1323件中 71 - 80件表示
  • 片山幹雄

    片山幹雄から見たシャープシャープ

    片山 幹雄 (かたやま みきお、男性、1957年(昭和32年)12月12日 - )は、日本の技術者・実業家。日本電産代表取締役副会長執行役員CTO。元 シャープ取締役社長・会長。片山幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬村晶

    小瀬村晶から見たシャープシャープ

    CM音楽も数多く手掛けており、これまでに、au KDDI、IKEA、YKK AP、KFC、KINFOLK、BLENDY、NIKON、RADO、MISAWA HOME、TOSHIBA、SHARP、FUJITSU、CANON、NANO・UNIVERSEといった企業のCM音楽を担当している。また、2010年以来、全日空が提供する空港のラウンジルーム「ANA LOUNGE」の音楽を監修している。2015年には、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」のTVCMに出演するなど、活動の幅を広げている。小瀬村晶 フレッシュアイペディアより)

  • データレコーダ

    データレコーダから見たシャープシャープ

    8ビット時代のパソコンへの具体的な採用例としては、日本においてはNECのPC-8000シリーズなどではキャリア周波数はそのままでシンボル長のみ短縮した600bpsでの記録を標準としていた。シャープのMZシリーズではコンピュータ本体に直接内蔵され、ソフトウェア制御によるパルス幅変調方式で記録を行い、他の機種と比較し、エラーの少ないアクセスと共に、1200bpsの速度を実現していた。この筐体に直接内蔵される専用のデータレコーダはMZ-80B、並びにその系譜にある機種では2000bpsに速度を変更すると共に、後述の通り、制御の多くもソフトウェアから行うことが可能であった。CPUからの直接制御であるため、そのタイミングの書き換えによって、そのレコーダの信頼性も手伝い、更に高速な読み書きも可能であった。別部署から発売されたX1でも、この電磁制御が可能なデータレコーダを採用しており、速度は2700bpsになっている。他に千葉憲昭の提唱したサッポロシティ・スタンダードがある。データレコーダ フレッシュアイペディアより)

  • 天理市

    天理市から見たシャープシャープ

    市北部にはシャープの総合開発センターがあり、研究所およびLSD・液晶ディスプレイの工場が置かれている。天理市 フレッシュアイペディアより)

  • 石油ファンヒーター

    石油ファンヒーターから見たシャープシャープ

    ファンヒーターは、多くの人に親しまれており、1978年に三菱電機が初めて商品化し、以後各家電メーカーや石油ストーブを生産していた暖房器具メーカーが参入した。しかし2004年前後に価格競争の激化や電気ファンヒーター(イオンファンやセラミックファン等)への転換などにより大手メーカーが撤退しはじめ、2007年のシャープをもって総合家電メーカーは石油ファンヒーター事業から手を引くことになった。以後はコロナ・ダイニチ工業・トヨトミ・サンポット・日本エー・アイ・シーなどの石油暖房器具メーカーのみが生産を行っている。石油ファンヒーター フレッシュアイペディアより)

  • 家庭の電化

    家庭の電化から見たシャープシャープ

    白黒テレビ受像機(1953年、シャープ)(後の三種の神器)家庭の電化 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見たシャープシャープ

    家電大手のシャープと日本放送協会(NHK)が共同で、ハイビジョンの16倍の横7680×縦4320画素(8K4K)の「スーパーハイビジョン」に対応した85V型液晶ディスプレイを開発。2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • MC68000

    MC68000から見たシャープシャープ

    1980年代中盤、68000はパーソナルコンピュータ (PC) やホビーパソコンで使われるようになった。まず、アップルコンピュータのLisaとMacintoshで使われ、その後コモドール Amiga、アタリ Atari ST、シャープ X68000 、それにソニー PalmTopなどで使われた。一方68008が使われたホビーパソコンとしてはシンクレアQLぐらいしかない。(ちなみに日立製作所製のMB-S1には、オプションとして68008ボードが存在した)MC68000 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の太陽光発電所

    日本の太陽光発電所から見たシャープシャープ

    2005年頃まで、シャープ、京セラ、三洋電機、三菱電機など日本のセル・モジュールメーカーが世界シェアの約半分を占めていたが、その後シェアを失った。中国・台湾系の専業メーカーがIPOで得た資金で設備投資を拡大し、欧州を中心とするメガソーラー市場で一気に成長したためである。2010年の世界トップ25社のうち11社が中国企業であった。また、参入障壁が高いとされてきた国内の住宅用太陽光市場でも外資の参入で日本企業のシェアが低下している。急激に生産能力が増強されたため、供給超過に陥っており、今後淘汰が進む可能性がある。日本の太陽光発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 電器店

    電器店から見たシャープシャープ

    さらに電機メーカー各社は前述したパナソニックの「スーパープロショップ」制を皮切りに、系列店を「売り上げ増に一層意欲的な店舗のみ」に再編する施策を進めている。特にパナソニックは2007年度以降、販売の力点を量販店からパナソニックショップへ移行させ団塊世代大量退職による新規顧客増に備えると共に各種工事の注文がパナソニックショップ一カ所でまとめて可能な「ワンストップサービス」の充実も図る。またシャープもこれまでの「フレンドショップ」と呼ばれる自社系列店網を大規模再編して販促のノウハウ等を提供する新たな加盟店組織を発足させ、将来的にシャープ製品販売に積極的な自社系列店を倍増させる計画を発表した(2007年11月16日、全国の地方紙朝刊記事で一斉報道)。東芝ストアーや日立チェーンストールなど他社の系列店数が全国で1万店未満なのに対しパナソニックショップは店舗数が全国で1万8000店という日本最大の地域電器店ネットワークを誇っていることから、パナソニック側はこの長所を最大限に活かして今後の売り上げ増への足がかりとする計画である。同業他社もパナソニックの動きに同調する形で、遅まきながら系列店への販促支援を強化しているが後継者育成や従業員募集に消極的。電器店 フレッシュアイペディアより)

1323件中 71 - 80件表示