前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示
  • シティグループ

    シティグループから見たトラベラーズ

    1992年9月、不動産投資の損失とハリケーン・アンドリューに伴う巨額の保険金支払いに追い込まれていた保険会社トラベラーズ・インシュアランスは、プライメリカと戦略的提携を締結し、1993年12月に経営統合する運びとなった。統合により、商号はトラベラーズ・インク (Travelers Inc.) となり、損害保険・生命保険・年金業務までカバーするようになる。また、トラベラーズの象徴だった赤い傘のロゴマークがすべての事業に冠されるようになった。この間、トラベラーズはシェアソン・リーマン?リテール証券・資産運用会社で、ウェイルが1985年まで代表を務めていた?を買収、既に傘下に収めていた証券部門のスミス・バーニーと合併させた。さらに1997年11月、トラベラーズ・グループ(1995年4月に再改称)は、債券取引に強みを持つ大手投資銀行ソロモン・ブラザーズを90億ドルで買収した。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たUBS

    その後表面化したサブプライムローン問題では、メリルリンチやUBSなどをはるかに超える、世界の金融機関の中でも最大規模となる莫大な損失を被ったことから株価が大幅に下落し、チャールズ・プリンス会長兼最高経営責任者 (CEO) が辞任を表明した。また、これを受け世界各国で事業の再編成や大幅なリストラが行われている。なお、チャールズ・プリンスは11月4日に、損失が10月中旬に発表していた20億ドルをはるかに越え、およそ80-110億ドルになる可能性があると発表した。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たメットライフ

    トラベラーズ損保は2004年にセントポール・カンパニーズと合併し、セントポール・トラベラーズとなった。シティグループはその後も生命保険・年金業務を続けていたが、2005年にはこの部門もメットライフに売却することを決定した。シティグループは未だに多くの保険商品の「販売」を取り扱っているが、シティグループそれ自体は保険会社機能(引受・運用)は失っている。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た日興アセットマネジメント

    日興アセットマネジメント - 日興コーディアル証券の元子会社。現在は住友信託銀行(SMTG系)主導で再建中。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たJPモルガン・チェース

    コーポレート&インベストメント部門の統合は、コーポレートバンカーとインベストメントバンカーの何れが主に顧客対応にあたるのかなどで対立が続き、さらに困難を極めた。共同CEOの一人であるジェミー・ディモンはこの混乱の中でシティグループを去り、代わってシティと競合関係にあるJPモルガン・チェースのCEOとなっている。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た三井住友フィナンシャルグループ

    日興コーディアル証券株式会社(2011年度より新社名・SMBC日興証券株式会社) - SMFGにより実質買収(法定上では会社ごと受け皿会社(準備会社)へ事業譲渡)。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た日興コーディアルグループ

    その後の3月6日には、不正会計が問題になっている日興コーディアルグループと資本・業務両面で包括提携することで基本合意し、同社に対して株式公開買い付けを行い株式の保有比率(議決権ベース)を引き上げ、完全子会社化を進めると発表された。その後株式公開買い付けが行われ、決済が行われる2007年5月9日付けでシティグループが61.08%の株式を保有する筆頭株主となり、事実上同社を傘下に収めた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たマスターカード

    1955年に商号をファーストナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨークに変更、さらに創業150周年の1962年にはこれを短縮しファーストナショナル・シティバンクとなった。シティはリースやクレジット業務にも進出し、後年マスターカードに発展するクレジットカード「ファーストナショナル・シティ・チャージ・サービス」(一般に「エブリシング・カード」と呼ばれた)を1967年に提供し始めた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たメリルリンチ

    その後表面化したサブプライムローン問題では、メリルリンチやUBSなどをはるかに超える、世界の金融機関の中でも最大規模となる莫大な損失を被ったことから株価が大幅に下落し、チャールズ・プリンス会長兼最高経営責任者 (CEO) が辞任を表明した。また、これを受け世界各国で事業の再編成や大幅なリストラが行われている。なお、チャールズ・プリンスは11月4日に、損失が10月中旬に発表していた20億ドルをはるかに越え、およそ80-110億ドルになる可能性があると発表した。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たクレジットカード

    1955年に商号をファーストナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨークに変更、さらに創業150周年の1962年にはこれを短縮しファーストナショナル・シティバンクとなった。シティはリースやクレジット業務にも進出し、後年マスターカードに発展するクレジットカード「ファーストナショナル・シティ・チャージ・サービス」(一般に「エブリシング・カード」と呼ばれた)を1967年に提供し始めた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示

「シティグループ」のニューストピックワード