50件中 31 - 40件表示
  • ハビエル・マスチェラーノ

    ハビエル・マスチェラーノから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    UEFAチャンピオンズリーグの初出場は4月3日に行われた準々決勝PSV戦1stレグ(アウェー)で、すぐさまレギュラーとしての地位を確立した彼はACミランとの決勝にも出場した。彼とMFシャビ・アロンソで相手MFカカとMFクラレンス・セードルフを抑えることに成功したが、試合には1-2で敗れた。しかし、ファンの投票でのマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。ハビエル・マスチェラーノ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・セナ

    マルコス・セナから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    ワールドカップ後は長らく代表から遠ざかっていたが、EURO2008予選では、代表のレギュラーだったアルベルダがバレンシアの内紛に巻き込まれて出場機会を失い試合勘がなくなったことから、代わってセナが招集された。大会直前の親善試合ではシャビ・アロンソとレギュラーを争い、最終的にレギュラーを獲得。。準々決勝のイタリア戦ではPK戦のキッカーを務め成功させた。。なお、ブラジル出身の選手ではじめて欧州選手権で優勝した選手となった。この大会にはペペやケヴィン・クラニーなど、セナのほかに4人のブラジル出身選手が出場していた(その後ぺぺはポルトガル代表として2016年大会で同国の初優勝を経験している)マルコス・セナ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2010-11シーズンは、ラウル・ゴンサレス、グティの退団により、副キャプテンを任されたが、当初からあまり調子が上がらず、2010年11月20日のアスレティック・ビルバオ戦で、クリスティアーノ・ロナウドからPKを譲ってもらいシーズン初得点を決めた。11月23日のUEFAチャンピオンズリーググループリーグアヤックス戦では、4-0でリードした後半終了間際にシャビ・アロンソが遅延行為で退場した後、ラモスも同じようにして退場となった。この行為に関してUEFAの調査が入り、2万ユーロの罰金が科せられた。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    11月25日 - シャビ・アロンソ、サッカー選手1981年 フレッシュアイペディアより)

  • レナト・サンチェス

    レナト・サンチェスから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    UEFAチャンピオンズリーグでの活躍から複数のクラブへの移籍が報じられていたが、2016年5月10日、バイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表された。契約は2021年まで、移籍金は3500万ユーロ(43億円)。移籍金はFIFA最優秀選手賞受賞や代表入りなどのパフォーマンス次第で、最大4500万ユーロが支払われることになる。またサンチェスはバイエルン・ミュンヘン史上初のポルトガル人選手となった。9月9日、第2節のシャルケ04戦で初先発をし、移籍後初出場を果たした。しかしシャビ・アロンソやアルトゥーロ・ビダル、ハビ・マルティネスなどのライバルの存在や自身の不振もあって17試合の出場に終わった。レナト・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • 三竿健斗

    三竿健斗から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    ボール奪取能力に優れ、身長181cmの長身と体の強さを生かし、高さと玉際で勝負できるパワフルな守備が特長の大型ボランチ。激しい守備から攻撃に繋げるパスを供給するのが特徴的で、特に正確な縦パスで攻撃の起点になるプレーには自信を持っている。解説者の都並敏史は彼を「ヴェルディユースのシャビ・アロンソ」と称した。東京Vのトップチームに昇格した2015年は開幕からスタメンをつかみ、J2第40節までの37試合に出場し実戦経験が豊富。三竿健斗 フレッシュアイペディアより)

  • バスク州

    バスク州から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    バスク州ではサッカー、バスケットボール、自転車競技などが盛んである。サッカークラブにはビルバオのアスレティック・ビルバオ(全国リーグ優勝8回・全国カップ優勝24回)、サン・セバスティアンのレアル・ソシエダ(リーグ優勝2回・カップ優勝2回)、ビトリア=ガステイスのデポルティーボ・アラベスなどのクラブがあり、いずれもリーガ・エスパニョーラに所属している。アスレティック・ビルバオはバスク人のみで選手を構成していることが特徴であり、レアル・マドリードやFCバルセロナとともに1部リーグから降格したことがない3クラブのひとつである。レアル・ソシエダもかつてはバスク人のみで選手を構成していたが、1989年以降はスペインの他地域出身選手やスペイン国外出身選手を獲得している。フランコが死去してスペインが民主化移行期にあった1980年代初頭には、この2クラブが4シーズンの間リーガ・エスパニョーラのタイトルを独占した。バスク州出身の著名選手には、スペイン代表最多出場記録を保持していたアンドニ・スビサレッタ、2010 FIFAワールドカップ優勝メンバーとなったシャビ・アロンソなどがいる。バスク州 フレッシュアイペディアより)

