54件中 21 - 30件表示
  • ルイ・ファン・ハール

    ルイ・ファン・ハールから見たシャビシャビ

    また若手選手を積極的に起用する傾向がある。2度のバルセロナ監督時代には10代の頃のシャビやアンドレス・イニエスタをカンテラからトップチームに引き上げて重用した。バイエルンではトップチーム昇格一年目のトーマス・ミュラー、ホルガー・バトシュトゥバーをレギュラーに抜擢し成果を上げたが、ルカ・トーニ、ルシオなど実績のあるベテランを冷遇し彼らの退団へと繋がった。ルイ・ファン・ハール フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たシャビシャビ

    FCバルセロナはシャビとアンドレス・イニエスタを先発メンバーから外し、中盤にエジミウソン、マルク・ファン・ボメル、デコを配置した4-3-3フォーメーションを展開した。この試合がFCバルセロナでのラストゲームになる可能性のあったヘンリク・ラーションはベンチから試合開始の笛を聞いた。一方のアーセナルFCは負傷中のローレン・エタメ・マイヤーの代わりの右サイドバックにエマニュエル・エブエを先発で起用し、シーズン中怪我に悩まされて今大会では2試合しか出場機会のなかったアシュリー・コールが左サイドバックに復帰した。1トップのアンリの背後にはフレドリック・ユングベリが位置した。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金のカルテット

    黄金のカルテットから見たシャビシャビ

    ユーロ2008に出場したスペイン代表のシャビ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、フランセスク・ファブレガスの四人。「Cuatro Jugones(クアトロ・フゴーネス=四人の創造者たち)」と名付けられた彼らは、四人がピッチに揃った機会は少なかったものの、中盤の底に入ったマルコス・セナを含め抜群の存在感で中盤を支配した。黄金のカルテット フレッシュアイペディアより)

  • エルナンデス

    エルナンデスから見たシャビシャビ

    シャビエル・エルナンデス(Xavier Hernandes、1980年1月25日 - ) - スペイン出身のサッカー選手。エルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ハビ・マルティネス

    ハビ・マルティネスから見たシャビシャビ

    2010年5月20日、それまでスペイン代表未招集だったにもかかわらず、ビセンテ・デル・ボスケ監督によって2010 FIFAワールドカップに出場するメンバー23人に選ばれた 。5月29日、オーストリアのインスブルックで行われたサウジアラビアとの親善試合(3-2)で、81分にシャビとの交代で途中出場し、スペインA代表デビューした。6月3日、韓国との親善試合(1-0)では先発出場して80分までプレーした。2010 FIFAワールドカップ本大会では、グループリーグのチリ戦(2-1)でシャビ・アロンソが負傷したために途中出場し、20分間プレーした。それ以降は出場機会がなかったが、スペイン代表は初優勝を果たした。ハビ・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・フレッチャー

    ダレン・フレッチャーから見たシャビシャビ

     ファーガソン監督が、FCバルセロナとの決勝戦にフレッチャーの出場を熱望した理由は、シャビやイニエスタを潰してくれることを期待したからであった。ダレン・フレッチャー フレッシュアイペディアより)

  • カンテラ

    カンテラから見たシャビシャビ

    1990年代以降にはシャビやリオネル・メッシ、イニエスタ、ビクトール・バルデス、カルレス・プジョル、ジェラール・ピケなどを輩出し、現にトップチームで活躍する選手の多くはカンテラ出身である。ほか、アーセナルFCのセスク・ファブレガス(2011年に古巣・バルセロナに移籍)、リバプールFCのホセ・マヌエル・レイナなどのように他チームで開花する選手も多い。現・バルセロナ監督のジョゼップ・グアルディオラもカンテラ出身である。カンテラ フレッシュアイペディアより)

  • ティキ・タカ

    ティキ・タカから見たシャビシャビ

    ヨハン・クライフがFCバルセロナの指揮をとった1988-1996年の間に後のティキ・タカの元となるプレースタイルが創られ、後任を務めたルイ・ファン・ハールとフランク・ライカールトが発展させ、このスタイルがスペインリーグの他のチームにも広まっていった。そして、グアルディオラがバルセロナの指揮をとった2008年から2012年の間にシャビ、アンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガス、リオネル・メッシなどの、肉体的な強さはないがボールを扱う技術に長けた選手達により、さらに発展したものとなったティキ・タカを用いた場合、選手達は選手間で複数のパスコースを確保しながらパスを回し、ゴールへの道筋を作る。ティキ・タカ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・マルチェナ

    カルロス・マルチェナから見たシャビシャビ

    ナイジェリアで開催されたFIFAワールドユース選手権にU-20スペイン代表の一員として、シャビ、ガブリらと共に優勝に貢献した。2000年にはシドニー・オリンピックにU-23スペイン代表として出場し、銀メダルを獲得した。2002年8月のハンガリー戦でA代表デビューし、2004年にはUEFA欧州選手権2004に出場した。2006年のドイツW杯では1試合の出場にとどまった。2008年のUEFA欧州選手権2008ではCBのレギュラーとして6試合3失点という堅いディフェンス陣を築き、スペインの優勝に貢献した。カルロス・マルチェナ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ルケ

    アルベルト・ルケから見たシャビシャビ

    シドニーオリンピックでU-23スペイン代表として2試合に出場し、シャビ, ガブリ, ダビド・アルベルダ, カルロス・マルチェナ, カルレス・プジョルらと共に銀メダル獲得に貢献した。RCDマヨルカでの活躍から、それまでA代表に出場歴がないにも関わらず2002 FIFAワールドカップのメンバー入りを果たし、2002年6月12日、3-2で勝利したグループステージの南アフリカ戦で初出場を記録。また、ベスト16のアイルランド戦にも出場し勝利した。アルベルト・ルケ フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示

「シャビ・エルナンデス」のニューストピックワード