245件中 101 - 110件表示
  • インターナビ

    インターナビから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    2011年11月 東日本大震災において本サービスのデータを提供し、被災地における移動支援活動として取り組んだ「通行実績情報マップ」が2011年度グッドデザイン大賞を受賞した。本田技研工業がグッドデザイン大賞を受賞するのは、1984年度のシビック3ドアハッチバック以来2度目。インターナビ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビッククーペ

    ホンダ・シビッククーペから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    シビックのクーペモデルとして5代目以降に設定されており、開発はホンダR&Dアメリカ(HRA)生産はホンダオブアメリカ(HAM)で行なわれている。1990年代初頭から中盤には、日本国内でも右ハンドル仕様正規で販売されていたが、現在は北米のみの販売となっている。ホンダ・シビッククーペ フレッシュアイペディアより)

  • オーヴァージョイド

    オーヴァージョイドから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ホンダ・シビックのテレビCMや、オンワード23区のテレビCMで使用されていたなど、日本での認知度は高く、小野リサや鈴木重子、石井聖子らがカバーしている。オーヴァージョイド フレッシュアイペディアより)

  • サックス・ア・ゴー・ゴー

    サックス・ア・ゴー・ゴーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    表題曲の「サックス・ア・ゴー・ゴー」は、日本でホンダ・シビックのCM曲として使用され、注目された。サックス・ア・ゴー・ゴー フレッシュアイペディアより)

  • 全日本FJ1300選手権

    全日本FJ1300選手権から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    エンジンはカテゴリー発足時から当時のファミリーカーの標準的なエンジンだった排気量1.3Lのエンジンが使用された。中でも日産のサニーやチェリーなどが一大勢力を築き、特に東名自動車(現・東名パワード)がチューニングを手掛けたA12型が優位に立っていた。他には無限のMF318(ホンダ・シビック用がベース)や三菱(コルト/ランサー)などが参戦していた。全日本FJ1300選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・インテグラタイプR

    ホンダ・インテグラタイプRから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    長年シビックで開催されてきたホンダ主催のワンメイクレースも、2002年より初代シビック・タイプRから当車種に変更され、2007年まで続いた(なお2008年からは3代目シビック・タイプRに変更)。ホンダ・インテグラタイプR フレッシュアイペディアより)

  • 生沢徹

    生沢徹から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1978年一杯でドライバーとしては第一線を退いた。ル・マン24時間レースには1979年、1980年、1981年にも参戦し、一時は日本人最多出場者だった。1980年代にはシビックレースや2輪クラシックレースに出場した。生沢徹 フレッシュアイペディアより)

  • 上原繁

    上原繁から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1990年、NSXを発売した後も、より走行性能を向上させたNSXタイプR、オープントップモデルでさらなるボディ補強を必要としたNSX タイプTなどのシリーズ展開の開発責任者を歴任。その後、四輪事業本部に転任し当時販売不振だったインテグラのマイナーチェンジ時の目玉となる、ハイスペックなスポーツグレードであるインテグラ タイプRの企画開発に従事した。NSXとインテグラで上原が企画したタイプRの仕様は、本人が手掛けなかったシビックやアコード(欧州のみ、日本ではユーロR)などにも施され、1990年代後半以降のホンダスポーツカーの基本仕様となった。上原繁 フレッシュアイペディアより)

  • 永田まり

    永田まりから見たシビックホンダ・シビック

    芸能界に入ってからは、レースクイーンなどで活動するかたわら、モータースポーツの国内A級ライセンスを取得。1990年代の前半には、カーレーサーとして日本各地の自動車レースに参戦した。1993年の「シビック鈴鹿レディースカップ」では、「全戦ポールツーウィンの完全試合を達成する」という快挙を成し遂げたことから、第6回中嶋悟賞を受賞。1994年には、日本の女性レーサーとしては初めて、フォーミュラ4シリーズに参戦している。永田まり フレッシュアイペディアより)

  • VTEC

    VTECから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1989年4月19日、インテグラに搭載されたB16A型エンジン(1.6L 直4 DOHC)に初めて採用された。1991年9月10日発表の5代目シビックには、SOHCエンジンにも搭載された。この際には2種類のVTECが設定され、ひとつは吸気バルブをDOHC VTECと同様に低回転、高回転で切り替える「VTEC」と、もうひとつは2つある吸気バルブのうち片側をほぼ休止し、リーンバーン運転をするVTEC-Eである。1995年9月4日発表の6代目シビックでは、2つを統合した3ステージVTECが搭載された。VTEC フレッシュアイペディアより)

245件中 101 - 110件表示

「シビック」のニューストピックワード