1323件中 41 - 50件表示
  • SH902iS

    SH902iSから見たシャープシャープ

    FOMA SH902iS(フォーマ・エスエイチ きゅう まる に アイ・エス)は、シャープによって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。SH902iS フレッシュアイペディアより)

  • V201SH

    V201SHから見たシャープシャープ

    V201SHは、シャープが開発し、ソフトバンクモバイル(旧・ボーダフォン)が販売する携帯電話である。V201SH フレッシュアイペディアより)

  • ダブルデッキ

    ダブルデッキから見たシャープシャープ

    シャープは既に「ザ・サーチャー」というダブルラジカセをヒットさせていたが、のちに「ツインカムW」も発売された。これはカセット2巻分のヘッドやローラーを1台分のスペースに収めたもので、カセットは縦に並べて挿入する。当初はフルロジック方式のみであったが、のちに廉価版としてメカニカル方式&ノーマルテープ専用デッキも発売された。ダブルデッキ フレッシュアイペディアより)

  • AX

    AXから見たシャープシャープ

    NECと富士通、松下電器を除く電気機器メーカー(ソニー、日立製作所、シャープ、東芝など)は1987年10月にAX協議会を設立、翌1988年2月発売の三洋電機MBC-17Jを皮切りにAX規格パソコンを製造、販売した。しかしながら、日本語化のために製造コストが高まり、世界仕様のPC/AT互換機や日本国内で普及していたPC-9800シリーズなどよりも割高になってしまった。また、日本アイ・ビー・エムや東芝は独自方式での日本語化を行っており、同じPC/AT互換機ベースでも日本語ソフトウェアの互換性は確保されなかった。そのような理由から、AX規格PCのシェアは伸び悩み、一部の外資系企業や製造メーカーの系列企業で導入された程度で、パソコン取り扱い店頭で見かけることも少なく、一般にはほとんど普及しなかった。AX フレッシュアイペディアより)

  • CP/M

    CP/Mから見たシャープシャープ

    CP/M上でC言語の処理系として名高いものは、Leor ZolmanのBDS-C、Whitesmith、AZTEC、HITECHのCコンパイラ、日本のLSIジャパンのLSI-C80などがある。日本では、ライフボート(当時)とそのOEM供給を受けたシャープが、CP/M向けに安価な各種言語のパッケージを販売していたこともある。ラインアップとしては、FORTRAN、COBOL、LISP、LOGO、Prolog、BDS-C(サブセット)、Pascal、Forthなどが存在した。CP/M フレッシュアイペディアより)

  • 桂泰三

    桂泰三から見たシャープシャープ

    桂 泰三(かつら たいぞう、1930年12月6日 - )は、日本の実業家。シャープの元副社長。桂泰三 フレッシュアイペディアより)

  • AVCREC

    AVCRECから見たシャープシャープ

    (なお、同社のBDレコーダー、及び2010年モデルのBDプレイヤーはシャープのOEMのため非対応)AVCREC フレッシュアイペディアより)

  • iVDR

    iVDRから見たシャープシャープ

    3月5日、キヤノン株式会社、富士通株式会社、株式会社日立製作所、フェニックス テクノロジーズ株式会社、パイオニア株式会社、三洋電機株式会社、シャープ株式会社、日本ビクター株式会社(現・株式会社JVCケンウッド)(アルファベット順)の8社は「iVDRハードディスクドライブ・コンソーシアム」を設立iVDR フレッシュアイペディアより)

  • INFOBAR A01

    INFOBAR A01から見たシャープシャープ

    INFOBAR A01(いんふぉばー えーぜろいち)は、シャープによって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話のCDMA 1X WIN対応ストレート型スマートフォンである。製品型番はSHX11。メーカー型番はAS35。INFOBAR A01 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の経済

    2010年の経済から見たシャープシャープ

    シャープとソニーの2社が情報端末を同時発売。シャープからは「GALAPAGOS」、ソニーからは「READER」をそれぞれ発売。また同時に電子書籍の配信も開始。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

1323件中 41 - 50件表示