50件中 11 - 20件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    後半、ミラン相手に3点ビハインドと追い込まれたリヴァプールの反撃が始まる。リヴァプールのラファエル・ベニテス監督は前半の時点で負傷していたスティーブ・フィナンに代えてディートマー・ハマンを投入し、リーグ戦ですら一度も採用した事がない3バックへとシステムを変更。すると54分、うまく攻め上がったヨン・アルネ・リーセのクロスをジェラードがヘッドで合わせて1点を返す。56分にはスミチェルがペナルティーエリア外より豪快なミドルシュートを決め、1点差に詰め寄った。さらに攻勢を強めるリヴァプールは、前半試合を支配していたミランの攻撃を分断し逆にパスを効果的に繋ぎ始める。そして60分、ミラン・バロシュがヒールで流したボールがジェラードに渡る。キーパーと1対1になりかけたジェラードがガットゥーゾに後ろから倒され、微妙な判定ではあるがPKを獲得。シャビ・アロンソのPKは一度はジーダの好セーブに阻まれるが、こぼれたボールを再びアロンソが詰めて叩き込み同点。後半わずか6分間で3点を決め、試合を振り出しに戻した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • シャビエル

    シャビエルから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソ(シャビエル・アロンソ) - スペインのサッカー選手シャビエル フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    11月25日 - シャビ・アロンソ(スペイン、サッカー)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • バスク人

    バスク人から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソ : サッカー選手。バスク人 フレッシュアイペディアより)

  • カンテラ

    カンテラから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    こうして育った選手としては往年の選手ではアイトール・ベギリスタイン、アンドニ・スビサレッタや現役選手ではホセバ・エチェベリア、シャビ・アロンソなどがいる。ベリギスタイン、スビサレータはかつてFCバルセロナに所属し、シャビ・アロンソはレアル・マドリードに所属するなど、クラブがそれほど裕福でもないため、他クラブに移籍している例も多い。カンテラ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・アクィラーニ

    アルベルト・アクィラーニから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2008-09シーズン終了後には新たに4年契約を結んだものの、リヴァプールがスペインのレアル・マドリードへ移籍したシャビ・アロンソの後釜として獲得に動き、2009年8月5日に5年契約の移籍金2000万ユーロで加入した。ただし怪我を負ったままでの移籍だったため開幕から数カ月はリハビリに費やすことになり、10月21日にようやくリザーブチームで試合に出場。10月28日のカーリングカップ・アーセナル戦で途中出場し、リヴァプールでのデビューを果たした。11月9日のバーミンガム・シティ戦ではプレミアリーグデビューを飾り、12月9日のチャンピオンズリーグ・フィオレンティーナ戦では移籍後初の先発出場を記録した。2010年3月15日のポーツマス戦で移籍後初ゴールを記録したものの、2009-10シーズンは怪我で出場試合も数えるほどしかなく、2010 FIFAワールドカップでもイタリア代表から落選するなど、失意のシーズンとなった。アルベルト・アクィラーニ フレッシュアイペディアより)

  • ペリコ・アロンソ

    ペリコ・アロンソから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    息子のミケル・アロンソとシャビ・アロンソもサッカー選手であり、いずれもミッドフィールダーとしてプレーしている。それぞれレアル・ソシエダでプレーし、シャビ・アロンソはリヴァプールFC、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘン、スペイン代表でもプレーした。ペリコ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • 銀河系軍団

    銀河系軍団から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009年、ペレスが再び会長に就任。すると、その夏の移籍市場でカカ、クリスティアーノ・ロナウド、シャビ・アロンソ、カリム・ベンゼマの獲得に総額2億ユーロ以上を費やしたうえ、監督にはマヌエル・ペジェグリーニを招聘。新銀河系軍団の始まりといわれた。銀河系軍団 フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・デ・ヨング

    ナイジェル・デ・ヨングから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2010年3月3日のアメリカとの親善試合において、スチュアート・ホールデンに仕掛けたタックルがホールデンより遅れて彼の足に入り、ホールデンは右腓骨を骨折して全治6週間の診断を受けた。2010 FIFAワールドカップ決勝のスペイン戦ではシャビ・アロンソの胸に跳び蹴りを加えた。主審を務めたハワード・ウェブはこのプレーを見ておらず、アロンソが苦しむ様子からデ・ヨングにイエローカードを提示したが、試合後にレッドカードに相当するファールだったと認めている。2010年10月3日、プレミアリーグのニューカッスル戦でハテム・ベン・アルファに仕掛けたタックルが遅れ、ベン・アルファは左足の脛骨と腓骨を骨折する全治9ヶ月の怪我を負った。ナイジェル・デ・ヨング フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・シソッコ

    モハメド・シソッコから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2005年7月14日、2003-04シーズンに指導を受けたベニテス監督の要望でリヴァプールへ移籍金500万ポンドで移籍し、7月26日のUEFAチャンピオンズリーグ 2005-06予選2回戦FBKカウナス戦でデビューした。その後スティーヴン・ジェラード, シャビ・アロンソ, ディトマー・ハマンらとのポジション争いや2006年2月21日のUEFAチャンピオンズリーグ・SLベンフィカ戦でベトとの接触から顔を負傷したことで網膜損傷の危機に見舞われ、離脱した時期があったものの加入1年目にスタメン21試合と主力の1人としてプレーし、FAカップ決勝のウェストハム・ユナイテッドFC戦に先発フル出場でタイトル獲得に貢献した。モハメド・シソッコ フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード