245件中 71 - 80件表示
  • 全日本ツーリングカー選手権 (1985年-1993年)

    全日本ツーリングカー選手権 (1985年-1993年)から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    シーズン途中からはホンダAT型シビックSi (Div.1)が参戦。最終戦の国際格式レース、インターTECにはETC王者のボルボ240ターボが来日、圧倒的強さで1-2フィニッシュを達成した。また欧州で活躍していたMA64スープラ・三菱スタリオン(共にDiv.3)も凱旋来日した。全日本ツーリングカー選手権 (1985年-1993年) フレッシュアイペディアより)

  • アキュラ・CSX

    アキュラ・CSXから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    アキュラ・ELに代わりカナダ専売車種として、8代目ホンダ・シビックをベースにした車両である。アキュラ・CSX フレッシュアイペディアより)

  • 岸本知弘

    岸本知弘から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    最初に所有した自動車はcivic EK型VTi。初年度で4万キロを走破し、最終走行距離は30万キロを優に超えた。岸本知弘 フレッシュアイペディアより)

  • INTRAC

    INTRACから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1988年6月15日に発表された初代コンチェルトに初めて搭載され、その後3代目シビックセダンや2代目シビックシャトルにも順次採用された。INTRAC フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・グローバルミッドサイズプラットフォーム

    ホンダ・グローバルミッドサイズプラットフォームから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    シビック(セダン)(8代目・9代目)ホンダ・グローバルミッドサイズプラットフォーム フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビックバン

    ホンダ・シビックバンから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    L700/800販売終了後、6年間のブランクを経て1974年11月に発表されたライトバンである。初代シビックの派生車種で、ホンダ初の5ドアライトバンでもある。初代は1.5L 直列4気筒 SOHC、2代目は1.3L 直列4気筒 SOHCエンジンを積み、最大積載量は400kg(2名乗車時)であった。ベース車種のシビックにはCVCCエンジンが搭載されている中、当初は通常エンジンのみであったが、2代目のマイナーチェンジにCVCC-IIエンジン搭載車が追加された。ホンダ・シビックバン フレッシュアイペディアより)

  • あなたの人生お運びします!

    あなたの人生お運びします!から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    この作品からホンダがスポンサーになったが、時代設定が現在よりもラインナップが少ない昭和40 - 50年代だったため、他社車両も登場していた。特に引越会社が舞台のためトラックは2代目のトヨタ・トヨエースや、初代 - 3代目のいすゞ・エルフが使われた。ちなみに作中登場する会社のCMが流れるというシーンではそのCMの前にスーパーシビックの実際のCMが流れた。あなたの人生お運びします! フレッシュアイペディアより)

  • 松本玲二

    松本玲二から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    2008年岡山から車体(シビック&インテグラ)をマジョーラカラーに変更。松本玲二 フレッシュアイペディアより)

  • 井入宏之

    井入宏之から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1991年 - シビックワンメークレース鈴鹿フレッシュマントロフィーシリーズ井入宏之 フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・ダルファー

    ハンス・ダルファーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    日本では1990年代半ばに、"Hyper Beat!" がトヨタ・RAV4のCMソングに、あるいは"Mickey Mouth"(いわゆるミッキーマウス (="Mickey Mouse") とはスペルが異なる)をはじめとするアルバム "Big Boy" の各曲がテレビの『セリエAダイジェスト』(フジテレビ)のテーマ曲及びBGMに用いられ、広く知られるようになる。ちなみに、娘のキャンディは同時期にホンダ・シビックのCMソングを手がけており、親娘で同時期に別々の日本車のCMソングを手がけていたと言うことになる。ハンス・ダルファー フレッシュアイペディアより)

245件中 71 - 80件表示

「シビック」のニューストピックワード