前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
276件中 1 - 10件表示
  • シャープ

    シャープから見た片山幹雄

    5代目社長(2007-2012)片山幹雄(49-54歳)(1998年40歳で液晶事業部長に就任し、液晶事業を立て直す。退任後は代表権のない会長。)シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た鴻海

    15.世界経済が危機に陥ったとき、日本全体として技術と品質の高度化を選び国内需要を確実なものとし、世界市場の獲得につなげようとした。それが「ガラパゴス化」を生んだ。逆に中国(レノボ、ハイアールなど)・韓国(サムスン(三星)、LG、現代(ヒュンデ)など)、台湾(TSMC、鴻海などファンドリー)は徹底したコストダウンにより急激に成長する新興国市場を獲得し、その後簡潔な機能を重んじるアメリカ市場で勝った。低コスト・高品質のこれらのメーカーとの競争に敗れた日本は、生産委託、進出、提携しか選択肢はなくなった。当時の日本の集団思考(グループシンク、集団浅慮)の結果が液晶やエアコン市場などでの没落に現れた。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たソニー

    戦後、総合家電では松下電器産業やソニーが台頭し、営業・販売力においてこの2社に圧倒的な差を付けられていた上、静岡県でシャープ製のテレビ(ブラウン管はアメリカ等海外製)が突然発火して大火事になった事件などもあり、低迷の時代が続いた。しかし、1962年には日本の家電企業で初めて電子レンジを発売(当初は業務用)し、1966年には世界初のターンテーブル方式の電子レンジを開発する。さらに1964年にはオールトランジスタダイオードによる電子式卓上計算機(世界初)を開発。その後、カシオ計算機などとの電卓戦争の中で、表示部品としての液晶技術の開発を始め、1973年液晶を表示装置に使ったCMOS化電卓(世界初)を開発する。またこの間、1963年に太陽電池の量産を開始し、太陽電池は世界2位のシェアである。なお、一般の電池(乾電池、二次電池など)は生産していない。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たウィルコム

    MM総研の発表では、2005年度(2005年4月 - 2006年3月)の国内携帯電話出荷台数シェアで、16.3%を確保して首位に立った。NTTドコモとソフトバンクモバイル(2005年度当時はボーダフォン)のみの供給であったにも関わらず、首位に立った事は、現在の主流であるカメラ付き携帯電話のパイオニアであるからであろう。また、近年では同社の日本一のテレビブランド「AQUOS」の技術を採用した「モバイルASV液晶」というものを携帯電話のディスプレイに採用し、これも1つの人気となっている。勢いで2005年にはウィルコムにスマートフォンW-ZERO3で参入し、爆発的ヒットとなった。さらに翌2006年9月にはKDDI(auブランド)にもW41SHで参入した。また、サイクロイドスタイルというスタイルで人気となったワンセグモデル「AQUOSケータイ」が人気で2008年現在でソフトバンクモバイル向けに5機種、NTTドコモ向けに2機種、KDDI向けに2機種、計9機種を納入している。2007年3月からは携帯電話市場に新規参入したイー・モバイル向けにもEM・ONEというPDA機能付端末の納入を開始した。これで現存する携帯電話・PHSの5社すべてに端末を納入しているのは同社のみとなった。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たパイオニア

    08年3月期に過去最高の1020億円の純利益(連結売上高は3兆4,177億円)を記録した経験が後まで響いた。その後液晶パネルの価格は急落し、2008年9月にはリーマンショックが起こり、2009年3月期決算では、液晶テレビおよび液晶パネル価格の大幅な下落、円の上昇保有するパイオニア株の大幅な下落による評価損、金融危機に伴う世界的な電機製品の大幅な需要減退、販売方式変更に伴う国内携帯電話市場の大幅な冷え込み、などにより最終損益1,300億円の赤字を計上した。これは、同社上場以来初の赤字決算である。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たイー・モバイル

