1323件中 31 - 40件表示
  • experience

    experienceから見たシャープシャープ

    シャープ『au AQUOSPHONE CL IS17SH」TVCMソング』experience フレッシュアイペディアより)

  • シャープファイナンス

    シャープファイナンスから見たシャープシャープ

    シャープファイナンス株式会社(しゃーぷふぁいなんす、英文名称: SHARP FINANCE CORPORATION)は、シャープグループの金融・サービス会社である。芙蓉総合リースの連結子会社であり、シャープの持分法適用会社。シャープファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • 電子ブックリーダー

    電子ブックリーダーから見たシャープシャープ

    出版業界とのしがらみなどがあり、電子書籍に消極的であった日本においても、2010年に入りようやく動きが活発し、7月にはNTTドコモと大日本印刷連合、KDDIと凸版印刷、ソニー連合がそれぞれ電子書籍におけるアライアンスを発表し、2010年9月にはシャープが日本向け電子ブックリーダーとスマートフォンの機能を併せ持つandroid OSのGALAPAGOSやブックリーダー(SH-07C)を、ソニーが電子ペーパーを採用したReader(ソニー・リーダー)を発表している。またブックリーダー専門ではないが、電子書籍閲覧に適したGALAXY Tabといった、タブレット型のスマートフォンも発売され今後の日本の電子書籍の潮流に注目が集まっている。電子ブックリーダー フレッシュアイペディアより)

  • クリスタルバレー構想

    クリスタルバレー構想から見たシャープシャープ

    三重県のクリスタルバレー構想は、2000年(平成12年)当時の知事であった北川正恭がシャープ本社を訪問し、シャープ経営陣に三重県への液晶産業集積を要請を主としたトップセールスを行ったことに始まる。2000年内には三重県職員とシャープ社員による勉強会も定期的に開催された。クリスタルバレー構想 フレッシュアイペディアより)

  • 省スペースパソコン

    省スペースパソコンから見たシャープシャープ

    1970年代後半、パソコンの登場した当時、パソコンに標準的なサイズというものは存在せず、省スペースパソコンという概念もまた存在しなかったと考えられる。もちろん、比較的大型のものと比較的小型のものの区別は在ったし、用途別に使い分けられてもいたが、今日のようなはっきりとしたコンセプトの違いとして現れていたとは言えない。8ビット時代(1970年代後半から1980年代前半)のパソコンはアップルコンピュータ(現アップル)のApple IIや日本電気 (NEC) のPC-8000シリーズ・PC-6000シリーズ、富士通のFM-7、各社MSXパソコンなどキーボードと本体が一体となり、今日的な基準から言えば十分に省スペースと呼べるものも多かった。あるいはシャープMZ80シリーズやコモドールのPET-2001などのオールインワンタイプも合った。もちろん、PC-8800シリーズなどキーボードと本体が分離したものもあったが、どちらかというと高性能・高級な機種に採用される例が多く、主流とはいえず、サイズもまちまちで今日的な基準からするとやや小ぶりのものが多かったように思われる。省スペースパソコン フレッシュアイペディアより)

  • モバHO!

    モバHO!から見たシャープシャープ

    当初、携帯型受信機は東芝とシャープがそれぞれ発売した。このうち、東芝製の「モバビジョン」は2006年2月に「リチウムイオンバッテリーパックが膨らみ、バッテリーケースの蓋が閉まらない」というトラブルが起きることが判明したが、その後改善した。この東芝・シャープの製品は生産完了により終息し、モバイル放送社自身がカーキットと呼ばれる車載用、またホームキットという屋内受信用のセットを販売していた。モバHO! フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯旭

    佐伯旭から見たシャープシャープ

    佐伯 旭(さえき あきら、1917年(大正6年)3月8日 - 2010年(平成22年)2月1日 )は実業家。シャープ二代目社長、中興の祖。広島県出身。佐伯旭 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県道51号天理環状線

    奈良県道51号天理環状線から見たシャープシャープ

    シャープ情報システム事業本部奈良県道51号天理環状線 フレッシュアイペディアより)

  • IS01

    IS01から見たシャープシャープ

    IS01(あいえす ぜろいち)は、シャープによって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話。CDMA 1X WIN対応クラムシェル型スマートブックで、ISシリーズの1つである。製造型番はSHI01、メーカー型番はNB30。IS01 フレッシュアイペディアより)

  • Lo-D

    Lo-Dから見たシャープシャープ

    高級オーディオから撤退した1980年半ば以後、HITACHIブランドの家電系オーディオ機器(ラジカセ、ヘッドホンステレオ、ラジオなどのポータブル系)についても、事業を大幅に縮小。特にメインのCDラジカセについては、中・上位機種をパナソニック、シャープ、サンヨーからOEM供給を受け、下位機種は自社および共同開発品を韓国のLG(GoldStar)に生産委託していた。Lo-D フレッシュアイペディアより)

1323件中 31 - 40件表示