  • サン・セバスティアン

    サン・セバスティアンから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    サン・セバスティアン最大のサッカークラブはレアル・ソシエダである。レアル・ソシエダは1929年のリーガ・エスパニョーラ創設メンバーであり、エスタディオ・アノエタをホームスタジアムとしている。1980年代初頭に黄金期を迎え、1980-81シーズンと1981-82シーズンにはプリメーラ・ディビシオン(1部)で2連覇を達成。アノエタはラグビーユニオンのビアリッツ・オランピックやアビロン・バイヨンヌ(いずれも本拠はフランス)などがホームゲームに使用することもある。レアル・ソシエダの下部組織はルイス・アルコナーダやシャビ・アロンソなどを輩出している。レアル・ソシエダに匹敵する規模のクラブは存在しないが、CDバスコニア・ドノスティア、ウニベルシダ・デル・パイス・バスコ=バスコニア(バスク大学のチーム)、ベリオ・フットボル・タルデアの3クラブはテルセーラ・ディビシオン(4部)に所属したことがある。女子サッカークラブのアニョルガKKEはプリメーラ・ディビシオン・フェメニーナ(女子1部)で3度、コパ・デ・ラ・レイナで3度優勝している。サン・セバスティアン フレッシュアイペディアより)

  • バスク地方

    バスク地方から見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    スペイン・バスクでは特にサッカー、バスケットボール、自転車競技などが盛んである。サッカーではアスレティック・ビルバオ(リーグ優勝8回・カップ優勝24回)やレアル・ソシエダ(リーグ優勝2回・カップ優勝2回)などのクラブがリーガ・エスパニョーラに所属している。アスレティック・ビルバオはバスク人のみで選手を構成していることが特徴であり、レアル・マドリードやFCバルセロナとともに1部リーグから降格したことがない3クラブのひとつである。レアル・ソシエダもかつてはバスク人のみで選手を構成していたが、1989年にはバスク人以外の初の選手としてイングランド人のジョン・オルドリッジを獲得した。1913年にビルバオに建設された初代エスタディオ・サン・マメスはスペイン初の大規模サッカー専用スタジアムであり、1920年にスペイン代表が銀メダルを獲得したアントワープ五輪では、全メンバーのうち計15人がバスク人だった。1928年の全国リーグ創設時には10クラブ中4クラブがバスク3県に本拠地を置くクラブだった。フランコが死去してスペインが民主化移行期にあった1980年代初頭には、アスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダの2クラブが4シーズンの間リーグタイトルを独占した。2000-01シーズンにはアスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダ、デポルティーボ・アラベス、CAオサスナが1部リーグに在籍したが、スペイン・バスクの4領域すべてのクラブが揃うのは史上初のことだった。スペイン・バスク出身の著名選手には、スペイン代表最多出場記録を保持していたアンドニ・スビサレッタ、2010 FIFAワールドカップ優勝メンバーとなったシャビ・アロンソなどがいる。バスク地方 フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たシャビ・アロンソシャビ・アロンソ

    2015年7月11日、FCポルトへ移籍。表向きは加齢による衰えやシーズンの低パフォーマンスが理由だが、前述の通り、モウリーニョとの確執はその後フロレンティーノ・ペレス、アルバロ・アルベロア、シャビ・アロンソらとの確執をも生み出し、カシージャスは孤立無援の状態に追い込まれる。翌日に行われた退団会見においても、ペレスをはじめとしたクラブ関係者は姿を見せずカシージャス一人で行われ、事実上追放という形だった。チームメイトやFCバルセロナの選手、同世代で共に世界最高のGKと評されたブッフォンらからメッセージが届き、同年FCバルセロナからアル・サッドへ移籍したシャビは、レアル・マドリードのカシージャスに対する扱いを非難した。ポルトでは背番号12を与えられた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード