276件中 51 - 60件表示
  • シャープ

    シャープから見た佐伯旭

    2代目社長(1970-1986)佐伯旭(中興の祖。戦争孤児で早川に育てられる。)シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た転換社債

    シャープの危機はこれからも続く。2012年9月現在長短併せて1.5兆円の資金調達が必要だと言われている。好調時に市場から調達した資金の償還が迫っているからだ。2012年6月末で3,600億円のCP残高を持ち、3ヶ月で償還を繰り返しているので、9月から償還が始まる(主力2行が根抵当を設定した約5,000億円の融資をして乗り切る。)。また2013年9月には、2,000億円の転換社債の償還を迎える。格付けの多くが投機的等級になったため、市場から資金を調達できないので、2012年9月からの1年が正念場である。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たエコポイント

    10.「エコポイントなどでテレビが売れたため市場が回復したと判断を誤った。」2012年8月27日に奥田隆司社長が労働組合を訪問した時に言った言葉である。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た堺市

    しかし、2009年10月には、堺市に世界最大規模で第10世代マザーガラスに対応する液晶パネル工場を含む「グリーンフロント堺」を稼動させ、世界的に回復拡大する液晶関連需要に対応している。「グリーンフロント堺」には、旭硝子、大日本印刷やコーニングなど液晶パネル関連部品を供給する企業19社も進出し、業種、業態を超えた「21世紀型コンビナート」を形成。高効率と省エネ、太陽光発電などによる「世界最先端環境工場」を謳っている。また、2010年3月には、同じ敷地内に薄膜シリコン太陽電池工場も稼動させ、急拡大が見込まれる世界的な太陽電池の需要拡大への対応を図っている。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たAQUOS

    MM総研の発表では、2005年度(2005年4月 - 2006年3月)の国内携帯電話出荷台数シェアで、16.3%を確保して首位に立った。NTTドコモとソフトバンクモバイル(2005年度当時はボーダフォン)のみの供給であったにも関わらず、首位に立った事は、現在の主流であるカメラ付き携帯電話のパイオニアであるからであろう。また、近年では同社の日本一のテレビブランド「AQUOS」の技術を採用した「モバイルASV液晶」というものを携帯電話のディスプレイに採用し、これも1つの人気となっている。勢いで2005年にはウィルコムにスマートフォンW-ZERO3で参入し、爆発的ヒットとなった。さらに翌2006年9月にはKDDI(auブランド)にもW41SHで参入した。また、サイクロイドスタイルというスタイルで人気となったワンセグモデル「AQUOSケータイ」が人気で2008年現在でソフトバンクモバイル向けに5機種、NTTドコモ向けに2機種、KDDI向けに2機種、計9機種を納入している。2007年3月からは携帯電話市場に新規参入したイー・モバイル向けにもEM・ONEというPDA機能付端末の納入を開始した。これで現存する携帯電話・PHSの5社すべてに端末を納入しているのは同社のみとなった。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た液晶ディスプレイ

    液晶の応用技術を軸とした製品を誇る企業としてその名を知られている。商標はSHARP。中国では「」(「夏普」Xiàpǔ は音訳)と表記される。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見たW-ZERO3

    MM総研の発表では、2005年度(2005年4月 - 2006年3月)の国内携帯電話出荷台数シェアで、16.3%を確保して首位に立った。NTTドコモとソフトバンクモバイル(2005年度当時はボーダフォン)のみの供給であったにも関わらず、首位に立った事は、現在の主流であるカメラ付き携帯電話のパイオニアであるからであろう。また、近年では同社の日本一のテレビブランド「AQUOS」の技術を採用した「モバイルASV液晶」というものを携帯電話のディスプレイに採用し、これも1つの人気となっている。勢いで2005年にはウィルコムにスマートフォンW-ZERO3で参入し、爆発的ヒットとなった。さらに翌2006年9月にはKDDI(auブランド)にもW41SHで参入した。また、サイクロイドスタイルというスタイルで人気となったワンセグモデル「AQUOSケータイ」が人気で2008年現在でソフトバンクモバイル向けに5機種、NTTドコモ向けに2機種、KDDI向けに2機種、計9機種を納入している。2007年3月からは携帯電話市場に新規参入したイー・モバイル向けにもEM・ONEというPDA機能付端末の納入を開始した。これで現存する携帯電話・PHSの5社すべてに端末を納入しているのは同社のみとなった。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た格付投資情報センター

    3月8日、格付投資情報センター(R&I)は、シャープの発行体格付けを上から5番目のA+からA-に2段階引き下げ、さらにネガティブとしたシャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た日本格付研究所

    8月中旬、日本格付研究所(JCR)(A+からA-)と格付投資情報センター(A-からBBB)は2段階、S&Pは1段階格付けを引き下げた。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た大森章督

    『笑っていいとも!!増刊号』(2003年4月?2006年9月、フジテレビ系)、『笑っていいとも!』(2006年11月から金曜日、同)、土曜プレミアム(同)など一部の番組内においてクイズ番組形式の60秒(2003年4月?2006年9月は90秒)CM「日本一短いクイズSHOW シャープに答えて!」が放送されていた。司会はラサール石井(ピンク)で、解答者は磯野貴理(赤)、伊集院光(オレンジ)、山口もえ(緑)、さまぁ〜ずの三村マサカズ(青)の4名(山口もえが産休の時は緑の席にさまぁ〜ずの大竹一樹がピンチヒッターとして登場する)。因みに後ろに居る観客席は48名。クイズ形式で自社の家電製品をプレゼンテーションする。内容は1カ月ごとに更新される。また、このCMの完全版はUSENが展開するパソコンテレビ『GyaO』のコンテンツの一つにもなっており、「日本一短いクイズSHOW シャープに答えて!オリジナル完パケ版」(放送時間5分)として随時更新されていた。ナレーターは真地勇志(2003年4月?2005年3月は大森章督)。2008年10月からはハイビジョン製作。シャープ フレッシュアイペディアより)

276件中 51 - 60件表示