96件中 61 - 70件表示
  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たサッカー

    シャビエル・アロンソ・オラーノ (Xabier Alonso Olano, 1981年11月25日 - ) は、スペイン、バスク州トロサ出身の同国代表サッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはMFで、ピボーテの位置を得意とする。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たアーセナルFC

    アーセナルFC所属のミケル・アルテタは幼馴染であり、アルテタが2005年にエヴァートンFCに移籍する際にはリヴァプールの良さを伝え、リヴァプールでもお互い近所に住んでいた。また、同じくバスク出身でありレアル・ソシエダのチームメイトでもあったファン・ウガルテとも仲が良く、2004年にレクサムFCへ移籍する際にも彼を説得した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たUEFAスーパーカップ

    2005年 UEFAスーパーカップ - 優勝シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たタイムズ

    16歳の時には英語を学ぶために1ヶ月間アイルランドで過ごしたほか、大学を卒業しており、知的な人物と見られている。リヴァプールの町の歴史に詳しいなど、プレー以外でもリヴァプールファンの心をつかんでいた。レアル・マドリード移籍後もリヴァプールのファンであり、タイムズ・オンラインで「自分はいまだリヴァプールのファンであり、これからもそうあり続ける」と語った。リヴァプールで生まれた息子は、リヴァプールのサポーターとして育てている。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たマンチェスター・シティFC

    前年同様に2009年夏の移籍市場では移籍が騒がれ、特に銀河系軍団の再構築を目標としているレアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレスや、前年の夏同様ユヴェントス、そして莫大な資金力をバックに持つマンチェスター・シティが強い興味を示した。これに対しベニテス監督は移籍の可能性を否定していたが、アロンソは移籍を直訴し、8月に移籍金推定3000万ユーロ(約40億5,000万円)でレアル・マドリードへ移籍。クラブにはすぐに馴染み、スペイン・マルカにてリーガ・エスパニョーラのベストイレブンに選ばれる、シャビ、ハビ・マルティネスらと共にスペインプロリーグ機構の選ぶLFPアワード、最優秀MFにノミネートされるなどの活躍を見せた。また、いくつかのスペインの報道機関やサポーターからはLa Barba Roja (赤髭)というニックネームもつけられた。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たサッカーバスク国代表

    また、2001年12月29日のガーナ戦では、バスク国代表としてもデビューした。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たダービー・カウンティFC

    2007-08シーズン初めは、怪我によるジェラードの不在のため、本来の位置よりも前のポジションでプレー。6-0で勝利したダービー・カウンティFC戦では2ゴールを挙げた。ポーツマス戦で軽傷を負ってしまい、更にその後のトレーニングで悪化。6週間の離脱を余儀なくされた。2007年の終わりに怪我から復帰したが、その後の数ヶ月間はハビエル・マスチェラーノ、ルーカス・レイヴァらとの激しいポジション争いが続いた。2008年1月12日、ミドルスブラとの試合でリヴァプール100試合出場を達成した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見た2006 FIFAワールドカップ

    スペインのU-21チームで大活躍し、2003年4月にイニャキ・サエス監督からのエクアドルとの親善試合に招集された(試合は4-0で勝利)。ポルトガルで行われたEURO2004にも出場し、ウクライナ戦で初先発したが、当時、リーガ・エスパニョーラ最高のドブレ・ピボーテとも言われていたバレンシアの双頭、ルベン・バラハとダビド・アルベルダからレギュラーの座を奪うことはできなかった。2006 FIFAワールドカップに向けたメンバーにも招集され、レギュラーとして3試合に出場。ウクライナ戦では得点も記録した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たルートン・タウンFC

    2006年1月7日に行われたFAカップ3回戦、ルートン・タウンFC戦では、自陣から60ヤード強のロングシュートを決めた。この試合、アロンソが自陣からゴールを決めることに200ポンドを賭けていたリヴァプールファンがこのゴールで25,000ポンドを得た。ウェストハムとのFAカップ決勝でもフリーキックからスティーヴン・ジェラードの同点ゴールをアシストし、タイトル獲得に貢献。また、2006年9月20日、ニューカッスル戦でも70ヤードのロングシュートを記録。このゴールはBBCから「常軌を逸した」と表現され、インデペンデント紙からはクラブ史に残るゴールの一つと評された。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たサッカーウクライナ代表

    スペインのU-21チームで大活躍し、2003年4月にイニャキ・サエス監督からのエクアドルとの親善試合に招集された(試合は4-0で勝利)。ポルトガルで行われたEURO2004にも出場し、ウクライナ戦で初先発したが、当時、リーガ・エスパニョーラ最高のドブレ・ピボーテとも言われていたバレンシアの双頭、ルベン・バラハとダビド・アルベルダからレギュラーの座を奪うことはできなかった。2006 FIFAワールドカップに向けたメンバーにも招集され、レギュラーとして3試合に出場。ウクライナ戦では得点も記録した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード