50件中 21 - 30件表示
  • ギプスコア県

    ギプスコア県から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    トリキティシャ(ボタン式アコーディオン)、チャラパルタ(木琴)、アルボカ(角笛)、チストゥ(縦笛)などがバスクの伝統的な音楽文化であり、バスクの田園風景にはバシェリ(高床家屋)が見られる。エドゥアルド・チリーダなどバスクの彫刻家は石・鋼鉄・鉄など重量感のある素材を用いた作品を制作するが、これは重工業が盛んなこの地方の産業構造に起因する。サン・セバスティアンやトローサなどでは国際的なポップカルチャーイベントが開催されている。ホセ・アンヘル・イリバル、ホセバ・エチェベリア、シャビ・アロンソなど、優れたサッカー選手を数多く生み出している。ギプスコア県 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 決勝から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    レアル・マドリードのシャビ・アロンソはイエローカードの累積により決勝戦への出場停止処分が決定していた。また、右膝の靭帯を断裂したヘセ・ロドリゲスが欠場する一方、ふくらはぎを負傷して出場が危ぶまれていたセンターバックのペペは出場が可能となった。アトレティコ・マドリード側は、直前に右ハムストリングを負傷していたジエゴ・コスタが出場可能となった一方、腰の骨盤を痛めていたサイドハーフのアルダ・トゥランを欠くこととなった。UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・レイヴァ

    ルーカス・レイヴァから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009-10シーズン、中盤のレギュラーであったシャビ・アロンソが夏にレアル・マドリードへ移籍したこと、また、その代役として加入したアルベルト・アクィラーニの負傷により同ポジションのレギュラーになったが、常にシャビ・アロンソとのプレーの質を比較され悩まされている(そもそもポジションは同じだがプレースタイルが異なるので比較されること自体が疑問視もされている)。ルーカス・レイヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2014 - 2015年はロベルト・レヴァンドフスキ、フアン・ベルナト、シャビ・アロンソを獲得し、4-3-3をベースジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ペレグリーニ

    マヌエル・ペレグリーニから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2009年6月1日にはビジャレアルがペジェグリーニの退任を発表し、6月2日にはレアル・マドリードが公式にペジェグリーニと2年契約を結んだことを明らかにした。ビジャレアルからはフィジカルトレーナーのホセ・カベージョ、ヘッドコーチのルベン・コウシージャスもレアル・マドリードのスタッフに加わった。再就任したフロレンティーノ・ペレス会長が初めて選んだ監督となり、「もしUEFAチャンピオンズリーグで優勝したいのならば、世界最高の選手が必要だ」と述べ、就任から数日後にはACミランからカカを獲得した。2009年夏の移籍期間中には、マンチェスター・ユナイテッドFCに移籍金8000万ポンドを支払ってクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、オリンピック・リヨンからカリム・ベンゼマ(移籍金3000万ポンド)を、リヴァプールFCからシャビ・アロンソ(移籍金3000万ポンド)を獲得した。期間中に支払った移籍金の総額は約2億ポンドとなった。7月20日に行われたアイルランドのシャムロック・ローヴァーズFCとの親善試合 (1-0) が初采配試合となり、87分のベンゼマの得点で勝利したが、ペレス会長にこの試合のプレースタイルと選手の疲労具合を批判された。7月には就任後初となる大会(ピースカップ)に挑んだが、準決勝でイタリアのユヴェントスFCに1-2で敗れてベスト4に終わった。2009-10シーズンのリーグ開幕戦はデポルティーボ・ラ・コルーニャとの対戦となり、3-2で勝利して初勝利を挙げた。10月27日、コパ・デル・レイのラウンド16ではセグンダ・ディビシオンB(3部)に在籍するADアルコルコンに2試合合計1-4で敗れ、早くも大会からの敗退が決まった。2010年3月10日には再度打撃を受けた。UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でフランスのリヨンと対戦し、2試合合計1-2で敗れ去った。この敗北の後、ペレス会長はペジェグリーニ監督に最後通牒を突きつけ、リーグタイトルを獲得できなければ解任すると警告した。マヌエル・ペレグリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・オシェイ

    ジョン・オシェイから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2004-05シーズンにアルゼンチン代表のガブリエル・エインセが加入してくると、ファーガソン監督からセントラルミッドフィルダーやセンターバック、右サイドバックと様々なポジションでの起用を言い渡されており、実際に左サイドバックの定位置を失い、2004年9月20日のリヴァプール戦 (2-1) でシャビ・アロンソのフリーキックをスティーヴ・フィナンが頭で落とした際のボールが足に当たりオウンゴールとなる等、苦しい時期を時期を過ごしていた。10月のミドルズブラFC戦でシーズン初先発出場をするも、以後なかなか先発での起用がなかったために退団の憶測が流れるまでになっていたが、苦境にありながらも残留を明言した。その後も先発出場こそ多くなかったものの、持ち前の汎用性の高さから一定の出場機会を得、2005年2月1日にライバル関係にあるアーセナルFC戦 (4-2) では相手GKマヌエル・アルムニアの頭上を越すチップキックで得点を挙げる活躍を見せた。ジョン・オシェイ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ガゴ

    フェルナンド・ガゴから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2010年夏にジョゼ・モウリーニョ監督が就任してからは、モウリーニョ監督がシャビ・アロンソとサミ・ケディラを重用し、自身は怪我に苦しんだため、出場機会が激減した。フェルナンド・ガゴ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・キャリック

    マイケル・キャリックから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    しかしながら、監督のルイ・ファン・ハールはキャリックの知性と経験を評価し、「ピッチ上の監督」だと述べ、元チームメイトのスコールズとガリー・ネヴィルはチームのパフォーマンスに影響を与えるキャリックの重要性について絶えず賞賛し、シャビやシャビ・アロンソといった選手からも評価を集めてきた。マイケル・キャリック フレッシュアイペディアより)

  • トニ・クロース

    トニ・クロースから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2014年7月17日、6年契約でレアル・マドリードへの移籍が決定。背番号は8番。公式戦初出場となったUEFAスーパーカップのセビージャFC戦では、両チーム通じてトップとなるパス成功率96%を記録した。入れ替わるようにバイエルンへ移籍したシャビ・アロンソと同じ中盤の底のポジションでレギュラーに定着し、11月9日の第11節ラージョ・バジェカーノ戦で、移籍後初ゴールを含む1得点2アシストの活躍をしたトニ・クロース フレッシュアイペディアより)

  • ポール・スコールズ

    ポール・スコールズから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    1-0で勝利した2007年3月3日のリヴァプール戦では、シャビ・アロンソに対して腕を振り、退場処分となった。これは、2005年4月以来の出来事であった。1ヶ月後のチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのASローマ戦でも退場となった。8月23日には、イングランドサッカー殿堂の候補に選ばれた。ポール・スコールズ フレッシュアイペディアより)

50件中 21 - 30件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード