245件中 11 - 20件表示
  • 第19回スパイク・インターナショナル 日本アルペンラリー

    第19回スパイク・インターナショナル 日本アルペンラリーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    7 星野博/石田裕一 HONDA CIVIC第19回スパイク・インターナショナル 日本アルペンラリー フレッシュアイペディアより)

  • CVCC

    CVCCから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    当時世界一厳しく、パスすることは不可能とまで言われた米国のマスキー法という排気ガス規制法(1970年12月発効)の規制値を、最初にクリアしたエンジンである。その功績により「CIVIC CVCC」はSAE(米国自動車技術者協会)の月刊機関誌(AUTOMOTIVE ENGINEERING)上で20世紀優秀技術車(Best Engineered Car)の1970年代優秀技術車に選ばれた。当時社長であった本田宗一郎はCVCC開発の報を聞き大幅な売上が見込めると大喜びしたが「排気ガス問題を減らし、少しでも空気が綺麗になるように願って開発したものであって、社の売上に貢献するためではない」と開発陣からの主張を聞き、本田は反省した。CVCC フレッシュアイペディアより)

  • ローバー・グループ

    ローバー・グループから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1995: 新型ローバー・200、ローバー・400が発売。旧型とは全く異なる車となった。ローバー・400は、ホンダとの協業が1年以上前に終了しているにも関わらず、最新型のホンダ・シビックに手を入れた、高級志向バージョンであった。新型のMG・Fが発売。MGの名称が量産車に付けられたのは1980年以来のことである。ローバー・グループ フレッシュアイペディアより)

  • ローバー・200

    ローバー・200から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    本質的に200シリーズはイギリス製のホンダ・バラードであり、元々の設計は両社の協力により行われた。エンジンはホンダ・シビック派生の 'EV2' 71 PS (52 kW; 70 bhp) 1.3 L 12 バルブ エンジンかBL自社製の1.6 L Sシリーズ(S-Series)・エンジン(出力86 PS (63 kW; 85 bhp のキャブレター版か103 PS (76 kW; 102 bhp)のルーカス製EFI版)が搭載されていた。搭載されたエンジンによりRover 213又はRover 216というバッジが付けられた。ローバー・200 フレッシュアイペディアより)

  • 山野哲也

    山野哲也から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ジムカーナと並行して、1992年にホンダ・シティにてN1耐久にレースデビュー。その後シビックレースなどに参戦した後、1999年全日本GT選手権に参戦開始。参戦初年度よりチャンピオン争いの上位に加わる活躍を見せる。2004年にはGT300クラスにおいてM-TECから参戦し、ホンダ・NSXで自身初のチャンピオンを獲得。続く2005年は新たにSUPER GTと改称されたシーズンとなったが、そこで異なるチーム(チームレクリス)とマシン(トヨタ・MR-S)で、2年連続チャンピオンを獲得した(同一ドライバーによる異車種・異チームでのチャンピオンは初)。山野哲也 フレッシュアイペディアより)

  • ローライダー

    ローライダーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    カスタムのベースとなる車両は非常にバラエティーに富んでおり、パッセンジャーカー、スポーツカー、ピックアップトラック、SUVなど多岐にわたる。しかし日本においてベースとなり得るのはあくまでアメリカ国内で正規に販売されている車両である(シボレー・インパラやキャディラック・デビル、キャディラック・ブロアム、シボレー・カプリス、日産・セントラ、スズキ・サムライ、ホンダ・シビック、日産・ハードボディ、ホンダ・アコード、ジオ・トラッカーなど)。ローライダー フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビックハイブリッド

    ホンダ・シビックハイブリッドから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    初代は3代目シビックフェリオ(シビック全体としては7代目)、2代目は8代目シビックをベースにしたガソリンと電気のハイブリッドカーである。初代はインサイトに搭載した独自のハイブリッドシステム「Honda IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)システム」を高効率化させた「新Honda IMAシステム」を搭載し、2代目はその発展版である「3ステージi-VTEC + IMA」を搭載している。ホンダ・シビックハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・コンチェルト

    ホンダ・コンチェルトから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1980年代ホンダが技術提携していた、英国のオースチン・ローバー・グループ(ARG、後のローバー)と共同開発した車種で、シビックとアコードの間の車格という位置付け(1980年に発売され1985年に販売を終えたクイントも同じ位置付けだった)の車種であったが、ヨーロピアンスタイルの性格が色濃く出ているクラスレス車であった。当時3つあった販売チャネルの一つクリオ店で取り扱っていた。ホンダ・コンチェルト フレッシュアイペディアより)

  • クリエイティブ・ムーバー

    クリエイティブ・ムーバーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1994年10月20日、既存の前輪駆動乗用車(アコードの主要コンポーネンツ + シビックの部品)をベースに多人数乗車が可能なミニバンに仕立てた、「オデッセイ」の発表を皮切りに、遅まきながらRV市場への参入を果たした。クリエイティブ・ムーバー フレッシュアイペディアより)

  • レーシングラグーン

    レーシングラグーンから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    BLRのムードメーカー的な存在で、語尾に「?じゃんか」をつけて話す生粋の横浜市民。2月14日生まれ、18歳、血液型AB型。搭乗車種は、廃車同然のポンコツを自ら修理したCVC1600(SiR)。ボディカラーは、ホンダ車専門のチューニングメーカー・SPOONの競技車両を思わせるライトブルー/イエローのツートン。レーシングラグーン フレッシュアイペディアより)

245件中 11 - 20件表示

「シビック」のニューストピックワード