245件中 41 - 50件表示
  • チームオメガ

    チームオメガから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    2007年より積極的に活動を始め、年頭より各イベントに参加。3月の富士スピードウェイでのタイムマシンフェスティバルから、メンテナンスをチーム在籍地と同じ静岡市内の(有)ミューズアールで行う。2007年9月、アイドラーズミィーティング参戦、同年10月ヒストリックオートモビルフェスティバルに参加(ヒストリックカー3台を走らせる)。11月に筑波サーキットグランドナショナルレースにホンダ・シビックで参戦。チームオメガ フレッシュアイペディアより)

  • アウトビアンキ・A111

    アウトビアンキ・A111から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    プリムラがフィアット・128の発売前の市場調査的な性格を担って登場したことを考えれば、A111はフィアット・124の前輪駆動化のための観測気球であったとも考えられるが、実際に124の後継車となったフィアット・131は後輪駆動車で、フィアットがこのクラスの乗用車を前輪駆動とするのは1983年に登場したレガータからである。A111に続くアウトビアンキ車にもフィアット車の中にも車格や機構的にA111の直接的な後継車となるものはなく、A111は僅か3年後の1972年に累計生産台数56,984台をもって消滅した。エンジンやトランスミッション、ボディスタイルは発売から生産中止までずっと一種類のみであった。 当時、英国に駐在していた本田技研工業の木澤博司がA111を購入し日本に持ち帰り、初代シビックの開発の参考にしたことが知られている。アウトビアンキ・A111 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・葉風

    マツダ・葉風から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    左右ドアの前側には風紋に似た凹凸がデザインされている。後部ルーフは取り外しが可能でオープンスタイルが楽しめる構造になっている。リアシートはフロントシートの下に収納される構造になっており、広い荷室空間を実現した。ドアはAピラー根元を中心に回転するガルウイング。リアゲートはEG系シビックのような上下2分割タイプとなる。エンジンはマツダスピードアクセラなどに搭載されている2.3L DISIターボのほかディーゼルエンジンも考えられている。6ATが組み合わせられ、4WDである。マツダ・葉風 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・EV Plus

    ホンダ・EV Plusから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1994年 - シビックベースのCUV-4プロトタイプによりカリフォルニア実走行テスト開始ホンダ・EV Plus フレッシュアイペディアより)

  • シビック

    シビックから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    シビック フレッシュアイペディアより)

  • 土浦自動車学校

    土浦自動車学校から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    普通自動車第一種・第二種 - ホンダ・シビック、トヨタ・プリウス、BMW・318i、ホンダ・ステップワゴン、ホンダ・CR-V、ホンダ・ストリーム、ホンダ・オデッセイ土浦自動車学校 フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉信弥

    岩倉信弥から見たシビックホンダ・シビック

    1939年、和歌山県和歌山市生まれ。多摩美術大学の美術学部に進み、図案科立体デザイン専攻する。1964年に卒業後、本田技研工業に入社。本田宗一郎に見出され、ホンダ車を多くデザインした。岩倉が担当した主な代表例として、初代シビック、アコード、オデッセイなどが挙げられる。岩倉信弥 フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉信弥

    岩倉信弥から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ホンダ・シビック(初代、3代目)岩倉信弥 フレッシュアイペディアより)

  • 萌えろDownhill Night -峠最速伝説-

    萌えろDownhill Night -峠最速伝説-から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    HONDA・EG6 Civic 薄い紫。「薄刃陽炎」のステッカーがリアウィンドウに貼られている。ムービーは用意されていない。萌えろDownhill Night -峠最速伝説- フレッシュアイペディアより)

  • フルサイズ

    フルサイズから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    かつてはシボレー・カプリス、インパラ、フォード・クラウンビクトリアなどのフルサイズ・モデルが全米の乗用車最多販売車種であったが、2000年代にはシボレー・マリブ、トヨタ・カムリ、ホンダ・シビックなどコンパクト(1970年代以前のフルサイズと比較して)な車が最多販売車種となっている。しかし、乗用車に限定せず総合の売り上げで見た場合は、依然としてフルサイズ・ピックアップトラックのフォード・Fシリーズやシボレー・シルバラードが全米で最も売れている車種である。フルサイズ フレッシュアイペディアより)

245件中 41 - 50件表示

「シビック」のニューストピックワード