34件中 11 - 20件表示
  • シャビ

    シャビから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2000年11月15日、オランダとの親善試合でスペイン代表デビューを飾った。ホセ・アントニオ・カマーチョ監督がスペイン代表を率いた2002 FIFAワールドカップには控え選手の立場で参加したが、準々決勝の韓国戦では試合の流れを変える切り札として延長戦前半途中から投入され、PK戦では3番手キッカーとして出場したが、PK戦に敗れて敗退した。イニャキ・サエス監督が率いたUEFA欧州選手権2004では出場機会を全く与えられず、1勝1敗1分でグループリーグ敗退に終わった。UEFA欧州選手権後にはMFルーベン・バラハ、MFフアン・カルロス・バレロン、MFイバン・デ・ラ・ペーニャ、MFグティ、MFシャビ・アロンソなどとポジションを争い、ルイス・アラゴネス監督の信頼を得てレギュラーに定着した。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では10試合中8試合に出場し、スロバキアとのプレーオフを勝ち抜いて本大会出場を決めた。プレーオフのファーストレグでは初めて背番号4を着け、2アシストの活躍で5-1の大勝に貢献した。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・セナ

    マルコス・セナから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    ワールドカップ後は長らく代表から遠ざかっていたが、EURO2008・オーストリア/スイス大会の予選では、代表のレギュラーだったアルベルダがバレンシアの内紛に巻き込まれて出場機会を失い試合勘が無くなったことから、代わってセナが招集された。大会直前の親善試合ではシャビ・アロンソとレギュラーを争い、最終的にレギュラーを獲得。迎えた本大会でも一貫して中盤の底として起用され続け、スペースを埋め、ボールを奪い、的確にボールを捌いて、時にはミドルシュートを打つなど獅子奮迅の活躍であった。準々決勝のイタリア戦ではPK戦のキッカーを務め見事成功させている。スペイン代表が勝ち進むや、彼の評価は高まり、MVP候補と囁かれるようになった。そのパフォーマンスは落ちることなく、決勝ではフェルナンド・トーレスの決勝点の起点となるパスを出して見事チームを勝利に導き、44年ぶりの優勝の立役者となった。MVPには選出されなかったが、UEFAが選ぶベストチームに名を連ね、改めて彼の働きが認められた格好となった。なお、ブラジル出身の選手ではじめて欧州選手権で優勝した選手となった。この大会にはペペやケヴィン・クラニーなど、セナのほかに4人のブラジル出身選手が出場していた。2004年にはデコがポルトガル代表として準優勝している。マルコス・セナ フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・ドゥダ

    セルジオ・ドゥダから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2010年5月17日のレアル・マドリード戦(1-1)ではリーグ優勝の渦中にいた相手から先制点を挙げるが、試合終盤にシャビ・アロンソに肘打ちを見舞って退場し、メディアを賑わせた。2010 FIFAワールドカップ期間中に負傷し、手術したために2010-11シーズン序盤戦は欠場した。2010年11月21日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(0-3)で復帰し、60分間プレーした。2011年1月29日、レアル・サラゴサ戦(1-2)でプリメーラ・ディビシオン通算200試合出場を達成した。セルジオ・ドゥダ フレッシュアイペディアより)

  • カンテラ

    カンテラから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    こうして育った選手としては往年の選手ではアイトール・ベギリスタイン、アンドニ・スビサレッタや現役選手ではホセバ・エチェベリア、シャビ・アロンソなどがいる。ベリギスタイン、スビサレータはかつてFCバルセロナに所属し、シャビ・アロンソはレアル・マドリードに所属するなど、クラブがそれほど裕福でもないため、他クラブに移籍している例も多い。カンテラ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・マスチェラーノ

    ハビエル・マスチェラーノから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    UEFAチャンピオンズリーグの初出場は4月3日に行われた準々決勝PSV戦1stレグ(アウェー)で、すぐさまレギュラーとしての地位を確立した彼はACミランとの決勝にも出場した。彼とMFシャビ・アロンソで相手MFカカとMFクラレンス・セードルフを抑えることに成功したが、試合には1-2で敗れた。しかし、ファンの投票でのマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。ハビエル・マスチェラーノ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2010-11シーズンは、ラウル・ゴンサレス、グティの退団により、副キャプテンを任されたが、当初からあまり調子が上がらず、2010年11月20日のアスレティック・ビルバオ戦で、クリスティアーノ・ロナウドからPKを譲ってもらいシーズン初得点を決めた。11月23日のUEFAチャンピオンズリーググループリーグアヤックス戦では、4-0でリードした後半終了間際にシャビ・アロンソが遅延行為で退場した後、ラモスも同じようにして退場となった。この行為に関してUEFAの調査が入り、2万ユーロの罰金が科せられた。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    EURO 2008のグループステージ第1戦のロシア戦ではハットトリックを達成した3点目を決めた際、フェルナンド・トーレス(その直前に無得点のまま途中交代を命じられ、落胆の色を隠せないまま、ルイス・アラゴネス監督との握手を拒否して、ベンチに下がっていた)の元へ真っ先に抱擁しに向かい、3点目をトーレスに捧げると言った。この背景には、トーレスが落胆していたことに配慮したこと、ビジャの1点目がトーレスのアシストだったことへの感謝の思いを表したものであった。このことに対し、トーレスも「彼は、ライバルではなく、一緒に優勝を目指すパートナー」と評し、大会前に懸念されていた、2トップのコンビネーションは全く問題ないことの証明となった。ちなみにこの抱擁をする際にビジャはトーレスのユニフォームに指が引っかかり小指を骨折していたという。またこの試合のボールを記念にほしいと主審に告げるも、英語が伝わらずあえなく却下されたが、共にリヴァプールFCのシャビ・アロンソとホセ・マヌエル・レイナによる英語での交渉の末、ボールを手に入れる。その後、トーレスも決勝戦のドイツ戦で決勝点を決めるなど活躍し、両者は共にUEFA選定のベスト22名に選出された。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・アウレリオ

    ファビオ・アウレリオから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2007年9月18日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグのFCポルト戦(1-1)で後半途中に出場して復帰。2008年3月2日にリーボック・スタジアムで行われたボルトン・ワンダラーズFC戦(3-1)では、シャビ・アロンソのコーナーキックからボレーシュートを決め、チームの3点目となる移籍後初得点を挙げた。ファビオ・アウレリオ フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アロンソ

    ミケル・アロンソから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    父親のペリコ・アロンソは元スペイン代表で、レアル・ソシエダに在籍したスター選手だった。弟のシャビ・アロンソはレアル・マドリードに所属している。ミケル・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    移籍以前からアトレティコ同様にリヴァプールFCを応援しており、「(アトレティコと)同じにおいがする」と愛着を示している。移籍当初は英語が不得手だったが、同じスペイン人のホセ・マヌエル・レイナやシャビ・アロンソによるサポートを公私に渡って受け、お気に入りのザ・ビートルズのCDを聴いて勉強するなどして英語力を上達させた。なお、トーレスの家はレイナの家族が住んでいる家から50mしか離れていない。フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード