1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
78件中 71 - 78件表示
  • シャビ

    シャビから見たエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ

    2009-10シーズンも好調を維持した。1998-99シーズンから11シーズン連続で欧州カップ戦に出場しているが、2009年12月9日のUEFAチャンピオンズリーグ・ディナモ・キエフ戦に出場してクラブ初の欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。同月にはアラブ首長国連邦で行われたFIFAクラブワールドカップに出場し、アトランテCF(北中米カリブ海代表)とエストゥディアンテス(南米代表)に勝利して優勝した。2010年4月10日にはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのエル・クラシコで2アシストを記録した。リーグ戦34試合に出場して3得点9アシストを決め、勝ち点99を獲得してリーグ2連覇を果たした。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝でインテルに敗れたもののベスト4に残った。2010年6月3日、リーグ最優秀選手賞であるトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノでメッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選ばれた。6月9日、2016年6月末までの4年間の契約延長に合意した 。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たタラサ

    シャビ(Xavi)ことシャビエル・エルナンデス・クレウス(Xavier Hernández Creus、1980年1月25日 - )は、スペイン・ タラサ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに所属する。スペイン代表である。ポジションは MF(センターハーフ)。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たセグンダ・ディビシオン

    1991年、11歳の時にFCバルセロナの下部組織に加入し、ラ・マシアに入寮した。はじめてもらった24ユーロ(約3200円)の給料は故郷の母へトースターをプレゼントするのに使ったという。順調に下部組織のカテゴリーを昇格していき、1997年にはジョルディ・ゴンサルボが率いるFCバルセロナBに昇格し、セグンダ・ディビシオン(2部)昇格を果たしたチームのキープレーヤーであった。この頃、ミランから4年契約で移籍オファーがあった。家族から離れることを嫌い受けなかったと、後に母親がスペインメディア『TV Cuatro』のインタビューに応えて明かしている。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たマンチェスター・ユナイテッドFC

    2006-07、2007-08シーズンと連続してリーグ優勝を逃したためにフランク・ライカールト監督が辞任し、かつてのチームメイトであるジョゼップ・グアルディオラが監督に就任した。2008-09シーズンは個人的にもクラブにとっても素晴らしいシーズンであり、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成したチームの中で重要な役割を担った。2008年12月20日、クラブとの契約を2014年まで延長し、クラブで最も高額な部類となる年俸750万ユーロに昇給した。2009年2月14日のベティス戦のフル出場で公式戦通算452試合フル出場を達成し、クラブ歴代2位のFWカルロス・レシャックのフル出場記録に並び、ランクの上にはDFミゲリ(548試合フル出場)しかいない。5月2日に行われたレアル・マドリードとのエル・クラシコでは4アシスト(プジョルとアンリに対して1アシスト、メッシに対して2アシスト)を決め、6-2と大勝してリーグタイトル獲得を決定づけた。ビルバオとのコパ・デル・レイ決勝では駄目押しとなる直接フリーキックを決めた。マンチェスター・ユナイテッドとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝では69分にリオネル・メッシの得点をアシストし、ペナルティエリアの外からゴールポストを叩くシュートを放った。最終的に2-0で勝利して自身2度目の優勝を果たし、同大会の最優秀MFに選出された。2008-09シーズンのリーグ戦ではリーグ最多の20アシストを記録し、UEFAチャンピオンズリーグでも最多の7アシストを記録した。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見た2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

    2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でも中心選手としてチームを引っ張り、10戦10勝で本大会出場を決めた。本大会グループリーグのスイスとの緒戦は0-1で敗れたが、ホンジュラスとチリに勝利してグループリーグ突破を決め、決勝トーナメントではポルトガル、パラグアイ、ドイツ、オランダを倒して初優勝を飾った。決勝トーナメント1回戦ではヒールパスでFWダビド・ビジャの決勝点をアシストし、準決勝ではコーナーキックでDFカルレス・プジョルの得点をアシストした。決勝までの7試合で669本のパスを試みて544本を成功させ、そのパス成功率は81%にも達した。パス本数はバスティアン・シュバインシュタイガーに104本差をつけて参加選手中最多を誇り、パス成功本数が500本を越えたのは彼だけであった。また、43本のコーナーキックを蹴って26本を味方に合わせたが、キック数・成功本数ともに2位を大きく引き離してトップだった。7試合で全選手中トップの80.2kmの走行距離を記録し、1試合平均走行距離は11.4kmに達した。ペナルティエリア内にボールを運んだ回数も全選手中トップの20回を記録した。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー

    UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー:2回(2008、2009)シャビ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たFIFAバロンドール

    2010年11月29日、5-0で完勝したエル・クラシコでは先制点をマーク。12月にはFIFAバロンドールの最終候補3名が発表され、FCバルセロナのシャビ、イニエスタ、メッシの3人が候補を独占した。しかしあと一歩及ばずメッシに敗れてしまったが、シャビは「これはカンテラ(育成機関)への賞だ」とメッシの受賞をたたえた。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノ

    2009-10シーズンも好調を維持した。1998-99シーズンから11シーズン連続で欧州カップ戦に出場しているが、2009年12月9日のUEFAチャンピオンズリーグ・ディナモ・キエフ戦に出場してクラブ初の欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。同月にはアラブ首長国連邦で行われたFIFAクラブワールドカップに出場し、アトランテCF(北中米カリブ海代表)とエストゥディアンテス(南米代表)に勝利して優勝した。2010年4月10日にはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのエル・クラシコで2アシストを記録した。リーグ戦34試合に出場して3得点9アシストを決め、勝ち点99を獲得してリーグ2連覇を果たした。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝でインテルに敗れたもののベスト4に残った。2010年6月3日、リーグ最優秀選手賞であるトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノでメッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選ばれた。6月9日、2016年6月末までの4年間の契約延長に合意した 。シャビ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
78件中 71 - 78件表示

「シャビ・エルナンデス」のニューストピックワード