96件中 51 - 60件表示
  • シティグループ

    シティグループから見たユニバーサル ミュージック グループ

    EMI - 2011年2月にシティにより完全買収。その後、2013年にソニー陣営及び同業者の米ユニバーサル ミュージックにより事実上の分割買収が行われた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た野村信託銀行

    日興シティ信託銀行株式会社 - 野村信託銀行が買収の末、吸収合併。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たシティバンク銀行

    CJL合同会社(旧シティバンク銀行)シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たHSBC

    2011年には、プライベート・バンキングの業界誌プライベート・バンカー・インターナショナルにおいて、アジア・太平洋地域におけるプライベート・バンキング顧客預かり資産で、シティグループがUBSやHSBC等を抜きトップとなった。これら3つの金融機関は為替不正操作でニュースになっており、必ずしも競争関係にないとみられる。なおシティグループはICSDのセデルに匿名口座の開設を要求している。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た東京証券取引所

    その後は第二次世界大戦中の日米間の開戦による一時的な事業閉鎖を経て、1973年にはファースト・ナショナル・シティ・コーポレーション(ファースト・ナショナル・シチー)が東京証券取引所に株式上場するなど日本市場に根付いた事業展開を進めた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たアソシエイツ・ファースト・キャピタル

    シティグループはまた、消費者金融最大手のアソシエイツ・ファースト・キャピタル、メキシコ最大の銀行であるバナメックスを買収した。後者は特に、「大手金融機関が全て外資に奪われる」という危惧からメキシコ国内で大いに議論を呼び、バナメックスの支店に爆弾が置かれるという武力抗議まで見られた。2015年6月、バナメックスは資金洗浄に対する内部統制の甘さをめぐり米司法省に捜査されていたところ、銀行秘密法にふれる重大な違反行為のあった可能性が指摘された。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た日本

    現在、Global Consumer Group、Corporate and Investment Banking、Global Wealth Management、Citigroup Alternative Investmentsなど事業別のグループの傘下でアメリカをはじめ日本、ドイツ、インド、ロシア、ブラジル、イギリス、シンガポールなど世界100カ国以上で事業を展開し、法人向け銀行(シティバンク、バナメックスなど)やクレジットカード(ダイナースクラブなど複数のブランドで展開)、個人向金融事業シティファイナンシャル)、投資銀行、証券などの事業を行っている。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たニューヨーク州

    シティグループ()は、アメリカ合衆国ニューヨーク州のマンハッタンに本社を置く、金融に関する事業を行う企業を傘下とする持株会社である。ニューヨーク証券取引所上場企業()。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たマサチューセッツ工科大学

    シティコープとトラベラーズの合併当時、サンディ・ウェイルがトラベラーズ会長を務め、ジョン・リードがシティコープ会長を務めていた。2社の合併は、「銀行・保険のワンストップショッピングの実現」を意義に、ウェイルがリードに持ち掛けたものだったが、合併はやがてトラベラーズによるシティコープ買収の形となった。ディーラーとして金融機関を点々とした後M&Aを繰り返しトラベラーズを成長させたウェイル、従軍後マサチューセッツ工科大学に学びシティコープの経営に打ち込み続けてきたリードという、経営手法においてもキャリアパスにおいても全く異なる2人の経営者は、合併当初「共同CEO」として共に代表の座に就いたが、2年と経たないうちにリードがシティグループを去ることで袂を分かつことになる。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たスピンオフ

    トラベラーズ・グループは、シティコープとの合併当時では、CEOのサンフォード・ウェイル(通称サンディ・ウェイル、Sanford I. Weil)の下に金融複合企業体を形成していた。そのルーツはコントロール・データ・コーポレーションの金融子会社だったコマーシャル・クレジットである。業績不調だった同社をウェイルは自己資金700万ドルで買い取り、コストカットと経営改革の後に株式公開に成功した。その2年後、既に生命保険会社ALウィリアムズと証券会社スミス・バーニーの買収を通じてコングロマリットとなっていたプライメリカが、ウェイルにより買収された。新会社は商号に「プライメリカ」ブランドを引き継ぎ、傘下企業の種々の金融サービスを関連させて販売する「クロスセリング」戦略をとった。非金融部門はスピンオフされた。シティグループ フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「シティグループ」のニューストピックワード

  • トップも含め全職員が自動車産業全員の思いを背負う覚悟と自覚を

  • 両輪

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄 2020