202件中 11 - 20件表示
  • 中村良夫 (自動車)

    中村良夫 (自動車)から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    このため1968年シーズンは好成績が期待されたが、実際には本田宗一郎が空冷エンジンを搭載したホンダ・RA302によるF1参戦をぶち上げたことのあおりを受けるなどの問題が重なり、結果は不振に終わる。またローラとの提携後もF1用のエンジンだけは日本の研究所で開発を行ってきたが、ホンダの小型四輪車として最初のヒット作となるシビックの開発へリソースを振り向ける為、同年限りで中村はF1からの撤退を決断した。中村良夫 (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・カローラFX

    トヨタ・カローラFXから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1984年10月 「2BOX上級生」のキャッチコピーでカローラの追加車種としてデビューしたが、本来はカローラのヨーロッパ、オセアニア輸出向けのメインモデルであり、当時の日本国内で同クラス車であるファミリアやホンダ・シビックなどの2BOXハッチバックの販売が好調だったことを受けて、その対抗モデルとして市場に投入された。初代と2代目のモデルには3ドアと5ドアハッチバックが設定されていたが、3代目は3ドアのみの展開となった。基本的には実用性重視の車ではあるが、スポーツグレード「GT」がイメージリーダーとなっていた。初代モデルのGTは、日本国産2ボックスとしては初のツインカムエンジン(4A-GE)搭載である。GTは、1980年代中後期の全日本ツーリングカー選手権にカローラレビンやスプリンタートレノと共に参戦し、主にシビックと激闘を繰り広げた。1986年の全日本ツーリングカー選手権において、仙台ハイランドレースウェイで行われたレースでFXが総合優勝を果たしている。トヨタ・カローラFX フレッシュアイペディアより)

  • 顔面スワップ

    顔面スワップから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    CR-XデルソルにEGシビックのフロントを装着。通称シビソル。顔面スワップ フレッシュアイペディアより)

  • 世界戦略車

    世界戦略車から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    シビック(全世界) - 9代目より欧州と北米・アジアは別ボディ、日本未販売世界戦略車 フレッシュアイペディアより)

  • ローバー・200

    ローバー・200から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    本質的に200シリーズはイギリス製のホンダ・バラードであり、元々の設計は両社の協力により行われた。エンジンはホンダ・シビック派生の Eシリーズ 'EV2' 71 PS (52 kW; 70 bhp) 1.3 L 12 バルブ エンジンかBL自社製の1.6 L Sシリーズ(S-Series)・エンジン(出力86 PS (63 kW; 85 bhp のキャブレター版か103 PS (76 kW; 102 bhp)のルーカス製EFI版)が搭載されていた。搭載されたエンジンによりRover 213又はRover 216というバッジが付けられた。ローバー・200 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダマチック

    ホンダマチックから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ホンダマチックには、フルオート式とセミオート式とが存在した。1970年代、ホンダは初代シビックのセミオート式ホンダマチックを「無段変速」と称して積極的に広告したため、現在も「ホンダマチック=セミオート式」との認識が根強く存在するが、前述のように、ホンダ独自の機構を持つ自動変速機がホンダマチックであり、必ずしも「ホンダマチック=セミオート式」ではない。ホンダマチック フレッシュアイペディアより)

  • ナット座ピッチ直径

    ナット座ピッチ直径から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ホンダ:フィット系、インサイト、シビック(タイプRを除く2代目?7代目)、インテグラ(5ナンバー車のタイプR以外)、プレリュード(AB/BA1.4.5.7)などナット座ピッチ直径 フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業のモータースポーツ

    本田技研工業のモータースポーツから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    世界ツーリングカー選手権にホンダ・シビックを投入する。2012年シーズン第10戦の日本ラウンドより参戦し、2013年からはフル参戦する。本田技研工業のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・ZC型エンジン

    ホンダ・ZC型エンジンから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ホンダ・S800の生産終了から14年ぶりに復活したDOHC 16バルブ クロスフロー エンジンである。動弁系以外の基本構造はEV型及びEW型を踏襲しており、回転方向は従来と同じ時計回りである。ボアストローク比はDOHCエンジンとしては異例のロングストローク型で、軽量コンパクトで中・低速域のトルクも高いことから、このエンジンを搭載したシビックなどが、モータースポーツ(JTC、N1耐久 等)で活躍した。ホンダ・ZC型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業

    本田技研工業から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    プリモ店(シビックをメインに、小型車、軽自動車を販売)本田技研工業 フレッシュアイペディアより)

202件中 11 - 20件表示

「シビック」のニューストピックワード