245件中 51 - 60件表示
  • 安藤隆

    安藤隆から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    大阪府に生まれるも、間もなくして愛知県に移る。立教大学卒業後の1968年に広告代理店「三有社」に入社。その後しばらくして1973年に、現在まで勤務するサン・アドに入社。当時サン・アドの主要クライアントであったホンダが発売したシビックの「クリーン・エイジ1974」でTCC新人賞を受賞する。安藤隆 フレッシュアイペディアより)

  • プリモ店

    プリモ店から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1985年に旧・「ホンダ店」が、プリモ店とクリオ店に分割して設立された。小型車のシビックや軽自動車(ライフやバモスなど)を専売車種としていた。1986年まではシティ、1989年まではアコードも取り扱っていて、後にこの2台はクリオ店専売車種になった。プリモ店 フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・ネオン

    クライスラー・ネオンから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    価格は本国でエアコン無しのベースモデルが9000ドルを切っていたため、当時日本のマスメディアでは盛んに「日本車キラー」と報道されたが、実際は足回りやトランクルーム内側の塗装を省略し、ドアをサッシュレスウインドウ化、後席のパワーウインドウも設定が無いなど、当時の日本車には見られない極端なコストダウンが行われており、品質や質感はトヨタ・カローラ、日産・セントラ、ホンダ・シビックに遠く及ばなかった。それだけ廉価車として割り切って企画され、生産段階でもそれを敢行した、と言う事である。クライスラー・ネオン フレッシュアイペディアより)

  • フェイスリフト (車両チューニング)

    フェイスリフト (車両チューニング)から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    発祥地ではDC2インテグラやEG6シビックといったホンダのスポコンがモディファイベースとして人気があった。これらのオリジナルヘッドランプは丸形4灯や横長の異形であり、大幅に雰囲気を変えるため、ZZT231セリカやS2000など、ヘッドランプが縦長で近未来的なイメージを与えるものが多く選ばれた。リトラクタブル・ヘッドライトの車種では駆動のためのモーターユニットも不要となり、軽量化につながる。フェイスリフト (車両チューニング) フレッシュアイペディアより)

  • フィアット・128

    フィアット・128から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    何よりも、ジアコーザ発案の直列式横置きエンジン前輪駆動が、世界の前輪駆動車の大勢を占めることになった史実は大変に意義深いものである。1972年のホンダ・シビック、1974年のフォルクスワーゲン・ゴルフなどが先駆例であるが、その後世界各国に出現した横置きエンジン方式の前輪駆動車のほとんどが、「128」で確立された方式を踏襲しているのである。フィアット・128 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・パートナー

    ホンダ・パートナーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1996年3月15日 - 4代目シビックを母体としていたシビックシャトルのライトバン仕様のシビックプロの後継車として、ステーションワゴンであるオルティアの内外装装備を簡略化し、貨物自動車登録としたモデルとして発売した。商用車に珍しく、4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用していた。ホンダ・パートナー フレッシュアイペディアより)

  • 環状族

    環状族から見たシビックホンダ・シビック

    使用される車はホンダ・シビックが多い。特に全盛期にはワンダーシビック(3代目モデル)とグランドシビック(4代目モデル)が圧倒的な人気を誇り、現在でも関西地方の中古車販売店では、「環状仕様」に改造されたシビックを見ることができる。その他にも、CR-X、インテグラ、カローラレビン、スターレットなど、小?中排気量クラスのスポーツモデルに人気が集中していた。これらはレースカーさながらのチューニングや、派手なカラーリングを施されていることが多い。もちろん他の違法競走型暴走族に好まれる日産・スカイラインやトヨタ・スープラ、トヨタ・スプリンタートレノ・AE111などの高性能スポーツカーも用いられる。シビック系は、「直管マフラー・車高調・ロールケージ」のサーキット仕様に改造するのが定番であった。環状族 フレッシュアイペディアより)

  • ローバー・400

    ローバー・400から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    当時提携関係にあった日本の本田技研工業との共同開発車であり、シャシなどの多くをホンダ・コンチェルト(初代)または6代目欧州向けシビック(2代目)と共有していた。ローバー・400 フレッシュアイペディアより)

  • トラックス

    トラックスから見たシビックホンダ・シビック

    クレーンを搭載している。排気ガスを大量に放出するためシビックがマスキー法基準をクリアする前の車両と思われる。運転手の安否は不明。トラックス フレッシュアイペディアより)

  • 1988年日本グランプリ (4輪)

    1988年日本グランプリ (4輪)から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    この年初めてF3とシビックチャレンジカップがサポートレースとして行われ、佐藤浩二と清水和夫がそれぞれ優勝した。なおF3には、4年後の日本グランプリでF1にステップアップする服部尚貴や、インディカーで活躍したヒロ松下も参戦していた。1988年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

245件中 51 - 60件表示

「シビック」のニューストピックワード