前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示
  • ミケル・アルテタ

    ミケル・アルテタから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    地元のクラブであるアンティゴコでサッカー選手としてのキャリアを始め、そこでシャビ・アロンソと知り合った。二人はサン・セバスティアンの浜辺でよく遊び、レアル・ソシエダでともにプレイすることを夢見た。しかし、後にシャビ・アロンソはレアル・ソシエダと契約を結んだが、アルテタは15歳でFCバルセロナBに加入した。しかし、トップチームに昇格することは叶わず、2002年にレンタルでパリ・サンジェルマンFCに加入した。ミケル・アルテタ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・バートン

    ジョーイ・バートンから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009年1月、対ブラックバーン戦で、2ヶ月ぶりに戦列復帰。早くも2008-09シーズン3度目の復帰となった。ポーツマスとボルトンが彼の獲得に乗り出してきたが、彼はニューカッスルを離れるつもりはなかった。2009年1月、古巣マンチェスター・シティ戦で、右足の第5中足骨を骨折、クラブは8週間欠場すると発表した。2009年4月、ポーツマス戦でサブメンバーとして戦列復帰。早くもシーズン4度目の復帰となった。5月、リヴァプール戦で相手MFシャビ・アロンソに激しくタックルし、一発退場。アラン・シアラー監督はこの行為に激怒し、クラブはバートンに対して無期限の謹慎処分を課した。クラブが降格すると、クラブへの残留を表明した。ジョーイ・バートン フレッシュアイペディアより)

  • ハビ・マルティネス

    ハビ・マルティネスから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009年夏の移籍市場では、プレミアリーグのリバプールFCがシャビ・アロンソの代役として獲得を狙っていると噂され 、マンチェスター・シティFCからの関心も報道された。2009-10シーズンは公式戦46試合に出場して9得点を挙げた。リーグ戦では自己最多の6得点を記録し、UEFAヨーロッパリーグでは7試合に出場した。2011-12シーズンには、新監督マルセロ・ビエルサのもとセンターバックのレギュラーとしてプレーした。ハビ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • リヴァプールFC

    リヴァプールFCから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2004-05シーズンはシーズン開幕前にラファエル・ベニテスが監督に就任すると、ルイス・ガルシア、シャビ・アロンソなどリーガ・エスパニョーラの選手を獲得し、積極的に登用し始める。一方、エースのマイケル・オーウェンをレアル・マドリードへ放出した。チャンピオンズリーグではユヴェントス、チェルシーらの強豪を破り、決勝進出を果たす。決勝のACミラン戦において、前半終了時0-3のビハインドから、後半の6分間にジェラード、スミチェル、アロンソが立て続けに得点し、同点に持ち込んだ。そして、PK戦でACミランを下し、21年ぶりの欧州一の称号を手にした。この試合はイスタンブールの奇跡と呼ばれるようになる。また、UEFAチャンピオンズカップとUEFAチャンピオンズリーグの合計優勝回数が5回となり、5チーム目となる優勝カップの永久保持が認められたクラブとなった。リヴァプールFC フレッシュアイペディアより)

  • シャビアロンソ

    シャビアロンソから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    シャビアロンソ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・ロケ・ファレーロ

    ミゲル・ロケ・ファレーロから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    カタルーニャ州・リェイダ県・トレム出身であり、地元のUEリェイダの下部組織に所属していたが、17歳の時にスペイン人のラファエル・ベニテス監督が率いるイングランドのリヴァプールFCと契約した。2006年のFAユースカップ決勝・マンチェスター・シティFC戦ではファーストレグ・セカンドレグともに途中出場した。2006年12月5日、2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーググループリーグ・ガラタサライSK戦(2-3)では、同じスペイン人のシャビ・アロンソとの交代で途中出場してトップチームデビューを果たした。2006-07シーズン後半戦はフットボールリーグ1(実質3部)のオールダム・アスレティックAFCにレンタル移籍したが、出場機会は稀であった。その後の2年間も困難な状況が続き、2007-08シーズンは母国のセグンダ・ディビシオン(2部)・ヘレスCDにレンタル移籍したもののリーグ戦の出場は1試合に終わった。2008-09シーズンはセグンダ・ディビシオンB(実質3部)のFCカルタヘナにレンタル移籍し、30試合に出場してセグンダ・ディビシオン昇格に貢献した。ミゲル・ロケ・ファレーロ フレッシュアイペディアより)

