63件中 41 - 50件表示
  • ジョン・クリーズ

    ジョン・クリーズから見たシュレックシュレック

    最近ではコメディ作品以外の映画、ドラマ出演も多く、『ハリー・ポッター』や『地球が静止する日』などで、脇役ながらも健在ぶりを見せており、比較的マイペースに仕事をしている。アクション映画『007』シリーズにも出演しており、『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』ではR役、『007 ダイ・アナザー・デイ』ではQ役を演じている。また、アニメ映画での声の出演も多く、『シュレック』シリーズや『くまのプーさん』などで活躍している。ジョン・クリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 玉井たけし

    玉井たけしから見たシュレックシュレック

    かっとび!!シュレック(月刊コロコロコミック2002年1月号連載)玉井たけし フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ルイス

    ブラッド・ルイスから見たシュレックシュレック

    シュレック Shrek (2001) - スペシャルサンクスブラッド・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • 丸山詠二

    丸山詠二から見たシュレックシュレック

    シュレック(ゼペットじいさん〈初代〉、神父)丸山詠二 フレッシュアイペディアより)

  • アニメの歴史

    アニメの歴史から見たシュレックシュレック

    2001年度からアカデミー賞に長編アニメーション部門が新設される。最初の受賞作となったのは、『シュレック』(アメリカ)。アニメの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションから見たシュレックシュレック

    シュレック 4-D アドベンチャー(Shrek's 4-D Adventure)は、「ユニバーサル・スタジオ・シネマ4-D」で上映をされているアトラクション。アニメーション映画「シュレック」から誕生した新しい冒険のストーリーが上映されている。このアトラクションは米国でも上映されているが、日本と米国ではフィナーレが異なる。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション フレッシュアイペディアより)

  • キャメロン・ディアス

    キャメロン・ディアスから見たシュレックシュレック

    2000年からは『チャーリーズ・エンジェル』シリーズに出演し、2001年からはアニメ映画『シュレック』シリーズのフィオナ姫の声優を務めている。キャメロン・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • ドリームワークス・アニメーション

    ドリームワークス・アニメーションから見たシュレックシュレック

    2000年、ドリームワークスSKGは定期的に長編アニメ映画を製作するために新部門のドリームワークス・アニメーション(DreamWorks Animation, DWA)を設立した。翌年、『シュレック』が公開され、史上初のアカデミー賞長編アニメ映画賞受賞作となった。CGアニメーション映画の成功により、DWAは手描きアニメーション事業の終了を決定した。『シュレック2』以降、アードマン作品以外はすべてCG製作となっている。2004年、『シュレック2』と『シャーク・テイル』を公開したことにより、史上初めて同じ年に2本のCGアニメーション映画を公開したスタジオとなった。ドリームワークス・アニメーション フレッシュアイペディアより)

  • 嘉島陸

    嘉島陸から見たシュレックシュレック

    花王 メリット 映画・シュレックタイアップ篇(2007年)嘉島陸 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリー・アンドリュース

    ジュリー・アンドリュースから見たシュレックシュレック

    アンドリュースの映画でのキャリアは『プリティ・プリンセス』(2001年)とその続編、『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』(2004年)、アニメーション映画『シュレック』シリーズ(2004年 - 2010年)、『怪盗グルーの月泥棒 3D』の成功でもう一度復活した。彼女の4オクターブもの、非常に印象的な声域は、1997年の喉の手術によって失われてしまった。2003年にはのベイ・ストリート・シアターで彼女の最初のブロードウェイ成功作である『』が公演され、演出家を務めた。ジュリー・アンドリュース フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「シュレック」のニューストピックワード