シュレック ニュース&Wiki etc.

『シュレック』(Shrek)は、2001年のアメリカ映画。ファンタジー映画、アドベンチャー映画、コメディ映画。フルCGのアニメーション映画。 (出典:Wikipedia)

「シュレック」Q&A

  • Q&A

    この前テレビを見ていて尼神インターの誠子さんの妹が紹介されていたんですがあまりにも性…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年3月12日 21:38

  • Q&A

    シュレック3で、フィオナ達が檻の中に捕まってしまうシーンで流れる曲が分かりません。 …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月12日 17:52

  • Q&A

    4月30日日曜日から5月1日2日まで初USJを予定しておりますが、子供が希望するアト…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月11日 15:49

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「シュレック」のつながり調べ

  • コンピュータアニメーション

    コンピュータアニメーションから見たシュレック

    コンピュータアニメーションの課題の1つとして、人間を実写のように描くということが挙げられる。コンピュータアニメーションを使った映画に登場するキャラクターは、動物だったり(『ファインディング・ニモ』、『アイス・エイジ』、『森のリトル・ギャング』)、ファンタジー的なキャラクターだったり(『シュレック』、『モンスターズ・インク』)、擬人化された機械だったり(『カーズ』、『ロボッツ』、『ウォーリー』)、マンガ的人物(『Mr.インクレディブル』、『カールじいさんの空飛ぶ家』、『ルイスと未来泥棒』)だったりすることが多い。映画版『ファイナルファンタジー』は実写のように人間を描こうとした最初のコンピュータアニメーション映画とされる。しかし、人間の体や動きなどは極めて複雑であり、人間のリアルなシミュレーションにはまだ課題が多い。この分野での最終目標の1つは、実写レベルのリアルな人物を生成し、ソフトウェアのみで映画を製作できるようにすることである。映画を見た人が、それがコンピュータアニメーションなのか実写なのかわからないレベルになれば、目標を達成できたと言えるだろう。(コンピュータアニメーション フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・プロクター

    フィリップ・プロクターから見たシュレック

    シュレック(役名表記無し)(フィリップ・プロクター フレッシュアイペディアより)