202件中 61 - 70件表示
  • ホンダ・インテグラSJ

    ホンダ・インテグラSJから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    トランスミッションは、CVT(LXi,VXi)、4速AT(EXi)、5速MTの3種だが、CVTはシビックに搭載された初期型に対し、改良がされている。ホンダ・インテグラSJ フレッシュアイペディアより)

  • 木澤博司

    木澤博司から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    本田技研工業の開発部門である本田技術研究所の元専務。日本大学工学部卒。ホンダ四輪の草創期からのメンバーで、シビックの開発責任者としても知られる。その後もアコードなどの基幹車種に携わり、今日のホンダの経営に貢献した。木澤博司 フレッシュアイペディアより)

  • 富士チャンピオンレース

    富士チャンピオンレースから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    AE86・AE92・AE101型レビン、トレノ、もしくはEG6型シビックによるクラス。富士チャンピオンレース フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ松下

    ヒロ松下から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    モトクロスやシビック・ワンメイクレースなどを経て、1986年にアメリカに渡り、フォーミュラ・フォード、IMSA GTP、フォーミュラ・アトランティック(現在のアトランティック・チャンピオンシップ)、ARSなどに参戦する。1989年にフォーミュラ・アトランティックでチャンピオンを獲得し、1990年よりトップカテゴリーのCART(後のチャンプカー・ワールド・シリーズ)に参戦した。インディ500に参戦した初の日本人ドライバーで、過去最高位は6位入賞(1994年)。ヒロ松下 フレッシュアイペディアより)

  • オーヴァージョイド

    オーヴァージョイドから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ホンダ・シビックのテレビCMや、オンワード23区のテレビCMで使用されていたなど、日本での認知度は高く、小野リサや鈴木重子、石井聖子らがカバーしている。オーヴァージョイド フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・D型エンジン

    ホンダ・D型エンジンから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    従来のER型, EV型及びEW型の後継エンジンにあたる、SOHC 16バルブ エンジンである。4代目シビック発売当時には「HYPER 16VALVE ENGINE」と呼ばれていた。ホンダ・D型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • Level-R

    Level-Rから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1991年式 シビックVTi(EG6)Level-R フレッシュアイペディアより)

  • 軽井沢シンドローム

    軽井沢シンドロームから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    耕平たちの溜まり場で、薫の家の近くにある喫茶店「ら・くか」のマスター。パイプがトレードマーク。愛車は二郎の店から購入したホンダ・シビック1500CX。人のいい男だが女に縁がない。薫にホレるが何も進展ないまま、見合いで弥子と結婚する。実家も新宿で喫茶店をやっている。軽井沢シンドローム フレッシュアイペディアより)

  • 東風汽車

    東風汽車から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    東風本田汽車 - 本田技研工業との合弁。CR-V (2代目?)、シビック (8代目?)(思域)、スピリア (8代目アコード)(思?睿)東風汽車 フレッシュアイペディアより)

  • ビデオオプション

    ビデオオプションから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1998年、日本自動車研究所の谷田部高速周回路にて改造を施されたシビックで最高速アタックが行われていた際に、OPTION2編集長であるマサ・サイトーこと、斎藤政夫編集長が急逝する事故が起きてしまった。これにより暫く最高速に関わる企画を自主規制する事になった。しかし、稲田大二郎がBLITZ・R-348プロジェクトを始める際「公道で最高速アタックをするのはOPTIONの特権だ」と言い放った事から、再開された。その後、オーバルでの企画再開があったのだが、当時OPTION本誌編集長であった「フユ編」は、かつて仲間を失った企画を掲載するか否かに真剣に迷ったとの事。ビデオオプション フレッシュアイペディアより)

202件中 61 - 70件表示

「シビック」のニューストピックワード