    MM総研の発表では、2005年度(2005年4月 - 2006年3月)の国内携帯電話出荷台数シェアで、16.3%を確保して首位に立った。NTTドコモとソフトバンクモバイル(2005年度当時はボーダフォン)のみの供給であったにも関わらず、首位に立った事は、現在の主流であるカメラ付き携帯電話のパイオニアであるからであろう。また、近年では同社の日本一のテレビブランド「AQUOS」の技術を採用した「モバイルASV液晶」というものを携帯電話のディスプレイに採用し、これも1つの人気となっている。勢いで2005年にはウィルコムにスマートフォンW-ZERO3で参入し、爆発的ヒットとなった。さらに翌2006年9月にはKDDI(auブランド)にもW41SHで参入した。また、サイクロイドスタイルというスタイルで人気となったワンセグモデル「AQUOSケータイ」が人気で2008年現在でソフトバンクモバイル向けに5機種、NTTドコモ向けに2機種、KDDI向けに2機種、計9機種を納入している。2007年3月からは携帯電話市場に新規参入したイー・モバイル向けにもEM・ONEというPDA機能付端末の納入を開始した。これで現存する携帯電話・PHSの5社すべてに端末を納入しているのは同社のみとなった。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たパナソニック

    戦後、総合家電では松下電器産業やソニーが台頭し、営業・販売力においてこの2社に圧倒的な差を付けられていた上、静岡県でシャープ製のテレビ(ブラウン管はアメリカ等海外製)が突然発火して大火事になった事件などもあり、低迷の時代が続いた。しかし、1962年には日本の家電企業で初めて電子レンジを発売(当初は業務用)し、1966年には世界初のターンテーブル方式の電子レンジを開発する。さらに1964年にはオールトランジスタダイオードによる電子式卓上計算機(世界初)を開発。その後、カシオ計算機などとの電卓戦争の中で、表示部品としての液晶技術の開発を始め、1973年液晶を表示装置に使ったCMOS化電卓(世界初)を開発する。またこの間、1963年に太陽電池の量産を開始し、太陽電池は世界2位のシェアである。なお、一般の電池(乾電池、二次電池など)は生産していない。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たソフトバンクモバイル

    MM総研の発表では、2005年度(2005年4月 - 2006年3月)の国内携帯電話出荷台数シェアで、16.3%を確保して首位に立った。NTTドコモとソフトバンクモバイル(2005年度当時はボーダフォン)のみの供給であったにも関わらず、首位に立った事は、現在の主流であるカメラ付き携帯電話のパイオニアであるからであろう。また、近年では同社の日本一のテレビブランド「AQUOS」の技術を採用した「モバイルASV液晶」というものを携帯電話のディスプレイに採用し、これも1つの人気となっている。勢いで2005年にはウィルコムにスマートフォンW-ZERO3で参入し、爆発的ヒットとなった。さらに翌2006年9月にはKDDI(auブランド)にもW41SHで参入した。また、サイクロイドスタイルというスタイルで人気となったワンセグモデル「AQUOSケータイ」が人気で2008年現在でソフトバンクモバイル向けに5機種、NTTドコモ向けに2機種、KDDI向けに2機種、計9機種を納入している。2007年3月からは携帯電話市場に新規参入したイー・モバイル向けにもEM・ONEというPDA機能付端末の納入を開始した。これで現存する携帯電話・PHSの5社すべてに端末を納入しているのは同社のみとなった。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たクアルコム

    5.アクオスフォン用の米クアルコム製の中核半導体チップを入手できずに、自分たちの生産目標も達成できなかった。(サムスンは入手し、Galaxy S IIIに使い大成功を収めた。)シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た佐藤隆太佐藤 隆太

    2009年頃、佐藤隆太と水川あさみが登場するプラズマクラスターエアコンのCMで、放映時間が5秒という非常に短いものが放映されていた。シャープ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
276件中 1 - 10件表示

「シャープ」のニューストピックワード