202件中 51 - 60件表示
  • ホンダ・シビックカントリー

    ホンダ・シビックカントリーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    本田技研工業が初めて販売したステーションワゴンで、シビックバンと車体を共用し、1980年1月22日に発表された。2代目シビック(通称スーパーシビック)の派生車種であり、テールゲートとボディサイドに木目調パネル(ボディサイドはオプション)、ステーを延長して大型化した専用のリア・バンパーを装備していた。ホンダ・シビックカントリー フレッシュアイペディアより)

  • 村松栄紀

    村松栄紀から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    全日本ツーリングカー選手権・DIVISION 3(IDEMITSU RACING TEAM with Footwork FORMULA #100 出光 MOTION シビック/EF3 ZC BS)(第5戦 優勝)村松栄紀 フレッシュアイペディアより)

  • D1ストリートリーガル

    D1ストリートリーガルから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    2006年度、セキアヒルズDECサーキットにおいてD1グランプリ、D1ストリートリーガル共に開催史上初となるFF車・ホンダ・シビック(EG6)が吉村琢也選手によって本戦出場を果たしている(出場カテゴリーはD1ストリートリーガル)。D1ストリートリーガル フレッシュアイペディアより)

  • プローバ

    プローバから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    現在でこそ表向きはスバル車専門チューナー/パーツメーカーであるが、1980年代後半?1990年代にかけては、グループA時代の全日本ツーリングカー選手権、N1耐久レースシリーズ(現・スーパー耐久)などにおいて、フォード・シエラ、日産・スカイラインGT-R(R32/R33型)、三菱・ミラージュ、ホンダ・シビック/インテグラなど様々な車両で、木下隆之、清水和夫、原貴彦、桂伸一、佐藤久実、吉田寿博らを擁してレースでの活動を中心にしていた経緯がある。それらに対してこの時期のスバル車でのレース自体は1989年、1990年のレガシィ(BC5型)での複数回の参戦のみしか確認できていないが、これらの車両に元富士重工業車両実験部、現スバルテクニカインターナショナル車両実験部長(2008年)で、スバルの”トップガン”と呼ばれる辰巳英治がドライバーとして参加していた事実はあまり知られていない。しかしこの事が一部のスバル車フリークには「プローバ=スバルワークス・チーム」との認識を与えているのも事実である。プローバ フレッシュアイペディアより)

  • しまだりら

    しまだりらから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    富士・筑波INTERワンメークレースドライバー (車種:ホンダ・シビックしまだりら フレッシュアイペディアより)

  • 月の輪自動車教習所

    月の輪自動車教習所から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    普通自動車第一種 - ホンダ・アコード(MT・AT)、ホンダ・CR-V(MT・AT)、ホンダ・ステップワゴン(AT)、ホンダ・シビック(AT)、マツダ・アクセラ(AT)月の輪自動車教習所 フレッシュアイペディアより)

  • 山野哲也

    山野哲也から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ジムカーナと並行して、1992年にホンダ・シティにてN1耐久にレースデビュー。その後シビックレースなどに参戦した後、1999年全日本GT選手権に参戦開始。参戦初年度よりチャンピオン争いの上位に加わる活躍を見せる。2004年にはGT300クラスにおいてM-TECから参戦し、ホンダ・NSXで自身初のチャンピオンを獲得。続く2005年は新たにSUPER GTと改称されたシーズンとなったが、そこで異なるチーム(チームレクリス)とマシン(トヨタ・MR-S)で、2年連続チャンピオンを獲得した(同一ドライバーによる異車種・異チームでのチャンピオンは初)。山野哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾中油

    台湾中油から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    日本での知名度は低いが、かつてスーパー耐久シリーズに台湾人ドライバー(と日本人ドライバーとのコンビ)がホンダ・シビックTypeRで参戦した際にはメインスポンサーを務めたことがある(この車両がスケールモデル化されたこともある)。台湾中油 フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・ダルファー

    ハンス・ダルファーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    日本では1990年代半ばに、"Hyper Beat!" がトヨタ・RAV4のCMソングに、あるいは"Mickey Mouth"(いわゆるミッキーマウス (="Mickey Mouse") とはスペルが異なる)をはじめとするアルバム "Big Boy" の各曲がテレビの『セリエAダイジェスト』(フジテレビ)のテーマ曲及びBGMに用いられ、広く知られるようになる。ちなみに、娘のキャンディは同時期にホンダ・シビックのCMソングを手がけており、親娘で同時期に別々の日本車のCMソングを手がけていたと言うことになる。ハンス・ダルファー フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビッククーペ

    ホンダ・シビッククーペから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    シビックのクーペモデルとして5代目以降に設定されており、開発はホンダR&Dアメリカ(HRA)生産はホンダオブアメリカ(HAM)で行なわれている。一時、日本国内でも正規販売(右ハンドル仕様だった)されていたが、現在は北米のみの販売となっている。ホンダ・シビッククーペ フレッシュアイペディアより)

202件中 51 - 60件表示

「シビック」のニューストピックワード