前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たシャビシャビ

    2011年1月10日、バルセロナの同僚でありワールドカップ優勝メンバーでもあるアンドレス・イニエスタとシャビを抑え、2年連続でバロンドールを受賞した。2年連続でバロンドールを受賞したのは史上6人目であり、複数回バロンドールを受賞するのは史上9人目の快挙である。バロンドールがFIFA最優秀選手賞と統合され、FIFAバロンドールとなってからは最初の受賞者となった。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • セスク・ファブレガス

    セスク・ファブレガスから見たシャビシャビ

    FCバルセロナのカンテラで育つ。ここでリオネル・メッシやジェラール・ピケらと共にプレーした。2003年のU-17世界選手権にU-17スペイン代表の一員として出場し準優勝を果たす。自身も5ゴールを挙げて得点王となると共に、大会最優秀選手に選出された。FCバルセロナでも才能は認められていたものの、トップチームにはシャビやイニエスタなどの同ポジションの選手がいたため、大会後間もなく才能に惚れ込んだアーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルがスペイン、イングランドの労働法の隙間やFCバルセロナの会長選という期間を狙って移籍金なしで獲得した。その後、裁判所からFCバルセロナへの85万7000ユーロ(約1億2000万円=当時)の支払い命令が下った。セスク・ファブレガス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たシャビシャビ

    その一方、緊張状態に陥っていたFCバルセロナとの和解のため、シャビやカルレス・プジョルら代表でのチームメイトに直接電話をかけ謝罪をしたと報じられたこと(実際はその電話の内容は口論であった)、恋人であるがクラブ内情を暴露したことなどから、ジョゼ・モウリーニョとの確執が発生。そんな中、2012-13シーズンには2013年1月23日のコパ・デル・レイ準々決勝のバレンシア戦にてアルバロ・アルベロアとの接触により左手を骨折し、長期離脱を余儀なくされる。負傷から復帰した後も、緊急補強されたディエゴ・ロペスが正GKに定着したため、出場機会が得られない状況が続いた。リーグ最終戦であるCAオサスナ戦では、ロペスが負傷していたのにも関わらずカシージャスは招集外となり、ヘスス・フェルナンデスがゴールを守った。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・ガルシア・デ・ラ・トーレ

    ガブリエル・ガルシア・デ・ラ・トーレから見たシャビシャビ

    2005-06シーズン冬の移籍市場でプレミアリーグのチームに引き抜かれそうになったが、親友のシャビをはじめとする多くのチームメイトに引き留められて残留したが、シーズン終了後にバルセロナとの契約更新はなく、バルセロナの元アシスタントコーチでアヤックス・アムステルダムの監督に就任したヘンク・テン・カテの誘いに応じる形で2006年6月6日に自由移籍で元同僚のロジェール・ガルシアと共にアヤックスに加入した。ガブリエル・ガルシア・デ・ラ・トーレ フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012決勝

    UEFA EURO 2012決勝から見たシャビシャビ

    スペインは14分にセスク・ファブレガスが右側ゴールライン付近から折り返したボールをダビド・シルバがヘディングで押し込んで先制、41分にもシャビのスルーパスに反応したジョルディ・アルバがGKとの1対1を制して2点目を決める。前半戦を2-0で折り返したスペインは後半もペースダウンすることなく、84分にはシャビのスルーパスに反応したフェルナンド・トーレスがGKとの1対1を制して3点目 を、88分には左ゴールポスト付近に抜け出しGKとの1対1の状況を作ったフェルナンド・トーレスがゴール正面にいたフアン・マタにパスを選択、マタが4点目を決め、4-0で勝利した。UEFA EURO 2012決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ラ・マシア

    ラ・マシアから見たシャビシャビ

    育成組織としてのラ・マシアは世界で最も優れた育成組織のひとつとして称賛されており、2010年のFIFAバロンドール投票では最終候補の3人(MFシャビ、MFアンドレス・イニエスタ、FWリオネル・メッシ)をすべてラ・マシア出身選手で占めるという偉業を成し遂げた。ラ・マシア フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たシャビシャビ

    8歳のときに地元アルバセテ・バロンピエの下部組織に入団した。12歳の時に出場した全国大会ではほれぼれするほどのドリブル能力と視野の広さを見せ、様々なクラブから注目を集めた。レアル・マドリードの下部組織に入団する予定だったが、両親の意向で取りやめられ、両親とFCバルセロナの下部組織寮(ラ・マシア)を見学して好印象を持ったことからFCバルセロナに入団した。MFセスク・ファブレガス同様、入団当初は守備的ミッドフィールダーだったが、ボディバランス、精密なコントロール、ボールキープの技術などが評価されて攻撃的ミッドフィールダーに転向した。シャイな性格であり、ラ・マシアではしばしばホームシックにかかった。U-15チームではキャプテンを務め、1999年のナイキ・プレミア・カップ決勝ではロスタイムに決勝点を挙げて優勝に貢献し、大会最優秀選手に選ばれた。イニエスタにトロフィーを手渡したのは,当時トップチームでキャプテンを務めていたMFジョゼップ・グアルディオラであり、グアルディオラは「今まで見た中で最高の選手」と記した写真をイニエスタに贈った。グアルディオラはクラブの若手有望株だったMFシャビに「じきにお前は俺を引退に追い込むだろうが、あの坊や(イニエスタ)が俺たちふたりを引退に追い込むかもしれないぞ」と語りかけたのはこの大会時であったと伝えられている 。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼

    キャプテン翼から見たシャビシャビ

    本作品の影響は日本だけに留まらず、世界各国におよんでおり、元フランス代表のジネディーヌ・ジダン やティエリ・アンリ やセバスティアン・フレイ、元イタリア代表のアレッサンドロ・デルピエロ やフランチェスコ・トッティ やジェンナーロ・ガットゥーゾ やジャンルカ・ザンブロッタ やフィリッポ・インザーギ、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ やセルヒオ・アグエロ、ブラジル代表のカカ、スペイン代表のフェルナンド・トーレス やアンドレス・イニエスタ や元代表のシャビ、チリ代表のアレクシス・サンチェス、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキらがファンであることや影響を受けたことを公言している。キャプテン翼 フレッシュアイペディアより)

  • FCバルセロナ

    FCバルセロナから見たシャビシャビ

    1998年夏の移籍市場ではパトリック・クライファート、フィリップ・コクーらを獲得し、1999年冬の移籍市場ではフランク・デ・ブール、ロナルド・デ・ブールを獲得。1998-99シーズンはFCバルセロナBからシャビを昇格させ、UEFAチャンピオンズリーグでは2年連続でグループリーグ敗退するものの、リーガ・エスパニョーラ2連覇を達成する。FCバルセロナ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たシャビシャビ

    前年同様に2009年夏の移籍市場では移籍が騒がれ、特に銀河系軍団の再構築を目標としているレアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレスや、前年の夏同様ユヴェントス、そして莫大な資金力をバックに持つマンチェスター・シティが強い興味を示した。これに対しベニテス監督は移籍の可能性を否定していたが、アロンソは移籍を直訴し、8月に移籍金推定3000万ユーロ(約40億5,000万円)でレアル・マドリードへ移籍。クラブにはすぐに馴染み、スペイン・マルカにてリーガ・エスパニョーラのベストイレブンに選ばれる、シャビ、ハビ・マルティネスらと共にスペインプロリーグ機構の選ぶLFPアワード、最優秀MFにノミネートされるなどの活躍を見せた。また、いくつかのスペインの報道機関やサポーターからはLa Barba Roja (赤髭)というニックネームもつけられた。シャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示

「シャビ・エルナンデス」のニューストピックワード