96件中 81 - 90件表示
  • シティグループ

    シティグループから見た資金洗浄

    シティグループはまた、消費者金融最大手のアソシエイツ・ファースト・キャピタル、メキシコ最大の銀行であるバナメックスを買収した。後者は特に、「大手金融機関が全て外資に奪われる」という危惧からメキシコ国内で大いに議論を呼び、バナメックスの支店に爆弾が置かれるという武力抗議まで見られた。2015年6月、バナメックスは資金洗浄に対する内部統制の甘さをめぐり米司法省に捜査されていたところ、銀行秘密法にふれる重大な違反行為のあった可能性が指摘された。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た持株会社

    シティグループ()は、アメリカ合衆国ニューヨーク州のマンハッタンに本社を置く、金融に関する事業を行う企業を傘下とする持株会社である。ニューヨーク証券取引所上場企業()。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たアメリカ合衆国財務長官

    「共同CEO」の制度は、シティコープ側の合併了解を取り付けるためにウェイルが提案したものだったが、これは多くの報道機関やアナリストから非現実的であるとして非難された。前米国財務長官のロバート・ルービンが2社の仲介のため役員に招請されたが、社内の衝突の結果、リードが経営から追われることになった。同様に、3人の共同CEO(トラベラーズ出身のジェミー・ディモンとデリック・モーン、シティコープ出身のビクター・メネゼス)がコーポレート&インベストメントバンク担当、2人の共同CEOがコンシューマ・グループ担当となっていたが、これは「The Noah's ark school of management」と揶揄され、長続きしなかった。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たドイツ

    現在、Global Consumer Group、Corporate and Investment Banking、Global Wealth Management、Citigroup Alternative Investmentsなど事業別のグループの傘下でアメリカをはじめ日本、ドイツ、インド、ロシア、ブラジル、イギリス、シンガポールなど世界100カ国以上で事業を展開し、法人向け銀行(シティバンク、バナメックスなど)やクレジットカード(ダイナースクラブなど複数のブランドで展開)、個人向金融事業シティファイナンシャル)、投資銀行、証券などの事業を行っている。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た株式交換

    2007年8月に完全子会社のシティグループ・ジャパン・ホールディングスに日興コーディアルグループ株式を譲渡。株式を譲り受けたシティグループ・ジャパン・ホールディングスは、2008年1月30日に三角合併方式の株式交換を行い(日興株主に親会社のシティグループ株式を交付)、日興コーディアルグループを完全子会社化。同年5月1日付で日興コーディアルグループを吸収合併し、シティグループの日本国内事業を統括する持株会社「日興シティホールディングス」となった。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た最高経営責任者

    1970年代半ば、CEOのウォルター・リッスンのもと、ファーストナショナル・シティバンク及び持株会社のファーストナショナル・シティ・コーポレーションは、シティバンク、エヌ・エイ (Citibank, N.A.) 及びシティコープ (Citicorp) とそれぞれ商号を変更した。間もなく、シティバンクは「シティカード」を発行し、24時間営業ATMを世界で初めて運用開始した。業容の拡大は続き、クレジットカード会社のダイナースクラブを1981年に買収した。1984年にCEOに選出されたジョン・リードの下、シティバンクはその後14年間米国最大の銀行、世界最大のクレジットカード発行体となり、国際拠点網は90ヶ国に広がった。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たアメリカ合衆国

    シティグループ()は、アメリカ合衆国ニューヨーク州のマンハッタンに本社を置く、金融に関する事業を行う企業を傘下とする持株会社である。ニューヨーク証券取引所上場企業()。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た丸の内

    現在は、東京都千代田区の丸の内にある「新丸の内ビルディング」を拠点に、法人向け銀行、証券、投資銀行の各業務を展開している(個人向けは、2015年までに他社に売却や事業譲渡によって順次撤退)。2007年1月29日には、外資系金融機関として初めて日本で金融持株会社(シティグループ・ジャパン・ホールディングス)を設立すると発表した。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見た不動産

    1992年9月、不動産投資の損失に追い込まれていた保険会社トラベラーズ・インシュアランスは、プライメリカと戦略的提携を締結し、1993年12月に経営統合する運びとなった。統合により、商号はトラベラーズ・インク (Travelers Inc.) となり、損害保険・生命保険・年金業務までカバーするようになる。また、トラベラーズの象徴だった赤い傘のロゴマークがすべての事業に冠されるようになった。この間、トラベラーズはシェアソン・リーマン?リテール証券・資産運用会社で、ウェイルが1985年まで代表を務めていた?を買収、既に傘下に収めていた証券部門のスミス・バーニーと合併させた。さらに1997年11月、トラベラーズ・グループ(1995年4月に再改称)は、債券取引に強みを持つ大手投資銀行ソロモン・ブラザーズを90億ドルで買収した。シティグループ フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ

    シティグループから見たグラム・リーチ・ブライリー法

    シティコープとトラベラーズの合併は1998年に行われたが、この合併は非合法なものだった。というのも、グラス・スティーガル法(世界恐慌時に金融混乱を受けて制定された法律)の規制が残っており、銀行が保険会社と一体化することは禁じられていたためである。シティ/トラベラーズ顧問弁護団はグラス・スティーガル法を研究し、「(合併の許認可権を持つ)連邦準備制度理事会は、2年間の猶予期間に保険部門を売却することを条件に銀・保合併を認めることができる」という条項を発見した。CEOらはこの2年後の期限までに法律を「変える」ことができると考えた。結局1999年に法律は改正され、グラム・リーチ・ブライリー法の成立によりグラス・スティーガル法は無効となった。もっとも、皮肉なことに、シティグループはやがて自らその保険事業の大部分を売却することになる。『フォーチュン』誌2000年3月号には、「Reed: Reflections on a Culture Clash」との見出しが躍った。シティグループ フレッシュアイペディアより)

96件中 81 - 90件表示

「シティグループ」のニューストピックワード

  • トップも含め全職員が自動車産業全員の思いを背負う覚悟と自覚を

  • 両輪

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄 2020