前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示
  • ジョーイ・バートン

    ジョーイ・バートンから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2008年7月28日、74日間の服役の後に模範囚として釈放される。相次ぐ騒動から2008-09シーズンは絶望と思われていたが、8月30日のアーセナル戦で交代出場し、ブーイングの中でピッチに復帰。9月にはウスマーヌ・ダボ殴打事件についてFAから12試合の出場停止(執行猶予付き)と2万5000ポンド(約480万円)の罰金処分を科された。出場停止が明けた後、サンダーランドとのタイン・ウェア・ダービーで戦列に復帰した。しかし、11月15日のウィガン戦でMFリー・カッターモールからタックルを受けて右ひざのじん帯を負傷した。年が明けた2009年1月のブラックバーン戦で2ヶ月ぶりに戦列復帰するが、古巣マンチェスター・シティ戦で右足第5中足骨を骨折し、再び離脱した。チームが残留を争う中、5月3日のリヴァプール戦で相手MFシャビ・アロンソに激しくタックルし一発退場になった。アラン・シアラー監督を激怒させ、クラブはバートンに対して無期限の謹慎処分を課した。ジョーイ・バートン フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アルテタ

    ミケル・アルテタから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    地元のクラブであるアンティゴコでサッカー選手としてのキャリアを始め、そこで幼馴染となるシャビ・アロンソと知り合った。二人はサン・セバスティアンの浜辺でよく遊び、レアル・ソシエダでともにプレイすることを夢見た。シャビ・アロンソは後にレアル・ソシエダと契約を結んだが、アルテタは15歳でFCバルセロナBに加入した。しかし、トップチームに昇格することは叶わず、2002年にレンタルでパリ・サンジェルマンFCに加入した。ミケル・アルテタ フレッシュアイペディアより)

  • ハビ・マルティネス

    ハビ・マルティネスから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009年夏の移籍市場では、プレミアリーグのリバプールFCがシャビ・アロンソの代役として獲得を狙っていると噂され 、マンチェスター・シティFCからの関心も報道された。2009-10シーズンは公式戦46試合に出場して9得点を挙げた。リーグ戦では自己最多の6得点を記録し、UEFAヨーロッパリーグでは7試合に出場した。2011-12シーズンには、新監督マルセロ・ビエルサのもとセンターバックのレギュラーとしてプレーした。ハビ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • リヴァプールFC

    リヴァプールFCから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    シーズン開幕前にラファエル・ベニテスが監督に就任すると、ルイス・ガルシア、シャビ・アロンソなどリーガ・エスパニョーラの選手を獲得し、積極的に登用し始める。一方、エースのマイケル・オーウェンをレアル・マドリードへ放出した。チャンピオンズリーグではユヴェントス、チェルシーらの強豪を破り、決勝進出を果たす。決勝のACミラン戦において、前半終了時0-3のビハインドから、後半の6分間にジェラード、スミチェル、アロンソが立て続けに得点し、同点に持ち込んだ。そして、PK戦でACミランを下し、21年ぶりの欧州一の称号を手にした。この試合はイスタンブールの奇跡と呼ばれるようになる。また、UEFAチャンピオンズカップとUEFAチャンピオンズリーグの合計優勝回数が5回となり、5チーム目となる優勝カップの永久保持が認められたクラブとなった。リヴァプールFC フレッシュアイペディアより)

  • シャビアロンソ

    シャビアロンソから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    シャビアロンソ フレッシュアイペディアより)

  • アロンソ

    アロンソから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソ - スペインのサッカー選手。アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アランブル

    ミケル・アランブルから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    レアル・ソシエダの下部組織出身で、18歳であった1996-97シーズン最終戦のCDログロニェス戦でトップチームデビューした。それ以来12年間、レギュラーを確保し、シャビ・アロンソ在籍時はパートナーを務めた。2002-03シーズンは2位でシーズンを終えた。ミケル・アロンソやガリコイツ・ウランガが2008年に退団した後は、リーグ戦準優勝を知る唯一の生き残り選手となった。2006-07シーズン終了後にはセグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定したが、契約を延長してセグンダで戦う意思を表明した。ミケル・アランブル フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・ロケ・ファレーロ

    ミゲル・ロケ・ファレーロから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    カタルーニャ州・リェイダ県・トレム出身であり、地元のUEリェイダの下部組織に所属していたが、17歳の時にスペイン人のラファエル・ベニテス監督が率いるイングランドのリヴァプールFCと契約した。2006年のFAユースカップ決勝・マンチェスター・シティFC戦ではファーストレグ・セカンドレグともに途中出場した。2006年12月5日、2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーググループリーグ・ガラタサライSK戦(2-3)では、同じスペイン人のシャビ・アロンソとの交代で途中出場してトップチームデビューを果たした。2006-07シーズン後半戦はフットボールリーグ1(実質3部)のオールダム・アスレティックAFCにレンタル移籍したが、出場機会は稀であった。その後の2年間も困難な状況が続き、2007-08シーズンは母国のセグンダ・ディビシオン(2部)・ヘレスCDにレンタル移籍したもののリーグ戦の出場は1試合に終わった。2008-09シーズンはセグンダ・ディビシオンB(実質3部)のFCカルタヘナにレンタル移籍し、30試合に出場してセグンダ・ディビシオン昇格に貢献した。ミゲル・ロケ・ファレーロ フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・ドゥダ

    セルジオ・ドゥダから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2010年5月17日のレアル・マドリード戦 (1-1) ではリーグ優勝の渦中にいた相手から先制点を挙げるが、試合終盤にシャビ・アロンソに肘打ちを見舞って退場し、メディアを賑わせた。2010 FIFAワールドカップ期間中に負傷し、手術したために2010-11シーズン序盤戦は欠場した。2010年11月21日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (0-3) で復帰し、60分間プレーした。2011年1月29日、レアル・サラゴサ戦 (1-2) でプリメーラ・ディビシオン通算200試合出場を達成した。セルジオ・ドゥダ フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アロンソ

    ミケル・アロンソから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    父親のは元スペイン代表で、レアル・ソシエダに在籍したスター選手だった。シャビ・アロンソは弟で、ソシエダ時代のチームメイト。若手時代はシャビとミケル・アランブルの牙城を崩せず出場機会が少なかったが、シャビが2004年にリヴァプールFCに移籍するとすぐにレギュラーに定着した。ミケル・アロンソ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード