64件中 21 - 30件表示
  • ハビエル・マグロ・マティージャ

    ハビエル・マグロ・マティージャから見たシャビシャビ

    マティージャ (Matilla) こと、ハビエル・マグロ・マティージャ(Javier Magro Matilla, 1988年8月16日 - )は、スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ州トレド県出身のサッカー選手。エルチェCF所属。ポジションはミッドフィールダー(センターハーフ)。しばしば、プレースタイルがシャビと比較される。ハビエル・マグロ・マティージャ フレッシュアイペディアより)

  • シャビエル

    シャビエルから見たシャビシャビ

    シャビ(シャビエル・クレウス) - スペインのサッカー選手シャビエル フレッシュアイペディアより)

  • バリー・バナン

    バリー・バナンから見たシャビシャビ

    長短のパスでゲームを組み立てる左利きのセントラル・ミッドフィールダー。ダレン・フレッチャーは、シャビやポール・スコールズを引き合いに出して彼の将来を嘱望した。かつて指導を受けたイアン・ホロウェイやジェラール・ウリエにもその能力は認められたが、マーティン・オニールは170cmと小柄なバナンの身体能力に疑問を持ち、彼の下での出場機会は限られたものだった。バリー・バナン フレッシュアイペディアより)

  • ウナイ・ベルガラ

    ウナイ・ベルガラから見たシャビシャビ

    カタルーニャ州のセグンダ・ディビシオンB所属クラブであるUEサン・アンドレウ、UDAグラメネットから1999年セグンダ・ディビシオン所属のCPメリダへ移籍しレギュラーとして活躍、クラブは財政難により翌年限りで解散となるも自らは同年プリメーラ・ディビシオン昇格を果たしたビジャレアルCFへと順調なステップアップを続ける。2000年のシドニー五輪にカルレス・プジョルやシャビらとともに参加し、銀メダルを獲得した。ベルガラは3試合に出場した。2001年2月28日のイングランド戦でスペイン代表デビューした。バスク州選抜でもプレーした。ウナイ・ベルガラ フレッシュアイペディアより)

  • カンテラ

    カンテラから見たシャビシャビ

    1990年代以降にはシャビやリオネル・メッシ、イニエスタ、ビクトル・バルデス、カルレス・プジョル、ジェラール・ピケなどを輩出し、現にトップチームで活躍する選手の多くはカンテラ出身である。ほか、アーセナルFCのセスク・ファブレガス(2011年に古巣・バルセロナに移籍)、SSCナポリのホセ・マヌエル・レイナなどのように他チームで開花する選手も多い。また、2011-2012シーズンまでのバルセロナ監督のジョゼップ・グアルディオラもカンテラ出身である。カンテラ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たシャビシャビ

    FCバルセロナはシャビとアンドレス・イニエスタを先発メンバーから外し、中盤にエジミウソン、マルク・ファン・ボメル、デコを配置した4-3-3フォーメーションを展開した。この試合がFCバルセロナでのラストゲームになる可能性のあったヘンリク・ラーションはベンチから試合開始の笛を聞いた。一方のアーセナルFCは負傷中のローレン・エタメ・マイヤーの代わりの右サイドバックにエマニュエル・エブエを先発で起用し、シーズン中怪我に悩まされて今大会では2試合しか出場機会のなかったアシュリー・コールが左サイドバックに復帰した。1トップのアンリの背後にはフレドリック・ユングベリが位置した。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・フレッチャー

    ダレン・フレッチャーから見たシャビシャビ

    2008-09シーズンは、キャリックとロナウドが怪我によりチームを離脱していたため、開幕から2試合連続でスターティングメンバーとして出場し、オールド・トラッフォードで行われたニューカッスル・ユナイテッドFCとの開幕戦では、ゴールも決めた。シーズン2ゴール目は、ポーツマス戦で、パトリス・エヴラのパスから決めたゴールである。チームは1-0で勝利したが、93分にはイエローカードを受けた。2008年10月3日には、3年間の契約延長にサインし、2012年までクラブに留まることになった。3ゴール目は、10月25日のエヴァートン戦で記録した。FIFAクラブワールドカップ2008では、12月18日に行われた準決勝のガンバ大阪戦に交代で出場し、ゴールを挙げた。2009年5月5日に行われたアーセナルFCとのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグでは、チームは勝利し決勝進出を果たしたが、フレッチャーはレッドカードを受け、決勝戦は出場停止となってしまった。クラブは取り消しを求めて異議を申し立てたが、11日に訴えは退けられた。ファーガソン監督が、FCバルセロナとの決勝戦にフレッチャーの出場を熱望した理由は、シャビやアンドレス・イニエスタを潰してくれることを期待したからであった。ダレン・フレッチャー フレッシュアイペディアより)

