34件中 21 - 30件表示
  • マヌエル・ペレグリーニ

    マヌエル・ペレグリーニから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009年6月1日にはビジャレアルがペジェグリーニの退任を発表し、6月2日にはレアル・マドリードが公式にペジェグリーニと2年契約を結んだことを明らかにした。ビジャレアルからはフィジカルトレーナーのホセ・カベージョ、ヘッドコーチのルベン・コウシージャスもレアル・マドリードのスタッフに加わった。再就任したフロレンティーノ・ペレス会長が初めて選んだ監督となり、「もしUEFAチャンピオンズリーグで優勝したいのならば、世界最高の選手が必要だ」と述べ、就任から数日後にはACミランからカカを獲得した。2009年夏の移籍期間中には、マンチェスター・ユナイテッドFCに移籍金8000万ポンドを支払ってクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、オリンピック・リヨンからカリム・ベンゼマ(移籍金3000万ポンド)を、リヴァプールFCからシャビ・アロンソ(移籍金3000万ポンド)を獲得した。期間中に支払った移籍金の総額は約2億ポンドとなった。7月20日に行われたアイルランドのシャムロック・ローヴァーズFC(Shamrock Rovers FC)との親善試合(1-0)が初采配試合となり、87分のベンゼマの得点で勝利したが、ペレス会長にこの試合のプレースタイルと選手の疲労具合を批判された。7月には就任後初となる大会(ピース・カップ)に挑んだが、準決勝でイタリアのユヴェントスFCに1-2で敗れてベスト4に終わった。2009-10シーズンのリーグ開幕戦はデポルティーボ・ラ・コルーニャとの対戦となり、3-2で勝利して初勝利を挙げた。10月27日、コパ・デル・レイのラウンド16ではセグンダ・ディビシオンB(3部)に在籍するADアルコルコン(AD Alcorcón)に2試合合計1-4で敗れ、早くも大会からの敗退が決まった。2010年3月10日には再度打撃を受けた。UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でフランスのリヨンと対戦し、2試合合計1-2で敗れ去った。この敗北の後、ペレス会長はペジェグリーニ監督に最後通牒を突きつけ、リーグタイトルを獲得できなければ解任すると警告した。マヌエル・ペレグリーニ フレッシュアイペディアより)

  • フスト・ビジャール

    フスト・ビジャールから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    1997年にFIFA U-20ワールドカップに出場した。パラグアイ代表として2001年、2004年、2007年の3回のコパ・リベルタドーレス、2002年と2006年の2回のFIFAワールドカップに出場した。2006 FIFAワールドカップは正GKとして大会を迎えたが、初戦のイングランド戦で開始8分に負傷し、その後の試合に出場できなかった。2010 FIFAワールドカップ南米予選には18試合のうち17試合に出場した。本大会でも正GKとして出場し、ゲームキャプテンを務めた。初戦のイタリア戦では1失点を喫したものの、その後は安定した守備で無失点に抑え、チームの首位通過に貢献した。決勝トーナメント1回戦の日本戦でも安定した守備でPK戦の末、勝利し、準々決勝のスペイン戦ではシャビ・アロンソのPKを止めるなど存在感をアピールし、スペインに敗北したもののパラグアイを初のベスト8に導いた。フスト・ビジャール フレッシュアイペディアより)

  • ニヘル・デ・ヨンク

    ニヘル・デ・ヨンクから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2010年3月3日のアメリカとの親善試合において、スチュアート・ホールデンに仕掛けたタックルがホールデンより遅れて彼の足に入り、ホールデンは右腓骨を骨折して全治6週間の診断を受けた。2010 FIFAワールドカップ決勝のスペイン戦ではシャビ・アロンソの胸に飛び蹴りを加えた。主審を務めたハワード・ウェブはこのプレーを見ておらず、アロンソが苦しむ様子からデ・ヨングにイエローカードを提示したが、試合後にレッドカードに相当するファールだったと認めている。2010年10月3日、プレミアリーグのニューカッスル戦でハテム・ベン・アルファに仕掛けたタックルが遅れ、ベン・アルファは左足の脛骨と腓骨を骨折する全治9ヶ月の怪我を負った。ニヘル・デ・ヨンク フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・レイヴァ

    ルーカス・レイヴァから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009-10シーズン、中盤のレギュラーであったシャビ・アロンソが夏にレアル・マドリードへ移籍したこと、また、その代役として加入したアルベルト・アクィラーニの負傷により同ポジションのレギュラーになったが、常にシャビ・アロンソとのプレーの質を比較され悩まされている(そもそもポジションは同じだがプレースタイルが異なるので比較されること自体が疑問視もされている)。ルーカス・レイヴァ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ガゴ

    フェルナンド・ガゴから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2010年夏にジョゼ・モウリーニョ監督が就任してからは、モウリーニョ監督がシャビ・アロンソとサミ・ケディラを重用し、自身は怪我に苦しんだため、出場機会が激減した。フェルナンド・ガゴ フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009年6月14日に会長選が行われる予定だったが、元会長のフロレンティーノ・ペレス以外の候補者が出馬条件を満たせなかったため、同年6月1日付でペレスが会長に返り咲いた。マヌエル・ペジェグリーニが監督に就任し、同年夏の移籍市場ではカカ、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソらを獲得したほか、ミチェル・サルガド、アリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらを放出した。しかし、2009-10シーズンは4季ぶりとなる無冠に終わり、シーズン終了後にペジェグリーニは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • バスク人

    バスク人から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソ:サッカー選手バスク人 フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・アクィラーニ

    アルベルト・アクィラーニから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2008-09シーズン終了後には新たに4年契約を結んだものの、リヴァプールFCがスペインのレアル・マドリードへ移籍したシャビ・アロンソの後釜として獲得に動き、2009年8月5日に5年契約の移籍金2000万ユーロで加入した。ただし怪我を負ったままでの移籍だったため開幕から数カ月はリハビリに費やすことになり、10月21日にようやくリザーブチームで試合に出場。10月28日のカーリングカップ・アーセナル戦で途中出場し、リヴァプールでのデビューを果たした。11月9日のバーミンガム・シティFC戦ではプレミアリーグデビューを飾り、12月9日のチャンピオンズリーグ・フィオレンティーナ戦では移籍後初の先発出場を記録した。2010年3月15日のポーツマスFC戦で移籍後初ゴールを記録したものの、2009-2010シーズンは怪我で出場試合も数えるほどしかなく、2010 FIFAワールドカップでもイタリア代表から落選するなど、失意のシーズンとなった。アルベルト・アクィラーニ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・シソッコ

    モハメド・シソッコから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2005年7月14日、2003-04シーズンに指導を受けたベニテス監督の要望でリヴァプールへ移籍金500万ポンドで移籍し、7月26日のUEFAチャンピオンズリーグ 2005-06予選2回戦FBKカウナス戦でデビューした。その後スティーヴン・ジェラード, シャビ・アロンソ, ディトマー・ハマンらとのポジション争いや2006年2月21日のUEFAチャンピオンズリーグ・SLベンフィカ戦でベトとの接触から顔を負傷したことで網膜損傷の危機に見舞われ、離脱した時期があったものの加入1年目にスタメン21試合と主力の1人としてプレーし、FAカップ決勝のウェストハム・ユナイテッドFC戦に先発フル出場でタイトル獲得に貢献した。モハメド・シソッコ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    11月25日 - シャビ・アロンソ、サッカー選手1981年 フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード