前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • テリー・ロッシオ

    テリー・ロッシオから見たシュレックシュレック

    脚本家パートナーとしてテッド・エリオットと15年以上にわたって組んでおり、『アラジン』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』、『シュレック』などの脚本を共に執筆した。テリー・ロッシオ フレッシュアイペディアより)

  • テッド・エリオット

    テッド・エリオットから見たシュレックシュレック

    テリー・ロッシオと15年以上にわたって脚本家パートナーとして組んでおり、『アラジン』、『シュレック』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの脚本を共同執筆した。テッド・エリオット フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・アダムソン

    アンドリュー・アダムソンから見たシュレックシュレック

    2001年に公開した『シュレック』で監督を務め世界的なヒットを記録。新設されたアカデミー長編アニメ映画賞を受賞。2004年に公開した『シュレック2』では監督・脚本を務め、同作品も世界的なヒットと興行収入を記録した。『シュレック3』では製作総指揮という形で参加する。アンドリュー・アダムソン フレッシュアイペディアより)

  • 第74回アカデミー賞

    第74回アカデミー賞から見たシュレックシュレック

    ロジャー・S・H・シュルマン、ジョー・スティルマン、テリー・ロッシオ、テッド・エリオット - シュレック第74回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・スタイグ

    ウィリアム・スタイグから見たシュレックシュレック

    ウィリアム・スタイグ(William Steig、1907年11月14日 - 2003年10月3日)はアメリカ合衆国の漫画家、イラストレーター、彫刻家。後半生は児童文学作家として活躍し、『ロバのシルベスターとまほうのこいし』、『アベルの島』、『歯いしゃのチュー先生』、CGアニメーション映画『シュレック』の原作となった『みにくいシュレック』などの作品を残した。ウィリアム・スタイグ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・カッツェンバーグ

    ジェフリー・カッツェンバーグから見たシュレックシュレック

    しかし1994年にアイズナーと対立しディズニーを辞職。同年に旧友のスティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・ゲフィンと共にドリームワークスSKGを設立する。この内幕についてアイズナーの側は4月に事故死したウェルズの後任にカッツェンバーグが自薦してきたがクリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシーのマイケル・オーヴィッツを社長として迎えたのが原因と自伝で伝えている。実写部門をスピルバーグに、音楽部門をゲフィンに任せ、カッツェンバーグはアニメ部門を担当。『プリンス・オブ・エジプト』(1998年)、『ヨセフ物語 夢の力』(2000年)の製作総指揮を務め、2001年の『シュレック』は新たに設けられたアカデミー長編アニメ映画賞を初めて受賞した。ジェフリー・カッツェンバーグ フレッシュアイペディアより)

  • ギャビン・グリーナウェイ

    ギャビン・グリーナウェイから見たシュレックシュレック

    『グラディエーター』『パール・ハーバー』(ともに作曲はハンス・ジマー)の映画音楽で指揮を務めた。『シュレック』、『アンツ』、『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』、『プリンス・オブ・エジプト』、『チキン・ラン』、『エル・ドラド 黄金の都』などのドリームワークス作品でも多くの映画音楽の指揮をしている。他にディズニーから、エプコットでの花火ショー「IllumiNations: Reflections of Earth」とパレード「Tapestry of Nations」用の作曲を依頼され、1999年から使用されている。東京ディズニーシーでは「ブラヴィッシーモ!」で使われた「Swept Away」を作曲。また、ポール・マッカートニーのオラトリオ『エッチェ・コール・メウム』でも指揮を務めている。ギャビン・グリーナウェイ フレッシュアイペディアより)

  • フィオナ

    フィオナから見たシュレックシュレック

    フィオナ姫 - 『シュレック』の登場人物。フィオナ フレッシュアイペディアより)

  • ちゃまくん

    ちゃまくんから見たシュレックシュレック

    上京当時96kgあった体重がみるみる落ちていき、二重あごが取れたら少しはモテるかと考えていたが、痩せてみるとあごがしゃくれていた。レオにはシュレックやポパイとイジられている。ちゃまくん フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータアニメーション

    コンピュータアニメーションから見たシュレックシュレック

    コンピュータアニメーションの課題の1つとして、人間を実写のように描くということが挙げられる。コンピュータアニメーションを使った映画に登場するキャラクターは、動物だったり(『ファインディング・ニモ』、『アイス・エイジ』、『森のリトル・ギャング』)、ファンタジー的なキャラクターだったり(『シュレック』、『モンスターズ・インク』)、擬人化された機械だったり(『カーズ』、『ロボッツ』、『ウォーリー』)、マンガ的人物(『Mr.インクレディブル』、『カールじいさんの空飛ぶ家』、『ルイスと未来泥棒』)だったりすることが多い。映画版『ファイナルファンタジー』は実写のように人間を描こうとした最初のコンピュータアニメーション映画とされる。しかし、人間の体や動きなどは極めて複雑であり、人間のリアルなシミュレーションにはまだ課題が多い。この分野での最終目標の1つは、実写レベルのリアルな人物を生成し、ソフトウェアのみで映画を製作できるようにすることである。映画を見た人が、それがコンピュータアニメーションなのか実写なのかわからないレベルになれば、目標を達成できたと言えるだろう。コンピュータアニメーション フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示

「シュレック」のニューストピックワード