  • マルヴァン・マルタン

    マルヴァン・マルタンから見たシャビシャビ

    2010年7月27日には不動の司令塔だったステファン・ダルマがスタッド・レンヌに移籍し、マルタンのチームの中での重要性は揺るぎないものとなった。出身地がパリ14区であることに因んで、背番号は14に変更された。8月14日のASサンテティエンヌ戦 (2-3) では2010-11シーズン初得点を決め、はっきりとした結果を出して見せた。サンテティエンヌ戦の翌節のOGCニース戦 (4-0) では地元メディアに魔法の瞬間(moment of magic)と表現されるゴールを決めた。ストライカーのイディエ・ブラウンやモディボ・マイガ、ウイングのニコラ・モーリス=ブレイと息の合ったプレーを見せ、彼らのゴールを何度もアシストした。2011年1月末リーグ最多となる10個目のアシストを決めた。2010年8月7日のACアルル・アヴィニョン戦(2-1)と11月26日のSMカーン戦 (3-0) では1試合2アシストを決め、5-1と完勝した2011年1月29日のスタッド・ランス戦では1得点1アシストを決めている。トップ下のレギュラーとして37試合に出場し、3得点17アシストを挙げアシスト王に輝いた。FCバルセロナでプレーするシャビにあやかって、チームメイトや友人からは冗談半分にリトル・シャビというニックネームを付けられた 。リーグ戦を通しての見事なプレーぶりが評価され、リーグ最優秀若手選手賞の候補にママドゥ・サコー、ヤン・エムヴィラ、アンドレ・アイェウの3人とともにノミネートされた。マルヴァン・マルタン フレッシュアイペディアより)

  • ヘンク・テン・カテ

    ヘンク・テン・カテから見たシャビシャビ

    攻撃的なスタイルを好み、オランダのハウススタイルである4-3-3をベースに、4-2-3-1、4-3-2-1をチームのコンディションと起用する選手によって使い分けるオランダ有数の戦術家として知られ、人とボールが動くスピード溢れるサッカーで一時代を築き、度々オランダ代表監督候補に名前が挙がる程、戦術家としての評価は高い。特にテン・カテはスペースの使い方とポジショニングを徹底させることがチーム作りの基礎であると考えている。またその戦術は、ヨハン・クライフがFCバルセロナに持ち込んだ4-3-3のシステムよりも、ポジショニングとスペースの使い方に関して明確なルールを作った上で、細かい動きは選手のアイディアに任せることにより、選手の特徴が活かされ選手とボールが動き続ける画期的な戦術になった。また当時16歳であったリオネル・メッシの才能にも着目し、トップチームの練習に1年間参加させた後、17歳でトップチームの公式戦にデビューさせ才能を開花させた。加えて、クラブの下部組織出身の ビクトル・バルデス、カルレス・プジョル、 シャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタをチームの中心に据えるスタイルを確立したため、フランク・ライカールトと共に現代のFCバルセロナの原型を作ったとも言われている。また同時に自由奔放な性格で知られるロナウジーニョには特に厳しい姿勢で臨み選手として成功に導いた。アヤックスでも同様に伝統の4-3-3と4-2-3-1システムを組み合わせ、当時オランダで最も攻撃的でアグレッシブなプレスからゴールに迫るサッカーで人々を魅了し、戦術家としての地位を確立した。またアヤックス監督時代には当時無名選手でフローニンゲンでプレーしていたルイス・スアレスの才能にいち早く注目し獲得するなど、選手のスカウティング能力にも長けている。規律を重んじ厳格な性格で知られているが、ヘンク・テン・カテ フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たシャビシャビ

    2010 FIFAワールドカップではジェラール・ピケとセンターバックのコンビを組んで全ての試合に先発出場し、準々決勝のパラグアイ戦で84分に途中交代した以外は試合終了までプレーした。準決勝のドイツ戦 (1-0) では89分にシャビが蹴ったコーナーキックをヘディングで合わせ、決勝進出を確信する決勝点を決めた。代表での1得点目と2得点目は大差が付いた段階での得点であり、初めての勝利に直結する得点であった。決勝ではオランダを1-0で下し、初優勝を果たした。7試合で2点しか許さず、GKイケル・カシージャスも含めた守備陣は抜群の安定感を誇った。2010年8月1日、少なくともあと2年間はスペイン代表でのプレーを続けることを発表した。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「シャビ・エルナンデス」のニューストピックワード