109件中 71 - 80件表示
  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たバスク州

    シャビエル・アロンソ・オラーノ (Xabier Alonso Olano, 1981年11月25日 - ) は、スペイン・バスク州ギプスコア県トロサ出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダーで、ピボーテの位置を得意とする。元スペイン代表。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見た銀河系軍団

    前年同様に2009年夏の移籍市場では移籍が騒がれ、特に銀河系軍団の再構築を目標としているレアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレスや、前年の夏同様ユヴェントス、そして莫大な資金力をバックに持つマンチェスター・シティが強い興味を示した。これに対しベニテス監督は移籍の可能性を否定していたが、アロンソは移籍を直訴し、8月に移籍金推定3000万ユーロ(約40億5,000万円)でレアル・マドリードへ移籍。クラブにはすぐに馴染み、スペイン・マルカにてリーガ・エスパニョーラのベストイレブンに選ばれる、シャビ、ハビ・マルティネスらと共にスペインプロリーグ機構の選ぶLFPアワード、最優秀MFにノミネートされるなどの活躍を見せた。また、いくつかのスペインの報道機関やサポーターからはLa Barba Roja (赤髭)というニックネームもつけられた。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見た欧州サッカー連盟

    副キャプテンであるグティがベシクタシュへ移籍したことにより、2010-11シーズンから背番号は22番から代表でも付けている14番に変更になった。ジョゼ・モウリーニョからは不在がチームに大きな影響を与える選手と評価された。チャンピオンズリーググループリーグアヤックス戦で、4-0でリードした後半終了間際にアロンソとセルヒオ・ラモスが相次いで遅延行為で退場となった。退場の直前にイェジー・ドゥデクがイケル・カシージャスに耳打ちをしていたシーンも流され、トーナメント前に累積警告を消化するため故意に反則を犯した疑いがあるとしてUEFAの調査が入ることとなった。そして、アロンソ自身には2万ユーロの罰金が科せられた。2011年、2010 FIFAワールドカップで優勝したことなどを評価され、地元からタンボール・デ・オロ(金の太鼓)を受賞した。W杯後のシーズンであったもののキャリア最多となる公式戦52試合に出場し、スペインでの自身初タイトルとなったコパ・デル・レイ優勝にも貢献したシャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たスーペルコパ・デ・エスパーニャ

    2011-12シーズンのリーグ開幕前、ホームエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウにFCバルセロナを迎えた2011年のスーペルコパ・デ・エスパーニャでは同点ゴールを記録した。2011年9月21日のラシン・サンタンデール戦で、レアル・マドリード100試合出場を達成。2011-12シーズンには、キャリア初のリーグ優勝を経験した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たサッカーバスク代表

    また、2001年12月29日のガーナ戦では、バスク代表としてもデビューした。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ

    2011-12シーズンのリーグ開幕前、ホームエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウにFCバルセロナを迎えた2011年のスーペルコパ・デ・エスパーニャでは同点ゴールを記録した。2011年9月21日のラシン・サンタンデール戦で、レアル・マドリード100試合出場を達成。2011-12シーズンには、キャリア初のリーグ優勝を経験した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たプレミアリーグ

    リヴァプール移籍1年目の2004-05シーズン、ボルトン戦にてプレミアリーグデビューを果たすと、1-0で破れはしたもののアロンソはパスの技術をメディアから賞賛された。フラム戦では、2得点を奪われた状態で折り返した後半から途中出場すると、フリーキックからリヴァプールでの初ゴールを記録。その試合、リヴァプールは後半4得点を挙げて逆転勝利した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たフリーキック (サッカー)

    リヴァプール移籍1年目の2004-05シーズン、ボルトン戦にてプレミアリーグデビューを果たすと、1-0で破れはしたもののアロンソはパスの技術をメディアから賞賛された。フラム戦では、2得点を奪われた状態で折り返した後半から途中出場すると、フリーキックからリヴァプールでの初ゴールを記録。その試合、リヴァプールは後半4得点を挙げて逆転勝利した。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たDFBポカール

    DFBポカール:1回(2015-16)シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たインテリジェンス

    中盤の底のピボーテのポジションで、広い視野とレンジが広く精度の高いパスで守備と攻撃を繋ぐ役割を担う。ピッチ上での状況判断に優れており、パスのアイディアも豊富である。ジョゼ・モウリーニョからは「ジョゼップ・グアルディオラに似ている」と絶賛され、「ピッチ上の指揮官」と評された。フランツ・ベッケンバウアーからも、「インテリジェンスがあり、完璧に試合を支配することのできる選手。デットマール・クラマーの教え(オフ・ザ・ボールの動き)を完璧にこなすことができる」と評価されている。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

109件中 71 - 80件表示

「シャビ・アロンソ」のニューストピックワード