90件中 31 - 40件表示
  • シティグループ

    シティグループから見たブエノスアイレス

    シティコープの歴史は、シティバンク・オブ・ニューヨーク (City Bank of New York) が200万ドルの資本金を元にニューヨーク州から免許を受けた1812年6月16日に始まる。サミュエル・オスグッドが初代社長に就任し、9月14日に開店、ニューヨークの商業資本家らにサービスを提供し始めた。1865年、国法銀行制度の成立とともに商号をナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨークと変更した。1895年までには米国で最大の銀行となった。1913年に連邦準備制度が発足すると、ニューヨーク連邦準備銀行の創設に関わる。翌年には米銀として初となる海外支店をブエノスアイレスに開設した。1918年のインターナショナル・バンキング・コーポレーションの買収により、米銀として初めて総資産10億ドルを突破し、1929年には世界最大の商業銀行となった。その成長とともに、シティはまた金融サービスにおける先駆者ともなり、複利預金(1921年)、個人向け無担保ローン(1928年)、当座預金(1936年)、譲渡性預金(1961年)などを世界で初めて開発してきた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た株式

    その後は第二次世界大戦中の日米間の開戦による一時的な事業閉鎖を経て、1973年にはファースト・ナショナル・シティ・コーポレーション(ファースト・ナショナル・シチー)が東京証券取引所に株式上場するなど日本市場に根付いた事業展開を進めた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た2009年

    2009年6月、銀行法第26条第1項に基づき、シティバンク銀行に対しての2回目の業務停止命令が出された。法令等遵守態勢の問題、経営管理態勢、内部管理態勢の問題、内部監査の問題が金融庁によって指摘された。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たシティバンク、エヌ・エイ

    シティバンク銀行株式会社(旧シティバンク、エヌ・エイ在日支店)シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たコントロール・データ・コーポレーション

    トラベラーズ・グループは、シティコープとの合併当時では、CEOのサンフォード・ウェイル(通称サンディ・ウェイル、Sanford I. Weil)の下に金融複合企業体を形成していた。そのルーツはコントロール・データ・コーポレーションの金融子会社だったコマーシャル・クレジットである。業績不調だった同社をウェイルは自己資金700万ドルで買い取り、コストカットと経営改革の後に株式公開に成功した。その2年後、既に生命保険会社ALウィリアムズと証券会社スミス・バーニーの買収を通じてコングロマリットとなっていたプライメリカが、ウェイルにより買収された。新会社は商号に「プライメリカ」ブランドを引き継ぎ、傘下企業の種々の金融サービスを関連させて販売する「クロスセリング」戦略をとった。非金融部門はスピンオフされた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た住友信託銀行

    日興アセットマネジメント - 日興コーディアル証券の元子会社。現在は住友信託銀行(SMTG系)主導で再建中。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た東京証券取引所

    その後は第二次世界大戦中の日米間の開戦による一時的な事業閉鎖を経て、1973年にはファースト・ナショナル・シティ・コーポレーション(ファースト・ナショナル・シチー)が東京証券取引所に株式上場するなど日本市場に根付いた事業展開を進めた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たリーマン・ブラザーズ

    2008年秋のリーマン・ブラザーズ破綻に端を発した金融危機の拡大は、シティグループの業績にも大きな悪影響を及ぼし、10月にはアメリカ政府から250億ドルの公的資金注入を受けた。さらに、11月下旬には200億ドルに上る追加の資本注入および3060億ドルもの不良資産の損失の一部肩代わり(290億ドルまでは自己負担でそれ以上は1割の損失負担)の支援を受けたと同時に、政府により当面の間は普通株について四半期に1セント以上の配当が禁止された。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たメリルリンチ証券

    金融持ち株会社の設立と同時に、シティバンク在日支店を現地法人(シティバンク銀行)化し、日本における拠点数を増加させる計画を発表するなど日本での事業を拡大する意向だが、業界では、旧山一證券を引き継いだメリルリンチ証券の業績不振による日本での業務縮小などの例があることから、日本市場、特にリテール市場に対する理解に欠ける外資系金融企業による日本市場での成功に懐疑的な見方もある。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たシティバンク

    シティグループは1998年10月8日、シティコープとトラベラーズ・グループによる、時価総額1,400億ドル規模の合併によって誕生した。シティコープは100ヶ国近くで銀行業務を展開する多国籍企業であり、トラベラーズはクレジットカード、消費者金融、証券、保険などに跨がる金融サービスを提供する企業だった。前身企業の歴史は、シティバンク・オブ・ニューヨーク(後のシティバンク)が設立された1812年に遡る。シティグループ フレッシュアイペディアより)

90件中 31 - 40件表示

「シティグループ」のニューストピックワード