202件中 21 - 30件表示
  • ホンダ・フィット

    ホンダ・フィットから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    このプラットフォームは、のちにモビリオ、モビリオスパイク、フィットアリア、エアウェイブそして、欧州向け3代目シビック(3ドアおよび5ドアハッチバック)にも用いられている。ホンダ・フィット フレッシュアイペディアより)

  • CVCC

    CVCCから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    当時世界一厳しく、パスすることは不可能とまで言われた米国のマスキー法という排気ガス規制法(1970年12月発効)の規制値を、最初にクリアしたエンジンである。その功績により「CIVIC CVCC」はSAE(米国自動車技術者協会)の月刊機関誌(AUTOMOTIVE ENGINEERING)上で20世紀優秀技術車(Best Engineered Car)の1970年代優秀技術車に選ばれた。当時社長であった本田宗一郎はCVCC開発の報を聞き大幅な売上が見込めると大喜びしたが「排気ガス問題を減らし、少しでも空気が綺麗になるように願って開発したものであって、社の売上に貢献するためではない」と開発陣からの主張を聞き、本田は反省した。CVCC フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・コンチェルト

    ホンダ・コンチェルトから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1980年代ホンダが技術提携していた、英国のオースチン・ローバー・グループ(ARG、後のローバー)と共同開発した車種で、シビックとアコードの間の車格という位置付けの車種であったが、ヨーロピアンスタイルの性格が色濃く出ているクラスレス車であった。当時3つあった販売チャネルの一つクリオ店で取り扱っていた。ホンダ・コンチェルト フレッシュアイペディアより)

  • セダン

    セダンから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    初代ホンダ・シビックや2代目ホンダ・トゥデイのように、同世代にトランクリッドを持つものとハッチバックをもつものの両方が存在する例もある。セダン フレッシュアイペディアより)

  • アキュラ

    アキュラから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    アメリカにおけるホンダの歴史は、1959年、ロサンゼルスに販売会社・アメリカンホンダモーター(American Honda Motor)が設立されたことに始まる。小型バイク、スーパーカブを始めとする二輪車の販売で成功したホンダは、1973年の第一次石油危機に際して、低燃費の小型車・シビックによりアメリカ自動車市場への進出に成功した。1982年にはオハイオ州メアリーズビルの自社工場において、乗用車・アコードの生産を開始したが、これは、日本の自動車会社として初めてのアメリカ現地生産であった。アキュラ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビックハイブリッド

    ホンダ・シビックハイブリッドから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    初代は3代目シビックフェリオ、2代目は8代目シビックをベースにしたガソリンと電気のハイブリッドカーである。初代はインサイトに搭載した独自のハイブリッドシステム「Honda IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)システム」を高効率化させた「新Honda IMAシステム」を搭載し、2代目はその発展版である「3ステージi-VTEC + IMA」を搭載している。ホンダ・シビックハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • 第19回スパイク・インターナショナル 日本アルペンラリー

    第19回スパイク・インターナショナル 日本アルペンラリーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    7 星野博/石田裕一 HONDA CIVIC第19回スパイク・インターナショナル 日本アルペンラリー フレッシュアイペディアより)

  • ローバー・400

    ローバー・400から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    基本的な車台はEF型シビックの流用で、各部補強を行ったものとされる。サスペンションに関しては、ローバー独自のストラット形式が採用されていた。ローバー・400 フレッシュアイペディアより)

  • CIVIC

    CIVICから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    CIVIC フレッシュアイペディアより)

  • Civic

    Civicから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    Civic フレッシュアイペディアより)

202件中 21 - 30件表示