245件中 81 - 90件表示
  • 金石勝智

    金石勝智から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    全日本ツーリングカー選手権・クラス3(JACCS with MOONCRAFT #14 JACCS-CIVIC/シビック EF9)(シリーズ2位・1勝)金石勝智 フレッシュアイペディアより)

  • プローバ

    プローバから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    現在でこそ表向きはスバル車専門チューナー/パーツメーカーであるが、1980年代後半?1990年代にかけては、グループA時代の全日本ツーリングカー選手権、N1耐久レースシリーズ(現・スーパー耐久)などにおいて、フォード・シエラ、日産・スカイラインGT-R(R32/R33型)、三菱・ミラージュ、ホンダ・シビック/インテグラなど様々な車両で、木下隆之、清水和夫、原貴彦、桂伸一、佐藤久実、吉田寿博らを擁してレースでの活動を中心にしていた経緯がある。それらに対してこの時期のスバル車でのレース自体は1989年、1990年のレガシィ(BC5型)での複数回の参戦のみしか確認できていないが、これらの車両に元富士重工業車両実験部、現スバルテクニカインターナショナル車両実験部長(2008年)で、スバルの”トップガン”と呼ばれる辰巳英治がドライバーとして参加していた事実はあまり知られていない。しかしこの事が一部のスバル車フリークには「プローバ=スバルワークス・チーム」との認識を与えているのも事実である。プローバ フレッシュアイペディアより)

  • 木澤博司

    木澤博司から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    本田技研工業の開発部門である本田技術研究所の元専務。日本大学工学部卒。ホンダ四輪の草創期からのメンバーで、シビックの開発責任者としても知られる。その後もアコードなどの基幹車種に携わり、今日のホンダの経営に貢献した。木澤博司 フレッシュアイペディアより)

  • トライアンフ・モーター・カンパニー

    トライアンフ・モーター・カンパニーから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    トライアンフとしての最後のモデルはアクレイムであった。これは1981年に投入されたが、ホンダのバラードをオックスフォードのカウリーに所在する元モーリスの工場でライセンス生産した物であった。1984年に新型シビック/バラードがローバー・200として生産されることとなり、トライアンフの名は消滅した。ブリティッシュ・レイランドの自動車部門もオースチン・ローバー・グループと名乗ることとなり、モーリスの名もトライアンフ同様消滅した。トライアンフ・モーター・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • サポートレース

    サポートレースから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    シビックインターカップ、インテグラインターカップサポートレース フレッシュアイペディアより)

  • ビデオオプション

    ビデオオプションから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    1998年、日本自動車研究所の谷田部高速周回路にて改造を施されたシビックで最高速アタックが行われていた際に、OPTION2編集長であるマサ・サイトーこと、斎藤政夫編集長が急逝する事故が起きてしまった。これにより暫く最高速に関わる企画を自主規制する事になった。しかし、稲田大二郎がBLITZ・R-348プロジェクトを始める際「公道で最高速アタックをするのはOPTIONの特権だ」と言い放った事から、再開された。その後、オーバルでの企画再開があったのだが、当時OPTION本誌編集長であった「フユ編」は、かつて仲間を失った企画を掲載するか否かに真剣に迷ったとの事。ビデオオプション フレッシュアイペディアより)

  • i-VTEC

    i-VTECから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    2005年9月28日には8代目シビックに、低負荷時に2個のうち1個の吸気バルブを遅閉じするミラーサイクルとなる、可変吸気量i-VTECを採用したR18A型(直4 SOHC 1.8L)が搭載された。i-VTEC フレッシュアイペディアより)

  • アキュラ・EL

    アキュラ・ELから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    シビックよりもスポーティーで高級な仕様として1996年に導入。アキュラ・EL フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の世界ツーリングカー選手権

    2015年の世界ツーリングカー選手権から見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    ニカ・レーシングはTC1仕様のホンダ・シビック WTCCでシリーズに参戦する。2015年の世界ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • カレン・シルクウッド

    カレン・シルクウッドから見たホンダ・シビックホンダ・シビック

    また捜査官たちは、カレンの車の後部に損傷を確認したが、彼女の友人と家族によれば、事故の前にはその損傷はなかったという。衝突は、完全な前部衝突であったはずであり、そうなると彼女の車の後部の損傷は説明がつかないことになる。カレンの車の微視的な検査は、後部からの別の車の衝突に由来する可能性のある、塗料の破片の存在を明らかにした。カレンの家族は、彼らが知る限りでは、カレンは他の車と、どのような事故も、あるいは小事故も以前に起こしたことはなく、運転していた1974年製ホンダ・シビックは中古車として購入されたものではないと主張した。さらに、この車については、以前に、いかなる保険金請求もなされたことはなかった。カレン・シルクウッド フレッシュアイペディアより)

245件中 81 - 90件表示

「シビック」のニューストピックワード