シャビ・アロンソ ニュース&Wiki etc.

シャビエル・アロンソ・オラーノ (Xabier Alonso Olano, 1981年11月25日 - ) は、スペイン、バスク州トロサ出身の同国代表サッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはMFで、ピボーテの位置を得意とする。 (出典:Wikipedia)

「シャビ・アロンソ」Q&A

  • Q&A

    wccfについて質問です! 現在スペイン縛りでチームを作っているのですが、下記のメン…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月22日 00:37

  • Q&A

    シャビ・アロンソがそろそろ引退するようですが、彼の全盛期はいつ頃だったと思いますか。…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月19日 04:29

  • Q&A

    バイエルンの今のメンバー 不安じゃないですか? CB……ボアテングが怪我で3月まで…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年1月14日 18:49

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「シャビ・アロンソ」のつながり調べ

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たシャビ・アロンソ

    2009年6月14日に会長選が行われる予定だったが、元会長のフロレンティーノ・ペレス以外の候補者が出馬条件を満たせなかったため、同年6月1日付でペレスが会長に返り咲いた。マヌエル・ペジェグリーニが監督に就任し、同年夏の移籍市場ではカカ、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソらを獲得したほか、ミチェル・サルガド、アリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらを放出した。しかし、2009-10シーズンは4季ぶりとなる無冠に終わり、シーズン終了後にペジェグリーニは解任された。(レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • フスト・ビジャール

    フスト・ビジャールから見たシャビ・アロンソ

    1997年にFIFA U-20ワールドカップに出場した。パラグアイ代表として2001年、2004年、2007年の3回のコパ・リベルタドーレス、2002年と2006年の2回のFIFAワールドカップに出場した。2006 FIFAワールドカップは正GKとして大会を迎えたが、初戦のイングランド戦で開始8分に負傷し、その後の試合に出場できなかった。2010 FIFAワールドカップ南米予選には18試合のうち17試合に出場した。本大会でも正GKとして出場し、ゲームキャプテンを務めた。初戦のイタリア戦では1失点を喫したものの、その後は安定した守備で無失点に抑え、チームの首位通過に貢献した。決勝トーナメント1回戦の日本戦でも安定した守備でPK戦の末、勝利し、準々決勝のスペイン戦ではシャビ・アロンソのPKを止めるなど存在感をアピールし、スペインに敗北したもののパラグアイを初のベスト8に導いた。(フスト・ビジャール フレッシュアイペディアより)

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード