1105件中 61 - 70件表示
  • 運命のしずく〜Destiny's star〜/星空計画

    運命のしずく〜Destiny's star〜/星空計画から見たシャープシャープ

    「星空計画」はシャープのスマートフォン『GALAPAGOS 003SH』のタイアップソングとなっており、ミュージックビデオは3D仕様で撮影され、シャープの3D液晶搭載スマートフォンでは3Dでの視聴が可能である。DVDに収録されているのは2D版となる。「星空計画 ?Merry X'mas thanks daddy ver.?」は、歌詞とアレンジがクリスマス向けに変更されたバージョン。運命のしずく〜Destiny's star〜/星空計画 フレッシュアイペディアより)

  • アクオス

    アクオスから見たシャープシャープ

    アクオス(AQUOS)とはシャープの液晶テレビを中心とした映像関連機器のブランド・シリーズ名称である。アクオス フレッシュアイペディアより)

  • INFOBAR A01

    INFOBAR A01から見たシャープシャープ

    INFOBAR A01(いんふぉばー えーぜろいち)は、シャープによって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話のCDMA 1X WIN対応ストレート型スマートフォンである。製品型番はSHX11(えすえいちえっくすいちいち)。メーカー型番はAS35(えーえすさんご)。INFOBAR A01 フレッシュアイペディアより)

  • シャープペンシル

    シャープペンシルから見たシャープシャープ

    名前は、現在のシャープの社名の語源にもなっている(詳細は後述)。口語では「シャーペン」という呼称が広く定着しており、一部に「シャープペン」、「シャープ」と呼ばれることもある。なお、英語圏では一般に (メカニカルペンシル)または(プロペリンペンシル )と言い、また「黒鉛の芯を使う筆記具の総称」とし一括りに(ペンシル)と言うこともある。シャープペンシル フレッシュアイペディアより)

  • データレコーダ

    データレコーダから見たシャープシャープ

    8ビット時代のパソコンへの具体的な採用例としては、日本においてはNECのPC-8000シリーズなどではキャリア周波数はそのままでシンボル長のみ短縮した600bpsでの記録を標準としていた。シャープのMZシリーズではコンピュータ本体に直接内蔵され、ソフトウェア制御によるパルス幅変調方式で記録を行い、他の機種と比較し、エラーの少ないアクセスと共に、1200bpsの速度を実現していた。この筐体に直接内蔵される専用のデータレコーダはMZ-80B、並びにその系譜にある機種では2000bpsに速度を変更すると共に、後述の通り、制御の多くもソフトウェアから行うことが可能であった。CPUからの直接制御であるため、そのタイミングの書き換えによって、そのレコーダの信頼性も手伝い、更に高速な読み書きも可能であった。別部署から発売されたX1でも、この電磁制御が可能なデータレコーダを採用しており、速度は2700bpsになっている。他に千葉憲昭の提唱したサッポロシティ・スタンダードがある。データレコーダ フレッシュアイペディアより)

  • ビエラリンク

    ビエラリンクから見たシャープシャープ

    対応機器をHDMIケーブル一本で接続するだけで映像と音声の出力以外に、対応機器のリモコン一台で他の接続機器の操作が出来る。従来のように機器にあわせてリモコンを持ち替える必要がなくなり、操作性が向上した。また操作に応じて各機器を自動的に適正なモードに切り替える統合制御が可能であり、例えばDVD・BDを見る場合、従来ならテレビとDVDレコーダー・BDレコーダーの電源を入れてテレビの入力を切り換える一連の作業が必要とされたのに対し、ビエラリンクではDVD/BDレコーダーの電源を入れるだけでテレビ電源が同時に入り入力切替も同時に行われるシステムである。2006年(平成18年)3月8日に発表され、同年4月より製品化が始まった。同じ年に少し遅れて登場したシャープのAQUOSファミリンクと共に、両社の売上アップに貢献している。同社はパナソニック純正のHDMIケーブル「VIELA LINK パワーケーブル」を推奨している(HDMI及びビエラリンクに準拠していない他社製ケーブルでは動作しない場合あり)。ビエラリンク フレッシュアイペディアより)

  • FM TOWNS

    FM TOWNSから見たシャープシャープ

    当時としては画期的な1677万色中256色発色機能やPCM音源を標準搭載し、強力なグラフィック機能やオーディオ機能を誇っていた。また、当時の家庭用ゲーム機では一般的なスプライト機能も搭載されており、ゲーム用プラットフォームとしても当時の人気機種だったシャープのX68000に劣らぬ能力を持っていた。FM TOWNS フレッシュアイペディアより)

  • DVD

    DVDから見たシャープシャープ

    DVD-Videoでの記録の場合、テレビ放送/DVD-VR/DVD-Videoの各音声方式の違いによる影響のためレコーダーでテレビ放送の二ヶ国語放送/解説放送が記録出来る市販レコーダーは2006年現在製造されていない(ステレオ放送は可能)。ただし後年はDVD-VRフォーマットでの記録が可能な製品も販売されており、DVD-VRの場合は二ヶ国語放送/解説放送の記録も可能。またDVD-Videoフォーマットでの記録の場合でも、マルチ音声トラック機能を用いて二ヶ国語以上の音声のDVD-Videoディスクを作成することは可能(DVD-VRでの記録も、DVD-Videoでの二ヶ国語切り替えディスクの作成もその可/不可は録画機器や作成ソフトなどのツール側の機能による)。また、東芝やパイオニア、シャープ等の一部メーカーのDVDレコーダーでは追記型VR記録が可能であるがファイナライズ処理を行わないと他のプレーヤー等で再生はできない。またDVD-Rメディアの初期状態はDVD-Videoフォーマットだが、DVD-VRでフォーマットをするとDVD-Videoフォーマットには戻せない。DVD フレッシュアイペディアより)

  • BASIC

    BASICから見たシャープシャープ

    X-BASICコンバーター (シャープ X68000)BASIC フレッシュアイペディアより)

  • ワードプロセッサ

    ワードプロセッサから見たシャープシャープ

    1977年、シャープが試作機を開発、5月のビジネスシヨウに出品した。なお、後に商品化したモデル(WD-3000)ではかな漢字変換は実装されていなかった。ワードプロセッサ フレッシュアイペディアより)

1105件中 61 - 70件表示

「シャープ」のニューストピックワード