90件中 41 - 50件表示
  • シティグループ

    シティグループから見た山一證券

    金融持ち株会社の設立と同時に、シティバンク在日支店を現地法人(シティバンク銀行)化し、日本における拠点数を増加させる計画を発表するなど日本での事業を拡大する意向だが、業界では、旧山一證券を引き継いだメリルリンチ証券の業績不振による日本での業務縮小などの例があることから、日本市場、特にリテール市場に対する理解に欠ける外資系金融企業による日本市場での成功に懐疑的な見方もある。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たシティグループ・ジャパン・ホールディングス

    現在は、東京都品川区の天王洲にある「シティグループセンター」を拠点に、個人向け及び法人向け銀行、クレジットカード、消費者金融、証券、投資銀行の各業務を展開している。2007年1月29日には、外資系金融機関として初めて日本で金融持株会社(シティグループ・ジャパン・ホールディングス)を設立すると発表した。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たCFJ (企業)

    CFJ株式会社(シティファイナンシャル・ジャパン株式会社)シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たソロモン・ブラザーズ

    1992年9月、不動産投資の損失とハリケーン・アンドリューに伴う巨額の保険金支払いに追い込まれていた保険会社トラベラーズ・インシュアランスは、プライメリカと戦略的提携を締結し、1993年12月に経営統合する運びとなった。統合により、商号はトラベラーズ・インク (Travelers Inc.) となり、損害保険・生命保険・年金業務までカバーするようになる。また、トラベラーズの象徴だった赤い傘のロゴマークがすべての事業に冠されるようになった。この間、トラベラーズはシェアソン・リーマン?リテール証券・資産運用会社で、ウェイルが1985年まで代表を務めていた?を買収、既に傘下に収めていた証券部門のスミス・バーニーと合併させた。さらに1997年11月、トラベラーズ・グループ(1995年4月に再改称)は、債券取引に強みを持つ大手投資銀行ソロモン・ブラザーズを90億ドルで買収した。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たNCT信託銀行

    日興シティ信託銀行株式会社 - 野村信託銀行が買収の末、吸収合併。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た野村信託銀行

    日興シティ信託銀行株式会社 - 野村信託銀行が買収の末、吸収合併。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た連邦準備制度

    シティコープの歴史は、シティバンク・オブ・ニューヨーク (City Bank of New York) が200万ドルの資本金を元にニューヨーク州から免許を受けた1812年6月16日に始まる。サミュエル・オスグッドが初代社長に就任し、9月14日に開店、ニューヨークの商業資本家らにサービスを提供し始めた。1865年、国法銀行制度の成立とともに商号をナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨークと変更した。1895年までには米国で最大の銀行となった。1913年に連邦準備制度が発足すると、ニューヨーク連邦準備銀行の創設に関わる。翌年には米銀として初となる海外支店をブエノスアイレスに開設した。1918年のインターナショナル・バンキング・コーポレーションの買収により、米銀として初めて総資産10億ドルを突破し、1929年には世界最大の商業銀行となった。その成長とともに、シティはまた金融サービスにおける先駆者ともなり、複利預金(1921年)、個人向け無担保ローン(1928年)、当座預金(1936年)、譲渡性預金(1961年)などを世界で初めて開発してきた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たアソシエイツ・ファースト・キャピタル

    シティグループはまた、消費者金融最大手のアソシエイツ・ファースト・キャピタル、メキシコ最大の銀行であるバナメックスを買収した。後者は特に、「大手金融機関が全て外資に奪われる」という危惧からメキシコ国内で大いに議論を呼び、バナメックスの支店に爆弾が置かれるという武力抗議まで見られた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た譲渡性預金

    シティコープの歴史は、シティバンク・オブ・ニューヨーク (City Bank of New York) が200万ドルの資本金を元にニューヨーク州から免許を受けた1812年6月16日に始まる。サミュエル・オスグッドが初代社長に就任し、9月14日に開店、ニューヨークの商業資本家らにサービスを提供し始めた。1865年、国法銀行制度の成立とともに商号をナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨークと変更した。1895年までには米国で最大の銀行となった。1913年に連邦準備制度が発足すると、ニューヨーク連邦準備銀行の創設に関わる。翌年には米銀として初となる海外支店をブエノスアイレスに開設した。1918年のインターナショナル・バンキング・コーポレーションの買収により、米銀として初めて総資産10億ドルを突破し、1929年には世界最大の商業銀行となった。その成長とともに、シティはまた金融サービスにおける先駆者ともなり、複利預金(1921年)、個人向け無担保ローン(1928年)、当座預金(1936年)、譲渡性預金(1961年)などを世界で初めて開発してきた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たプライベートバンキング

    2004年には、グループ傘下のシティバンク、エヌ・エイ在日支店の富裕層の資産運用を助言するプライベートバンキング部門において、融資と債権の違法な抱き合わせ販売や株価操作のための資金提供、組織犯罪関係者のマネーロンダリングの手助けや匿名口座と知りながら大口顧客の口座開設などを行った不祥事が金融庁に摘発され、拠点の認可取り消しなど、金融庁の厳しい行政処分が行われたと同時に同部門の閉鎖、全面撤退が行われた(シティバンク、エヌ・エイ在日支店に対する行政処分について)。その後これを受け関係者の処分を行ったほか、現在ではコンプライアンスの遵守の厳格化を積極的に行っている。シティグループ フレッシュアイペディアより)

90件中 41 - 50件表示

「シティグループ」のニューストピックワード