164件中 71 - 80件表示
  • 三角合併

    三角合併から見たシティグループシティグループ

    三角合併の導入に当たっては、米国からの要望が強かったとされる。日本における三角合併第1号はシティグループによる日興コーディアルグループの買収である。三角合併 フレッシュアイペディアより)

  • UKフィナンシャル・インベストメンツ

    UKフィナンシャル・インベストメンツから見たシティグループシティグループ

    経営陣には民間人の会長及び、3人の民間人の社外取締役そして、1人の財務官僚の社長が入る方針で人選が進められ、フィリップ・ハンプトン(セインズベリー社長) を会長、財務官僚ジョン・キングマンを社長 、社外取締役としてグレン・モレノ(ピアソン会長) ピーター・ギッブス(ターコイス会長) ルシンダ・リッチース(元UBS) マイケル・カークウッド(元シティグループ)を選任して発足した。UKフィナンシャル・インベストメンツ フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たシティグループシティグループ

    日本の制度での資本増強措置や特別危機管理銀行制度に相当。銀行を破綻させずに公的資金を注入して救済する方式。全預金が保証される。これが適用される場合は金融システムに重大な危機をもたらす大きすぎて潰せない(Too big to fail)等の状況により最小コスト原則の例外が適用される場合(システミックリスク・エクセプション)に限られている。コンチネンタル・イリノイ銀行や、2009年金融危機でのシティグループ バンク・オブ・アメリカ等の事例がある。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • グレグジット

    グレグジットから見たシティグループシティグループ

    グレグジット()とは、「ギリシャのユーロ圏離脱」を意味する造語。 (グリース)と (エグジット)を併せてつくられた混成語で、シティグループのチーフアナリスト、ウィレム・バウター(Willem H. Buiter)とエブラヒム・ラハバリ(Ebrahim Rahbari)が2012年2月6日に発表したレポートで「ギリシャがユーロ圏を離脱し、旧通貨ドラクマを再び使用する可能性がある」ことを指して初めて使用されて以降、マスメディアなどでも使われるようになった。グレグジット フレッシュアイペディアより)

  • ボスウォッシュ

    ボスウォッシュから見たシティグループシティグループ

    この地域には、ニューヨーク証券取引所、NASDAQ、ホワイトハウスおよびアメリカ合衆国議会議事堂があり、国際連合本部ビルや、ABC、NBC、CBS、FOXの本社があり、またニューヨーク・タイムズ会社やワシントン・ポストの本社、さらに8つのアイビー・リーグ大学のうち6つまでが存在する。ステート・ストリート、シティグループおよびフィデリティのような金融会社の本社がこの地域の中にある。この地域はアメリカ合衆国の経済活動の5分の1を占めており、フォーチューン世界の500社のうち58社が存在する。ボスウォッシュ フレッシュアイペディアより)

  • テルアビブ証券取引所

    テルアビブ証券取引所から見たシティグループシティグループ

    TASEクリアリングハウスは1966年に設立された。その証券取引所内外で実行された全ての有価証券取引の負債を整理し、企業に代わって所得の弁済を行う。TASEクリアリングハウスはまたシティグループと共同で世界規模の整理、清算、資産管理サービス機関を操業している。テルアビブ証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • CFJ (企業)

    CFJ (企業)から見たシティグループシティグループ

    CFJ合同会社(シーエフジェー)は、アメリカ合衆国の金融大手シティグループの一員の消費者金融会社であるシティファイナンシャルの日本法人である。なお、「CFJ」の表記は「CitiFinancial Japan(シティフィナンシャル・ジャパン)」の頭字語であるが、法人としての正式な商号は「CFJ」である。CFJ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見たシティグループシティグループ

    米金融規制当局はストレステストに基づいて、大手銀行10行に対し746億ドルの資本増強を要求。バンク・オブ・アメリカに339億ドル、ウェルズ・ファーゴに137億ドル、GMACに115億ドル、シティグループに55億ドル、リジョンズ・フィナンシャルに25億ドル、サントラスト・バンクスに22億ドル、キーコープに18億ドル、モルガン・スタンレーに18億ドル、フィフス・サード・バンコープに11億ドル、PNCフィナンシャル・サービシズ・グループに6億ドルの資本増強を指示。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • LTCM

    LTCMから見たシティグループシティグループ

    LTCMはソロモン・ブラザーズ(現在はシティグループの一ブランド)で活躍していた債券トレーダーのジョン・メリウェザーの発案により設立され、1994年2月24日に運用を開始した。このファンドはFRB(アメリカの中央銀行)元副議長デビッド・マリンズや、ブラック-ショールズ方程式を完成させ、共に1997年にノーベル経済学賞を受けた経済学者であるマイロン・ショールズとロバート・マートンといった著名人が取締役会に加わっていたことから「ドリームチームの運用」と呼ばれ、当初より12億5000万USドルを世界各国の証券会社・銀行などの機関投資家、富裕層から集める事に成功した。メリウェザー自身は25億ドルの資金を集めることが目標であったが、この募集金額は、ファンド創始時のものとしては史上最高額となるものであった。LTCM フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン・ブラザーズ

    ソロモン・ブラザーズから見たシティグループシティグループ

    1997年11月、バフェットの仲介でアメリカのトラベラーズ・グループ(Travelers Group)に買収され、トラベラーズ傘下の投資銀行であるスミス・バーニー(Smith Barney)と合併してソロモン・スミス・バーニー(Salomon Smith Barney)となった。さらに、その翌年トラベラーズ・グループがシティコープと合併してシティグループとなり、その結果現在はシティ傘下のブランドとなっている。ソロモン・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

164件中 71 - 80件表示