1323件中 91 - 100件表示
  • シャープペンシル

    シャープペンシルから見たシャープシャープ

    「シャープペンシル」の語源は、1837年頃にアメリカで発売された世界最初の実用シャープペンシルの商標 Eversharp だと言われている。Eversharpが販売されていたアメリカでは、日本でシャープペンシルという呼称が一般化する以前から「(エバーシャープ・ペンシル)」という呼び名があった。明治時代に日本にシャープペンシルが入り「繰り出し鉛筆」と呼ばれていたものが、大正時代に「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」という商標の商品が発売されて以降、シャープペンシルという呼称が一般化していった。「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」は電機メーカーシャープの社名の語源になっている(詳細は歴史節参照)。シャープペンシル フレッシュアイペディアより)

  • INAXの商品

    INAXの商品から見たシャープシャープ

    シャワートイレ一体型便器、ダイレクトバルブ洗浄、タンクレスなどの特徴を備える。「サティス」とは満足を示す英語’’satisfaction’’からの造語。初代は2001年、2代目は2004年(2006年よりECO6対応)、3代目は2009年より発売。「世界最小・満足最大」が売りで、コンパクトなサイズに関してはライバルのTOTOネオレストの追随を許さない。「さらっと便座」「リラックスミュージック」「鉢内除菌(シャープが持つプラズマクラスター技術を利用)」などの装備も特徴的である。水圧が低い場所では利用できなかったが、2009年のモデルチェンジにあわせて低流動圧対応ユニットを内蔵したタイプを設定した。現行品は大洗浄5リットル、小洗浄4リットルのECO5となっている。2009年のモデルチェンジでは上位機種に節電機能を強化したWタイプを設定。CL(INAXデザインコレクション)商品。2011年には大4リットル・小3.3リットルのECO4タイプが追加された(ECO5タイプも併売)。2013年にはラインナップの拡大を行った4代目となり、Gタイプ・Sタイプ・Eタイプの3タイプ構成となった。3代目に近い形状のSタイプのほか、Sタイプより大型化し、パワードライブ式洗浄を装備した上位モデルのGタイプと、下位モデルのEタイプになっている。Sタイプ・Gタイプは瞬間式、Eタイプは貯湯式。INAXの商品 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たシャープシャープ

    1977年にカリフォルニア大学バークレー校経済学部の3年生に編入。さらに1979年、シャープに自動翻訳機を売り込んで得た資金1億円を元手に、米国でソフトウェア開発会社の「」を設立。インベーダーゲーム機を日本から輸入。結婚。1980年にカリフォルニア大学バークレー校を卒業。学位は、経済学士。日本へ帰国後、会社を設立するために福岡市博多区雑餉隈に事務所を構えた。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • ズノー

    ズノーから見たシャープシャープ

    シャープ - 「日本一縦に長いクイズSHOW シャープに答えて!」(店頭限定)ズノー フレッシュアイペディアより)

  • スカパー!プレミアムサービス

    スカパー!プレミアムサービスから見たシャープシャープ

    2018年3月現在、スカパープレミアム用チューナー単体機を自社生産している国内メーカーはパナソニックのみ(アンテナ自社生産からは撤退)。スカパープレミアム・8K対応BSデジタル両用衛星アンテナを自社生産している国内メーカーはマスプロ電工のみとなっている(かつてはソニー・アイワ・東芝・シャープ・日立製作所・三菱電機・パイオニア=現:オンキヨー&パイオニア・日本ビクター=現:JVCケンウッド・DXアンテナ・ユニデン・ヒューマックスもスカパーチューナー及びアンテナを自社生産していたが、2017年までに撤退。アナログAV出力端子を1系統搭載したパナソニック製スカパープレミアムチューナー普及モデル「TZ-HR400P」はマスプロ電工へも「CDT700HD」としてOEM供給されている他、ディーガ2010年秋モデル「DMR-BF200」も本機と同じ筐体を使用)。スカパープレミアムサービス光及び4K対応の上位機種「TZ-WR4KP」はアナログAV出力端子非搭載(TV受像機とはHDMI接続のみ可)。スカパー!プレミアムサービス フレッシュアイペディアより)

  • mova

    movaから見たシャープシャープ

    なお、当初はドコモ標準ソフトを採用端末メーカーであるするP(松下通信工業)、N(日本電気)、D(三菱電機)、F(富士通)、R(日本無線)、M(モトローラ)製のものにだけ「ムーバ」の商品名が付けられており、ソニーやシャープなど他社製の端末や変則的納入を行うメーカー、ドコモ標準ソフトを採用していない機種は2001年まで「ムーバ」を名乗れず、「DoCoMo by Sony SO502i」「DoCoMo NOKIA NM207」のような型番となっており、「byシリーズ」と呼ばれていた、2001年以降はムーバで統一された為に区別はされなくなった。mova フレッシュアイペディアより)

  • ヤマギワ (1923-2011)

    ヤマギワ (1923-2011)から見たシャープシャープ

    4月1日 - 千代田シャープ電気株式会社を設立し、営業部のシャープ製品専売卸部門を譲渡。ヤマギワ (1923-2011) フレッシュアイペディアより)

  • チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール

    チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデールから見たシャープシャープ

    2012年 - セカンドスポンサーが、アメリカの通信会社・バラクーダ・ネットワークに変わったため、ガーミン・バラクーダに名称変更。サーヴェロはチームサプライヤーとしてスポンサーを継続。6月25日、チームの共同スポンサーにシャープ米法人が加わることを発表、これに伴いチーム名はガーミン・シャープとなる。チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール フレッシュアイペディアより)

  • フロッピーディスク

    フロッピーディスクから見たシャープシャープ

    コンパクトフロッピーとも呼ばれる。1981年に、松下電器産業(現・パナソニック)、日立製作所、日立マクセルの3社が規格を発表。片面40トラック、250KBアンフォーマットなど、初めから5.25インチと互換が取れるように設計されていた。3社を中心に、日本でフロッピーディスクの標準化を進めたが、Macintosh、IBM PCが3.5インチを採用し、廃れていった。中山正之によれば、カセットのような分厚いケースに入ったもので、ケースの「内側」に読み取り部分のシャッターがあるもの。日本のマスコミには人気があったが、片面しか使用していなかったため記憶容量は3.5インチフロッピーディスクの半分であったという。実際に各社から発売されたメディアは両面を使うことができ、ディスクを裏返して挿入するドライブや、ディスクを裏返すことなく両面を読み取れるドライブが発売されていた。日立家電販売株式会社のベーシックマスターシリーズ用の外付けドライブMP-3370や、シャープX1Dなどに採用されている。フロッピーディスク フレッシュアイペディアより)

  • 電機メーカー

    電機メーカーから見たシャープシャープ

    電気機器の製造を中心事業とする売り上げ上位10位は、日立製作所, ソニー, パナソニック, 東芝, 富士通, 三菱電機, キヤノン, 日本電気 (NEC), シャープ (台湾ホンハイ傘下), リコーの順である。電機メーカー フレッシュアイペディアより)

1323件中 91 - 100件表示