  • シャビエル

    シャビエルから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソ(シャビエル・アロンソ) - スペインのサッカー選手シャビエル フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アランブル

    ミケル・アランブルから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    レアル・ソシエダの下部組織出身で、18歳であった1996-97シーズン最終戦のCDログロニェス戦でトップチームデビューした。それ以来12年間、レギュラーを確保し、シャビ・アロンソ在籍時はパートナーを務めた。2002-03シーズンは2位でシーズンを終えた。ミケル・アロンソやガリコイツ・ウランガが2008年に退団した後は、リーグ戦準優勝を知る唯一の生き残り選手となった。2006-07シーズン終了後にはセグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定したが、契約を延長してセグンダで戦う意思を表明した。ミケル・アランブル フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    ところが後半、ミラン相手に3点ビハインドと追い込まれたリヴァプールの猛反撃が始まる。リヴァプールのラファエル・ベニテス監督は前半の時点で負傷していたスティーブ・フィナンに代えてディートマー・ハマンを投入し、リーグ戦ですら一度も採用した事がない3バックへとシステムを変更。ボランチに配されていたスティーブン・ジェラードを一列前に上げる策に打って出た。すると54分、うまく攻め上がったヨン・アルネ・リーセのクロスをジェラードがヘッドで合わせて1点を返す。本来名手で強力な守備力を持つスタムが、ジェラードのマークにつかず、完全にフリーにさせてしまう痛恨のミスを犯し、確実にそれをジェラードが決めた。このゴールを決めたジェラードはボールをセンターサークルに運びながら、サポーターに盛り上がるように促した。ここから流れが変わったのか、56分にはジェラードを起点にハマンから途中出場のスミチェルに繋ぐと、スミチェルがそのままペナルティーエリア外より豪快なミドルシュートを決め、1点差に詰め寄った。このシーンではピルロがハマンにプレスをかけに行かず、スミチェルをケアしていたセードルフが慌ててチェックに行くも、フリーになったスミチェルにはたかれ、セードルフは更にスミチェルにプレスをかけに追いかけるが間に合わず、またしてもフリーでシュートを打たせてしまった。こうしてミランにできた守備のほころびを確実につき、リバプールは着実にミランを追撃した。前半は静かだったリヴァプールサポーターは勢いを取り戻し、スタジアム中に『You'll Never Walk Alone』の合唱が響き渡る。さらに攻勢を強めるリヴァプールは、前半試合を支配していたミランの攻撃を分断し逆にパスを効果的に繋ぎ始める。そして60分、ミラン・バロシュがヒールで流したボールがジェラードに渡る。キーパーと1対1になりかけたジェラードがガットゥーゾに後ろから倒され、微妙な判定ではあるがPKを獲得。シャビ・アロンソのPKは一度はジーダの好セーブに阻まれるが、こぼれたボールを再びアロンソが詰めて叩き込み同点。後半わずか6分間で3点を決め、試合を振り出しに戻した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • フロレンティーノ・ペレス

    フロレンティーノ・ペレスから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009年、ラモン・カルデロンが会長職を辞した後、再び会長に立候補した。ペレスの他にも3人の候補者が出ると見られていたが、結局候補者はペレス1人であったため再び会長となった。前年多くのタイトルを獲得したバルセロナに対抗するべく、カカ、クリスティアーノ・ロナウド、シャビ・アロンソ、カリム・ベンゼマらビッグネームを再び獲得。この年補強に費やした金額は2億5000万ユーロにも上った。フロレンティーノ・ペレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード