109件中 21 - 30件表示
  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たロイ・キーン

    自分が所属した各クラブのユニフォームを持っているほか、ジネディーヌ・ジダンやアラン・シアラー、ロイ・キーン、ポール・スコールズ、パベル・ネドベドら対戦相手のユニフォームも保持している。中でもジダンを直接対決した中で最高の相手に挙げており、「サッカーの模範というべき存在」と述べている。また、共にプレーした選手ではサミ・ヒーピアを一番インパクトを受けた選手としている。その他にも、ビセンテ・デル・ボスケを敬愛していると語った。同じピボーテのポジションで手本としていた選手は、フェルナンド・レドンドとジョゼップ・グアルディオラ。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たサミ・ヒーピア

    自分が所属した各クラブのユニフォームを持っているほか、ジネディーヌ・ジダンやアラン・シアラー、ロイ・キーン、ポール・スコールズ、パベル・ネドベドら対戦相手のユニフォームも保持している。中でもジダンを直接対決した中で最高の相手に挙げており、「サッカーの模範というべき存在」と述べている。また、共にプレーした選手ではサミ・ヒーピアを一番インパクトを受けた選手としている。その他にも、ビセンテ・デル・ボスケを敬愛していると語った。同じピボーテのポジションで手本としていた選手は、フェルナンド・レドンドとジョゼップ・グアルディオラ。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たデットマール・クラマー

    中盤の底のピボーテのポジションで、広い視野とレンジが広く精度の高いパスで守備と攻撃を繋ぐ役割を担う。ピッチ上での状況判断に優れており、パスのアイディアも豊富である。ジョゼ・モウリーニョからは「ジョゼップ・グアルディオラに似ている」と絶賛され、「ピッチ上の指揮官」と評された。フランツ・ベッケンバウアーからも、「インテリジェンスがあり、完璧に試合を支配することのできる選手。デットマール・クラマーの教え(オフ・ザ・ボールの動き)を完璧にこなすことができる」と評価されている。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たティアゴ・アルカンタラ・ド・ナシメント

    2014年8月、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンへ完全移籍した。2014.9月27日、リーグ戦第6節の1.FCケルン戦で206回のボールタッチを記録。同僚のチアゴがもっている185回のブンデスリーガ記録を更新した。第8節のブレーメン戦にてFKから直接ゴールを決め、これがブンデスリーガ初ゴールとなった.。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たハビエル・マスチェラーノ

    2007-08シーズン初めは、怪我によるジェラードの不在のため、本来の位置よりも前のポジションでプレー。6-0で勝利したダービー・カウンティFC戦では2ゴールを挙げた。ポーツマス戦で軽傷を負ってしまい、更にその後のトレーニングで悪化。6週間の離脱を余儀なくされた。2007年の終わりに怪我から復帰したが、その後の数ヶ月間はハビエル・マスチェラーノ、ルーカス・レイヴァらとの激しいポジション争いが続いた。2008年1月12日、ミドルスブラとの試合でリヴァプール100試合出場を達成した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たフェルナンド・レドンド

    自分が所属した各クラブのユニフォームを持っているほか、ジネディーヌ・ジダンやアラン・シアラー、ロイ・キーン、ポール・スコールズ、パベル・ネドベドら対戦相手のユニフォームも保持している。中でもジダンを直接対決した中で最高の相手に挙げており、「サッカーの模範というべき存在」と述べている。また、共にプレーした選手ではサミ・ヒーピアを一番インパクトを受けた選手としている。その他にも、ビセンテ・デル・ボスケを敬愛していると語った。同じピボーテのポジションで手本としていた選手は、フェルナンド・レドンドとジョゼップ・グアルディオラ。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たルーカス・レイヴァ

    2007-08シーズン初めは、怪我によるジェラードの不在のため、本来の位置よりも前のポジションでプレー。6-0で勝利したダービー・カウンティFC戦では2ゴールを挙げた。ポーツマス戦で軽傷を負ってしまい、更にその後のトレーニングで悪化。6週間の離脱を余儀なくされた。2007年の終わりに怪我から復帰したが、その後の数ヶ月間はハビエル・マスチェラーノ、ルーカス・レイヴァらとの激しいポジション争いが続いた。2008年1月12日、ミドルスブラとの試合でリヴァプール100試合出場を達成した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たダビド・シルバ

    EURO2008ではスペイン代表の中盤のポジションには「クアトロ・フゴーネス」と称されるシャビ、イニエスタ、セスク・ファブレガス、ダビド・シルバら優秀なMFが多くいるためレギュラーを掴めていなかったが、彼らにない守備力を生かしスーパーサブとしてスペインの優勝に貢献した。グループリーグ最終戦となるギリシャ戦ではマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれた。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たギャレス・バリー

    2008年の夏の移籍市場では、中盤の補強を進めるユヴェントスが強い興味を示し、また、ベニテスがアストン・ヴィラのギャレス・バリー獲得のための移籍資金捻出のため放出の意向を示し、移籍間近とも言われたが、結局リヴァプールに残留。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たフロレンティーノ・ペレス

    前年同様に2009年夏の移籍市場では移籍が騒がれ、特に銀河系軍団の再構築を目標としているレアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレスや、前年の夏同様ユヴェントス、そして莫大な資金力をバックに持つマンチェスター・シティが強い興味を示した。これに対しベニテス監督は移籍の可能性を否定していたが、アロンソは移籍を直訴し、8月に移籍金推定3000万ユーロ(約40億5,000万円)でレアル・マドリードへ移籍。クラブにはすぐに馴染み、スペイン・マルカにてリーガ・エスパニョーラのベストイレブンに選ばれる、シャビ、ハビ・マルティネスらと共にスペインプロリーグ機構の選ぶLFPアワード、最優秀MFにノミネートされるなどの活躍を見せた。また、いくつかのスペインの報道機関やサポーターからはLa Barba Roja (赤髭)というニックネームもつけられた。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード