであった。1977年、アナコンダはプルドーベイ油田を発見したARCO に吸収合併された。ビュート (モンタナ州) フレッシュアイペディアより)

  • パウル・ファン・ゼーラント

    パウル・ファン・ゼーラントから見たシティグループシティグループ

    パウルは国際決済銀行の創設に大きく関与した。パウルの推薦で弟マルセルが支配人となった。マルセルはルーヴァン大学で法学を学び、ロックフェラー家の支配したナショナル・シティー銀行(現シティグループ)のブリュッセル支店で副支店長を経験していた。パウルのアメリカ留学を支援したフランキも国際決済銀行の理事となった。パウル・ファン・ゼーラント フレッシュアイペディアより)

190件中 61 - 70件表示

「シティグループ」のニューストピックワード