前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
245件中 1 - 10件表示
  • ナニワトモアレ

    ナニワトモアレから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ゼンの乗るワンダーシビックは2台目である。1台目のワンダーは警察に没収された。ナニワトモアレ フレッシュアイペディアより)

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー

    日本カー・オブ・ザ・イヤーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    カー・オブ・ザ・イヤー:シビック/バラード(ホンダ)日本カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • ナット座ピッチ直径

    ナット座ピッチ直径から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    また、近年では採用される事が稀となったP.C.D.と穴数の組み合わせによっては、純正・アフターマーケット共に当時の適合ホイールが入手困難となり、スタッドレスタイヤ用の予備ホイールを用意する、スチールホイールをアルミホイールへ変更するといった事も困難となる為、ハブボルト付きのホイールスペーサーを用いてP.C.D.の変換が行われる事もある。日本車だとスバル(特に3代目以前のレオーネ、初代アルシオーネ)やトヨタ(特に初代スターレットを含むパブリカシリーズ、2代目以前のカローラ/スプリンターシリーズの各12インチホイール装着車)、ダイハツ(特にコンパーノ、コンソルテ、2代目以前のシャレード)、マツダ(特に初代サバンナRX-7、2代目以前のコスモ、3代目以前のルーチェ、FR(後輪駆動)時代のカペラ、FR時代のファミリア)、ホンダ(特にホンダ・1300シリーズ、初代シビック、初代アコード)、日野・コンテッサなどのごく一部の旧車種がその一例である。ナット座ピッチ直径 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋圭市

    土屋圭市から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    その後全日本ツーリングカー選手権(グループA)には初年度の1985年から参戦。トヨタ・カローラレビンやホンダ・シビックを駆った後、BMW・M3やフォード・シエラのようなトップグループのマシンで走るようになった。土屋圭市 フレッシュアイペディアより)

  • オーバーレブ!

    オーバーレブ!から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    搭乗車種:EF8 CR-X SiR → EG6 シビック SiR・EG6 シビック SiR(ノーマルルーフ仕様)オーバーレブ! フレッシュアイペディアより)

  • ハッチバック

    ハッチバックから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    狭義では「バックドア」を持つBセグメント以下のサイズの大衆車で、日本では機械式駐車場に駐車可能な高さである1,550mm未満の2ボックス型乗用車のことを指す。2ボックススタイルでも、BMC・Miniやホンダ・N360、初代ホンダ・ライフなどのように、トランクのみでバックドアを持たないサルーン(セダン)や、三菱・コルト800や初代シビック、初代パルサー、初代ヒュンダイ・ポニーなどのように、トランク付きセダンとハッチバックが全く同じシルエットの例もあるため、全高の低い大衆2ボックス車の全てがハッチバック車であるわけではない。ハッチバック フレッシュアイペディアより)

  • 走り屋

    走り屋から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1980年代後半の関東方面では車体価格が安くて後輪駆動である「ハチロク」(カローラレビンおよびスプリンタートレノのプラットフォームである「AE86型」の通称)やR30スカイラインが人気で、関西方面ではFFであるホンダのワンダーシビックやバラードCR-Xの人気が非常に高かったが、1990年代に入るとシルビアや180SX、R32形スカイラインなどの高性能なFR系日産車が彼らにとっての定番車となる。走り屋 フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業

    本田技研工業から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    生産品目:シビック(セダンのみ)、フィット、ヴェゼル、グレイス、シャトル本田技研工業 フレッシュアイペディアより)

  • 環状族

    環状族から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    一般車の多い環状線を高速で走るため、当然危険度も高く、全盛期には死亡事故が頻発しており、当時の交通事故死亡率上昇の一因となった。また、当時、環状族に多かったシビックの事故率が上昇した事で任意自動車保険料の高騰という現象も発生した。この現象を契機に、ホンダはアザーカーの登場するレースゲームへの自社の車両の許諾を行わなくなった。環状族 フレッシュアイペディアより)

  • 中村良夫 (自動車)

    中村良夫 (自動車)から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    このため1968年シーズンは好成績が期待されたが、実際には本田宗一郎が空冷エンジンを搭載したホンダ・RA302によるF1参戦をぶち上げたことのあおりを受けるなどの問題が重なり、結果は不振に終わる。またローラとの提携後もF1用のエンジンだけは日本の研究所で開発を行ってきたが、ホンダの小型四輪車として最初のヒット作となるシビックの開発へリソースを振り向ける為、同年限りで中村はF1からの撤退を決断した。中村良夫 (自動車) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
245件中 1 - 10件表示

「シビック」のニューストピックワード