1105件中 91 - 100件表示
  • ハドソン

    ハドソンから見たシャープシャープ

    転機が訪れたのは1979年にシャープ(ハドソンが扱っていたパソコンの販売元)の勧めで『月刊誌「マイコン」昭和54年7月号』にオリジナルソフトウェアの通信販売広告を掲載した事である。当時のハドソンは経理的に見て「いつ潰れてもおかしくない資金繰り」であったが、巨額の利益を上げることができた。ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • ATOK

    ATOKから見たシャープシャープ

    最初に携帯電話に採用されたのはNTTドコモの携帯電話・D503i(三菱電機製)であった。ソフトバンクやau(KDDI/沖縄セルラー電話)の携帯電話にも搭載例があり、ATOK for au等という呼び方もある。特にauのKCP+機では標準でATOKが採用されているが、必ずしもATOKには固定されておらずKCP+機種でもシャープはケータイShoin(SH008以前、基幹エンジンは富士ソフトのFSKAREN)やiWnn(SH009以降)を、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズはPOBox Proを独自搭載している。ATOK フレッシュアイペディアより)

  • モバHO!

    モバHO!から見たシャープシャープ

    当初、携帯型受信機は東芝とシャープがそれぞれ発売した。このうち、東芝製の「モバビジョン」は2006年2月に「リチウムイオンバッテリーパックが膨らみ、バッテリーケースの蓋が閉まらない」というトラブルが起きることが判明したが、その後改善した。この東芝・シャープの製品は生産完了により終息し、モバイル放送社自身がカーキットと呼ばれる車載用、またホームキットという屋内受信用のセットを販売していた。モバHO! フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows Embedded CE

    Microsoft Windows Embedded CEから見たシャープシャープ

    H/PCについては、かつてはNECの「モバイルギア」、シャープの「テリオス」、日本ビクターの「インターリンク」、日立製作所の「ペルソナ」、ヒューレット・パッカードの「ジョルナダ」、NTTドコモが販売する「シグマリオン」などの機種があったが、いずれも生産を終了している。マイクロソフトもH/PC向けの製品をリリースしておらず、H/PC市場は事実上終息している。Microsoft Windows Embedded CE フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見たシャープシャープ

    しかし、90年代初めには東芝本体の経営方針転換により、オーディオの自主開発を中止。順次ケンウッドやシャープのOEMに切り替わった後、それらの販売終了と共に東芝ブランドのオーディオは一旦市場から消えた。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • グラディウス (ゲーム)

    グラディウス (ゲーム)から見たシャープシャープ

    1987年に登場したシャープ製PC、X68000の初代モデルに同梱された。本機の性能をデモンストレーションする役割を担っていた。グラディウス (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 福山市

    福山市から見たシャープシャープ

    シャープ電子デバイス事業本部福山工場はCCDイメージセンサ、液晶ドライバーなどの生産拠点。福山市 フレッシュアイペディアより)

  • 矢板市

    矢板市から見たシャープシャープ

    シャープ(株)(東証一部)AVシステム事業本部矢板市 フレッシュアイペディアより)

  • 電器店

    電器店から見たシャープシャープ

    さらに電機メーカー各社は前述したパナソニックの「スーパープロショップ」制を皮切りに、系列店を「売り上げ増に一層意欲的な店舗のみ」に再編する施策を進めている。特にパナソニックは2007年度以降、販売の力点を量販店からパナソニックショップへ移行させ団塊世代大量退職による新規顧客増に備えると共に各種工事の注文がパナソニックショップ一カ所でまとめて可能な「ワンストップサービス」の充実も図る。またシャープもこれまでの「フレンドショップ」と呼ばれる自社系列店網を大規模再編して販促のノウハウ等を提供する新たな加盟店組織を発足させ、将来的にシャープ製品販売に積極的な自社系列店を倍増させる計画を発表した(2007年11月16日、全国の地方紙朝刊記事で一斉報道)。東芝ストアーや日立チェーンストールなど他社の系列店数が全国で1万店未満なのに対しパナソニックショップは店舗数が全国で1万8000店という日本最大の地域電器店ネットワークを誇っていることから、パナソニック側はこの長所を最大限に活かして今後の売り上げ増への足がかりとする計画である。同業他社もパナソニックの動きに追随する形で、遅まきながら系列店への販促支援を強化している。しかしパナソニック以外の他社では、後継者育成や従業員募集に未だ消極的である。電器店 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の太陽光発電所

    日本の太陽光発電所から見たシャープシャープ

    2005年頃まで、シャープ、京セラ、三洋電機、三菱電機など日本のセル・モジュールメーカーが世界シェアの約半分を占めていたが、その後シェアを失った。中国・台湾系の専業メーカーがIPOで得た資金で設備投資を拡大し、欧州を中心とするメガソーラー市場で一気に成長したためである。2010年の世界トップ25社のうち11社が中国企業であった。また、参入障壁が高いとされてきた国内の住宅用太陽光市場でも外資の参入で日本企業のシェアが低下している。急激に生産能力が増強されたため、供給超過に陥っており、今後淘汰が進む可能性がある。日本の太陽光発電所 フレッシュアイペディアより)

1105件中 91 - 100件表示

「シャープ」のニューストピックワード