64件中 41 - 50件表示
  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たシャビシャビ

    2008年にUEFA欧州選手権を制したスペイン代表の中盤の選手の多く、特にシャビ、アンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガスらにとって、グアルディオラは少年時代のアイドルであり、チームを去っても尊敬度は変わらなかった。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • 1月25日

    1月25日から見たシャビシャビ

    1980年 - シャビ、サッカー選手1月25日 フレッシュアイペディアより)

  • ヤヤ・トゥーレ

    ヤヤ・トゥーレから見たシャビシャビ

    2007年7月1日、スペインのFCバルセロナに移籍金900万ユーロで移籍し、登録名をヤヤ・トゥーレ (Yaya Touré) からトゥーレ・ヤヤ (Touré Yaya) に変更した。FCバルセロナに所属する初のコートジボワール人選手であった。同年夏のジョアン・ガンペール杯はインテルと争い、先制点を挙げて5-0でのトロフィー獲得に貢献した。8月26日のリーグ開幕戦・ラシン・サンタンデール戦でデビューした。公式戦での初得点は9月2日のアスレティック・ビルバオ戦であり、UEFAチャンピオンズリーグでの初得点は2007-2008シーズン準々決勝のシャルケ04戦である。2007-2008シーズンは主にMFシャビとMFアンドレス・イニエスタの後ろで中盤のバランスをとるポジションで起用された。ヤヤ・トゥーレ フレッシュアイペディアより)

  • やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜

    やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜から見たシャビシャビ

    矢部のリフティング技術は、出演する選手からも評判は高くシャビが「ハーイ!やべっち」に出演した際には模範リフティングを見せられた挙句危うく宿題とされる所であった。やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜 フレッシュアイペディアより)

  • ミッドフィールダー

    ミッドフィールダーから見たシャビシャビ

    守備的MFの中でも特に司令塔的な役割を担う選手。比較的プレッシャーの弱い中盤の底から、広い視野と長短のパスを駆使して攻撃の指揮を執る。攻撃の開始となり、ラストパスではなく、それよりもひとつふたつ手前のパスを担当する場合が多いため、二手三手先まで先読みしゲームを組み立てる戦術眼と、長短のパスを自在にかつ正確に蹴り分ける技術が要求されるが、守備の役割は軽減される事も多く、プレッシャーも弱いポジションである事からフィジカルはさほど重要視されず、テクニックには優れるがフィジカルに劣るような選手も多い。役割や存在の呼称として「レジスタ」と呼ばれる事も多い。シャビ、フアン・セバスティアン・ベロン、ズボニミール・ボバン、ジュゼッペ・ジャンニーニ、デメトリオ・アルベルティーニ、アンドレア・ピルロなどが代表的な選手。ミッドフィールダー フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ラーム

    フィリップ・ラームから見たシャビシャビ

    UEFA EURO 2008でも全試合でスタメン出場し、決勝で負傷交代した以外は90分間出場した。大会開始時は右サイドバックとして起用されたが、ヤンセンの不調によりグループリーグ2試合目の途中から左サイドバックに移っている。準決勝のトルコ戦では自身のミスから失点を許すも、90分に代表通算3得点目となる決勝点を挙げ、1得点1アシストの活躍でチームを決勝に導いた。この得点を「これまでのキャリアの中で最も重要なゴール」と表現し、彼自身はそれに値するとは思っていなかったようだが、試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。決勝のスペイン戦(0-1)にも出場したが、33分にラームとGKイェンス・レーマンの連携不足からシャビにスルーパスを通され、フェルナンド・トーレスに先制点を許した。この得点が結果的に決勝点となり、スペインに敗れて準優勝に終わった。大会後にはUEFA選定の大会優秀選手に選ばれている。フィリップ・ラーム フレッシュアイペディアより)

  • 黄金のカルテット

    黄金のカルテットから見たシャビシャビ

    ユーロ2008に出場したスペイン代表のシャビ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、フランセスク・ファブレガスの四人。「Cuatro Jugones(クアトロ・フゴーネス=四人の創造者たち)」と名付けられた彼らは、四人がピッチに揃った機会は少なかったものの、中盤の底に入ったマルコス・セナを含め抜群の存在感で中盤を支配した。黄金のカルテット フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・キャリック

    マイケル・キャリックから見たシャビシャビ

    しかしながら、監督のルイ・ファン・ハールはキャリックの知性と経験を評価し、「ピッチ上の監督」だと述べ、元チームメイトのスコールズとガリー・ネヴィルはチームのパフォーマンスに影響を与えるキャリックの重要性について絶えず賞賛し、シャビやシャビ・アロンソといった選手からも評価を集めてきた。マイケル・キャリック フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ライカールト

    フランク・ライカールトから見たシャビシャビ

    2005-06シーズンではロナウジーニョ、エトオ、シャビといった主力選手のコンビネーションも強化され、リーグ戦では14連勝を記録するなど18試合連続で無敗を続け2連覇を達成。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06ではグループリーグを勝ち抜いた後、チェルシーFC、SLベンフィカ、ACミランを下して決勝に進出。決勝ではイングランドのアーセナルFCを2-1で下し、1991-92シーズン以来となる2度目の優勝を成し遂げた。なお、ライカールトは選手としても監督としてもヨーロッパチャンピオンを経験したが、ライカールト以外にはミゲル・ムニョス、ジョヴァンニ・トラパットーニ、ヨハン・クライフ、カルロ・アンチェロッティ、ジョゼップ・グアルディオラがいる。フランク・ライカールト フレッシュアイペディアより)

  • ジョバニ・ドス・サントス

    ジョバニ・ドス・サントスから見たシャビシャビ

    翌2007-08シーズンもプレシーズン・ツアーに参加。8月7日に行われた横浜F・マリノスとの親善試合ではゴールを決めた。9月2日のアスレティック・ビルバオ戦の62分にティエリ・アンリとの交代で出場し、18歳と114日でリーガ・エスパニョーラ初出場。同月19日の対オリンピック・リヨン戦で79分にシャビとの交代でチャンピオンズリーグデビューを果たした。リーグ最終戦のレアル・ムルシア戦ではリーガ初得点を含むハットトリックの活躍を見せた。ジョバニ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「シャビ・エルナンデス」のニューストピックワード